P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

なんとしても失効させるワケにはいかないのだ

      2015/05/30

う〜む。どうやらそんなに簡単ぢゃないみたいだ。
「ウルトラC」どころか、場合によってはとんでもなく面倒なことになりそうな気配。

そう。今最も悩まされている「EDヴィザ」の件である(*詳しくは下記記事参照)。
http://pattaya-ri.com/post-1383/

某語学学校に通い始めて二週目。なんとな〜く状況が掴めてきたのでご報告しよう。

噂によると「一言語につき最大三年」という縛りがあるらしく、タイ語ではすでに危険領域の為現在は英語を習っている。と言うか「フリ」をしていたが、
「そんな輩にヴィザの延長は認められぬわ」とのお達しで、係が学校まで赴きチェックするようになったので慌てて通い始めた。
テストの結果「B」クラスに配属されたが、内容は実践英会話ではなく「グラマー」。ちなみに今日の授業は「現在完了」で、配られたプリントの余白をひたすら埋めつつ気分はすっかり中学生。(ナゼイマサラコンナベンキョウヲシナクテハイケナイノダ!)と、脳内から「ネガティヴ信号」が送られてくるのを「ヒシヒシ」と感じる。
クラスメイトは6〜8名。若きロシア人カップル一組以外は全員西洋人男子で一見ヨーロッパ人っぽいし、苦もなくフツーに英語で話しているし、それこそ「今更?」と不思議に思える。はは〜ん。君らもどーせ……。

よーするに、例えタダでも通う価値はなく「一刻も早くオサラバしたい」ってこと。
ところが、である。

当初は、係官がチェックする間の二週のみ、つまり月〜木の合計八回だけ授業を受け、残りの75日間延長を勝ち取った後は次回のチェック時、つまり75日後までは学校に行かなくて良いと考えていた。ただ、チェックの方法とは授業風景を見学するワケではなく、一人づつに分けられた出席表の本人サインを確認するだけなので、実際に通った二週間以外全部「空欄」ではさすがにマズいのではないか、と危惧してもいたのだ。
案の定、「明日からまったく来ない」ってワケにはいかないらしく「来られない日はあらかじめ理由を教えて下さい」とのこと。事務員が欠席事由の書類を作るのだと言う。

「アカンアカン!これはアカンぞ」

かくして、今後授業を受ける気などまったくない私は頭を抱えることとなった。

実を言うと、今年の七月から「リタイアメントヴィザ」がもらえる予定なので、それまで何とか凌がなくてはならない。だから次回の延長時、つまり五月半ばに現在の「EDヴィザ」が失効してもらっては困るのだ。仮に失効すると、一時帰国したとしてもヴィザなし滞在は30日間なので約一ヶ月空白ができてしまう。「ヴィザラン」はもちろんできないし、たかが一ヶ月の為にヴィエンチャンまで「観光ヴィザ」を取りに行くのは無駄な労力にしか思えない。ただ、「コンドー」のオフィスで聞いたら「五月末決済でもだいじょーぶだよ」とアッサリ言われたので、「EDヴィザ」の最後の90日間を捨ててそのタイミングで帰国するのも悪くはないような気もしてくる。
授業後、いつものカフェでコーヒーを飲みつつ必死で考えるも良い案は浮かんで来ない。あまりにも「う〜んう〜ん」と唸ってばかりいるのできっとスタッフ達は不思議に思ったことだろう。結局のところ、やはり無駄にするワケにはいかないのだろうか。

「EDヴィザ」を失効させない為のチョイスは二つ。
今後も騙し騙し学校に通うか、もしくは例の「奥の手」である。

はあ。参ったなあ。

ところで、エアチケット予約の為某日系旅行代理店を訪れると、第一希望の日程(「ソンクラーン」すっ飛ばし)にまだ空席があった。しかも、二月から「サーチャージ」が下がった某「ヴェトナム航空」(バンコク→セントレア往復*経由便)ならば込み込みで14,105THBとかなりお値打ちではないか!
早速仮予約だ。あとはトランジット先のハノイで滞在するかどーか決めるだけ。良かった良かった。

「楽あれば苦あり」?「捨てる神あれば拾う神あり」?よく分からぬが、今年は「水浴び」をしなくて済みそうだ。あれだけはどーにもならないからホントに助かった。

とにかくこれで大分気がラクになったぞ。

とりあえず今夜はグッスリ寝られそうだ。

*写真と本文は何の関係もございません。
混み混みWS

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

輩達との闘いは果てしなく続く

「十倍かよ!」 遂に捕まった。 まあ、ハイシーズンのパタヤと遜色ないほどケーサツ …

キッカケはいつもほんのちょっとしたこと

「なんて騒々しい街だ」 オープンエアのバーから流れる音のうねり。某「ウォーキング …

本当に泣きたいのはこっちなんだけど

(コレ、わざとだったらスゴいよなあ)。 かなり広いレストランだが、時間が遅くて客 …

新人55嬢の弱みに付け込みつつ為替相場の現状を嘆く

「世も末だな」 思わずそうつぶやいたのはこの国の夜の社会の現状についてか、それと …

時には江戸っ子気質に憧れたりもする

「破滅型だなあ……」 「宵越しの銭は持たない」という江戸 …

事件は現場でも起こっているのです

おいおいマヂかよ!と驚くことは日常茶飯事であり、火が出るほど忙しい昨今それらをネ …

単調な生活を影で支えるのはトンデモナイ話

単調な日々が続く。 ただ、これには理由があって、現在のいわゆる「ハイ・シーズン」 …

海から海へ

「ピーマイパイナイ(22112212)?」 年末になると皆そんな挨拶を交わす。 …

「お話があります」と従業員から言われる時

「お話があります」と、従業員から言われればそれはもうほぼ「辞めたい」という内容に …

隣りで誰かが寝ていると思っただけで

「イテテテテテテテテテテ」 ゲストハウスのベッドの上でゴロゴロとのたうち回ったの …