P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

それは決してエロい意味ではなく、夢にまで見た様々なピンク達

   

頭の中がピンクで一杯なのだ。

と言っても決してエロい意味ではなく、純粋に色のピンク。
そう。コンドミニアムの寝室の壁の色の件である。

今日の午後、セールスオフィスのキレイどころKー嬢から呼び出しを受けて内装の最終チェック。いよいよ来週受け渡しらしく、家具付き家具なしいずれの部屋も遂に完成したということなのか。
今年三月の予定から遅れること八ヶ月。涙涙の受け渡しだ。

ただ、私の部屋はスケルトン仕様なのでこの後内装業者による①ペンキ塗り②キッチンとクローゼットの据え付け③カーテンレール取り付けという行程に移るワケで、実際に住めるのはいつになるやら未だまったく分からない状況が続く。まあそれでも「とにかく金だけは払え!」という先方の事情は分からなくもないので、月曜日、Kー嬢と共に銀行に出向くこととなる。

さてさて、今日決めたのは寝室の壁の色。

実は前回色見本から選んで決めてからその「ピンク具合」にずーっと悩み続けていた。それはすなわち濃度の問題であり、果てしない数の中からどの程度のピンクにするかという件。最初考えた真ピンクよりもややサーモンよりの方が、つまり少し黄色が混ざった方が良いのでは?と思い直したワケで。
結論を言えば某「TOA」の8089番。極薄〜い、少しサーモンがかったピンクに決定。メインのインテリアの黒といかに合うかを検証した結果であり、決めるまで実に一時間近く色見本帳とニラメッコしていた。その様子を見てKー嬢は「マイペンライ」と言いつつも心の中では(コイツただのアホだな)と確信したに違いない。

では紹介しよう。淡い淡〜いこの色である。
ピンク

最後まで悩んだ候補は8127番。ちなみに最初は8152番にしようと考えていた。微妙な差であるし、カメラで撮った色と実物とではおそらく違う。もちろん塗ってみたらイメージと違った。という結果になる可能性だって充分に含んでいることは承知の上、基本優柔不断でない私も散々迷ったのであった。照明は乳白色であり、もちろんその計算も忘れてはいない。8089番の方がよりサーモンに近いのがお分かりだろうか。
色見本

あまりにピンク色を見つめ過ぎて終いには頭がクラクラしてきた。
そしてその後部屋を見に行き、再度クラクラきたのは玄関ドアの締まり具合の悪さだった。

カタカタと音が鳴るほど壁とズレている玄関ドア。

これぞタイクオリティーといったところだろうか。

ドアの隙間


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - コンドミニアム, ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ホコリとPM2.5と泥と闘い続けた三週間

ハノイに来て三週間が経った。 少しづつではあるがこの街に慣れて来たし、なんとな〜 …

「イン」と「アウト」でどれだけ違うか、という話

「暑っ!」 「痛っ!」 慣れないことはするもんぢゃない、という典型的な洗礼を受け …

さすがにもう色恋に踊らされることはないだろうな、と思う

カラオケ嬢はやはりカラオケ嬢でしかない、ということなのだろうか。 ハノイに来てか …

公園の池の廻りを何周するのが潮時なのだろうか

「え?30才なの?マヂで!?」 最初に会った時は学生の体操服のようなジャージ姿だ …

「夜型」の「怠け者」にはピッタリの街

十二月に入っていよいよ街も賑やかになってきた。常夏の国に居ると気付かないが世界的 …

ピアスからマスクへ

ピアスを外した。 偉い人達と会う為であり、「第一印象が大切」とボスから言われた。 …

ゴーストタウンとはいったいどんな感じなのだろうか

「趣味は何か?」と問われれば、今なら迷わずこう答えるだろう。 「ネットでLCCの …

ノーと言えるヴェトナム人V.S言えない日本人という図式はあまりにも短絡的か

(あの頃はまだヴェトナム人のことを好ましく思っていたのだなあ)と、このサイトの記 …

右でも左でもなくてちょっと「ホッ」とする

体調不良が続く昨今。 先週金曜日には屋台の鶏レバー串を食べてお腹を壊し、土曜日に …

イライラを解消しようと思ったのに更に深みにハマるの巻

この仕事に向いているかそれとも向いていないかを考えた場合結局は後者なのだ。と、少 …