P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

それは決してエロい意味ではなく、夢にまで見た様々なピンク達

   

頭の中がピンクで一杯なのだ。

と言っても決してエロい意味ではなく、純粋に色のピンク。
そう。コンドミニアムの寝室の壁の色の件である。

今日の午後、セールスオフィスのキレイどころKー嬢から呼び出しを受けて内装の最終チェック。いよいよ来週受け渡しらしく、家具付き家具なしいずれの部屋も遂に完成したということなのか。
今年三月の予定から遅れること八ヶ月。涙涙の受け渡しだ。

ただ、私の部屋はスケルトン仕様なのでこの後内装業者による①ペンキ塗り②キッチンとクローゼットの据え付け③カーテンレール取り付けという行程に移るワケで、実際に住めるのはいつになるやら未だまったく分からない状況が続く。まあそれでも「とにかく金だけは払え!」という先方の事情は分からなくもないので、月曜日、Kー嬢と共に銀行に出向くこととなる。

さてさて、今日決めたのは寝室の壁の色。

実は前回色見本から選んで決めてからその「ピンク具合」にずーっと悩み続けていた。それはすなわち濃度の問題であり、果てしない数の中からどの程度のピンクにするかという件。最初考えた真ピンクよりもややサーモンよりの方が、つまり少し黄色が混ざった方が良いのでは?と思い直したワケで。
結論を言えば某「TOA」の8089番。極薄〜い、少しサーモンがかったピンクに決定。メインのインテリアの黒といかに合うかを検証した結果であり、決めるまで実に一時間近く色見本帳とニラメッコしていた。その様子を見てKー嬢は「マイペンライ」と言いつつも心の中では(コイツただのアホだな)と確信したに違いない。

では紹介しよう。淡い淡〜いこの色である。
ピンク

最後まで悩んだ候補は8127番。ちなみに最初は8152番にしようと考えていた。微妙な差であるし、カメラで撮った色と実物とではおそらく違う。もちろん塗ってみたらイメージと違った。という結果になる可能性だって充分に含んでいることは承知の上、基本優柔不断でない私も散々迷ったのであった。照明は乳白色であり、もちろんその計算も忘れてはいない。8089番の方がよりサーモンに近いのがお分かりだろうか。
色見本

あまりにピンク色を見つめ過ぎて終いには頭がクラクラしてきた。
そしてその後部屋を見に行き、再度クラクラきたのは玄関ドアの締まり具合の悪さだった。

カタカタと音が鳴るほど壁とズレている玄関ドア。

これぞタイクオリティーといったところだろうか。

ドアの隙間


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - コンドミニアム, ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

「デリカシイ」のない人間は心のどこかが欠けているのか

数日前には各地で最高気温40℃超えを記録し、いよいよ夏本番といった昨今だが、まだ …

より一層シンプルな生活を目指す

今度引っ越す部屋は狭いので、最近はなるべく不要なモノを処分する態勢に入っている。 …

果たしてヴェトナム人にとってもカルチャーショックなのだろうか

一生懸命タイで仕事を探し、一時期は半ば本気で日系企業へ現地採用枠で就職しようか? …

待つのがそれほどイヤだという件に今更気付く

「瞬間湯沸かし器」(知り合いに何人かいる)という程ではないけれどまあ気が短い方で …

お詫び

パタヤの情報をお届けする、という本来の主旨からはほど遠い内容の投稿が続いており、 …

移り行く季節と、薄れ行く季節感

バンコクでのミニ出張から戻って来て一服。夜になって、ほぼ空になった冷蔵庫の中身を …

いっそ現地案内所でもやる?くらい人気の国に戻って来た

パタヤに戻った途端、台風の影響による大雨と洪水に遭遇。 ニッポン滞在中ずっとサボ …

いろいろあった一週間を振り返ってみる(前編)

「せめて首振りにしてくれ」 そんなことを言ったところで聞き入れられるはずもなく、 …

ハノイの不便さ加減とヴェトナムガールをディスってみる

ネガティヴな話を書こう。 超ポジティヴシンカーの私の場合、普段ブログなどにストレ …

予想はしていたにせよ、あまりに悲しい出来事

「五年間!?うわ〜。マヂかよ〜!!」 たった今、ネットのニュースを見て大変なショ …