P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

ただ毎日ボーっとして過ごすだけの生活の是非

      2017/11/25

タイに帰国してアッと言う間に二週間過ぎ去った。

ただ毎日ボーっとして過ごしているだけなのに、ツマラナイなあとか寂しいなあなどとはまったく感じない。もちろん私の基本的な性質もそうだし、残りの人生に対してもうほとんど期待していないせいもあるかもしれない。例えば、一念発起して生涯の伴侶を探し出し子孫を残そうなどという気には(今のところ)どーしてもなれず、何かに対する欲が湧いてもこない。

それにしても、もう少しなんとかならぬものか。そしてそもそもどんな生活なのか、ということを検証する為、半月というキリのよいところでちょっとデータをチェックしてみようと思う。まあ、データと言うほど大袈裟なモノではなくお小遣い帳を見て回数を確認するだけだが。

・BigC 8回
・Best Supermarket 2回
・Tops Market 2回
・Max Valu 1回
・外食 3回
・KFC 4回
・カフェ 6回
・55バー 4回
・バービア 3回
・ディスコ 5回
・サウナ 2回
・ガソリンスタンド 1回
・映画DVD 23本

家の近所にあるBigCを中心にスーパーマーケットになんと13回、つまりほぼ毎日行っていることになる。まあ、実際私はスーパーが大好きであり、食材の買い出しが趣味のひとつだからね。買う商品は大体決まっているにも関わらず、どこのスーパーは何が安いとか、これはMade Inどこどことか、細かいことに興味が湧くのだ。同じモノを買うなら安い方が良い、という主婦的感覚だね。

外食は3回か。少ないなあ。某「Sizzler」と某「The Sportsman Pub & Restaurant」のピザブュッフェに二回。ちなみに某「KFC」に4回行っているが、フライドチキンではなくソフトクリームを食べているだけだ。
http://pattaya-ri.com/sizzler/
http://pattaya-ri.com/the-sportsman-pub-restaurant/

基本的にタイのレストランや食堂のキッチンを今ひとつ信用できない。彼らの性格を考えるとなんとな〜くコワイ気がするのである。だからどーしても自分で食材を買ってしまう。自炊というほどではなく、ごく簡単に調理する。最近だと自家製ピクルスを作ってみたりとか。手間を考えると外食の方が安上がりなケースもタイではよくあるけれど、そこはまあ仕方がない。

スーパーでの買い物金額を計算してみたら二週間で14,000円程度だった。結構贅沢しているかもしれない。単純に費用だけを考えてもおそらく外食の方が安いだろうなあ。

夜間外出するとすれば、最近だとほぼ某「insomnia」一択だ。不眠症とはなかなか良いネーミングだと思う。行けばまず終了の6時までいるけれど、平日でも集客はかなりのものだ。ハイシーズンの現在深夜1時〜3時まではかなりパンパンで、それ以降少しづつ減る感じ。待機している売春嬢達の年齢層は相変わらず高いけれど、彼女らの動向を見ているだけで結構楽しい。但し、私は一切相手にされない。購入意欲がないことを完全に見透かされているのだろう。
「ではいったい何しに行っているの?」ということになるが、最近ではもうただ単純に運動不足解消の為踊りに行っている。私のようなへなちょこダンスではカロリイ消費量も大したことはなかろうが、それでも何時間も立ちっ放しで体をユラユラさせていれば少しは運動になるのではなかろうか。だからなるべく座らずに人混みの中で通行人を避けつつ踊るようにしている。DJの選曲が悪いと居心地が悪いけれど、某所ではまずそこまでヒドいことはない。

http://pattaya-ri.com/club-insomnia/

映画のDVDは一日約2本。結局、睡眠以外は一番多くの時間を裂いていることになるだろう。よーするに映画さえ観ていられれば他には特に何もいらない、という話であり、ネタが尽きなければ生きて行く上でまったく問題はなさそうだ。

結論を言えば、スーパーで買って来た自分の好きなモノを家で食べつつソファーで映画が観られればそれでいい。ということになるのか。
ちょっと切ない気もするけれど、それで本人に不満がないのなら良いではないか。

誰に文句を言われることもなく

誰にも迷惑を掛けないのならば。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

なかなか興味深いヴェトナムのコンビニ事情

さて、週末から再びハノイに行くのだが、先回の写真を未だ整理していなかった事実によ …

ホンモノの恐怖とは(彼らが家の中に居ると想像するだけで)

(寝ている間、もし体の上を通ったら…) 想像しただけで背筋も凍る恐ろ …

いつまでも楽園であり続けてくれればと思う

「無事楽園に着いたかなあ?」 友達からのそんなメッセージを見て思い出した。そーか …

結局旅の想い出はハプニングではなかろうか、とも思う

海外に知人が住んでいると、その国に旅行する際にはとても頼もしい存在となる。 十四 …

場合によっては「長いもの」にも巻かれてみせよう

どんな状況であっても、「ヴィザ」の申請が受理されると「ホッ」と一安心する。ヴィエ …

楽園の幻と共に消えるハーレム願望

楽園なのだろうか。果たしてそーなのか。 「私には楽園に見えます」。 この地を訪れ …

なんとしても失効させるワケにはいかないのだ

う〜む。どうやらそんなに簡単ぢゃないみたいだ。 「ウルトラC」どころか、場合によ …

ニッポンの空気の冷たさとカキフライにサヨナラ

「ロォーンマークノ(2333223)」 ついついサウナルームでつぶやいた独り言が …

このスピードについて行くしかないのだろうか

実際に来ハノイしたのが2月29日。てことはまだ三ヶ月にもならないんだよなあ。 も …

偶然を装った似非自由恋愛志向女子の巣窟

「狭い街」であるパタヤでは訪れる場所も限られてくるので、知り合いと偶然よく顔を合 …