P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

何故か突然衝動買いしてしまう服とスニーカー

   

あ〜あ。また買ってしまった。

すっかり物欲がなくなってから久しいしファッションにほぼ興味を失いつつある昨今ではあるが、服と靴だけは何故か突然衝動的に購入してしまう。

常夏のパタヤで引き篭もり暮らし中で誰に見られるワケでもないのだから服などこれ以上必要ないしむしろ処分する方向でいきたい。なるべくモノを持たずに暮らすミニマリストを目指して身の廻りを整理しているにも関わらずいったいどーいうことなのか。

つい最近も掛けていない眼鏡をいくつかと、スニーカーについてはシューズボックスに収まらない分を捨てたばかり。

それなのに。あー
それなのにそれなのに。

しばらくタイを離れるのでwifiの料金をまとめて支払う為センタンの「AIS」に行った帰り、1Fの平場でセールをやっていたのでチラッと覗いてみたらなかなか可愛いらしくて値段もかなり安い。見たこともないブランドだったが、デザインや価格からしてタイ産っぽいので店員に尋ねたらやはりそうだった。シャツもパンツも定価1,500THB前後で、ファストファッションよりほんの少しだけお高い。それらがセールで50〜70%オフであり貧乏人の私でも手が届く範囲なのだった。生地も縫製もしっかりしていてモノは悪くない。試着してみたらサイズはSでピッタリ。ATMでお金をおろしたばかり。こーなるともう買うしかない流れだ。

悩んだ挙句綿パンと半袖シャツを二枚お買上げ。いかにも私の好きそうな色と柄である。

ちなみにスニーカーは某「H&M」。実は先に見て買うつもりだったので、それに合わせて赤のラインのシャツを選んだのだ。「H&M」のこの手のヨットシューズは既にいくつか持っていて、履きやすいので発見する度に買ってしまう。レディースだけれど「40」「41」なら履ける。確かに年甲斐もなく派手な色ではある。ただ、よく見ると入っている織り柄がかわいかったからね。価格は499THB。ヒジョーにお値打ちではないか。

 

 

 

 

 

シャツとパンツは某「X-ACT」というブランド。調べてみると、百貨店にショップがあるからどうやら大手資本っぽい。シャツは70%OFFで417THB、パンツは半額で 775THBだった。

https://www.facebook.com/XactBrand/

レディースもなかなか良かったし、タイのブランドも侮れないね。ま、定価では買えないけど、たまには某「H&M」以外の服もいいかな、と。

そー言えば、先日もバンコクでパンツ2本買って来たんだった。

「ターミナル21」にあるいかにもな個人店で、工業製品ではなく手作りっぽい感じの商品は各600THB。ターミナル内にはそのような店がたくさん入っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.facebook.com/Richiee-Rich-309056472451581/

それにしても、お金ないのにどーして無駄遣いしてしまうのだろう。いつも似たようなモノばかり買っているし。特にスニーカーには弱くて、安いからとついつい衝動買い。ほとんど履きもせずに置いてあるモノもいくつかあるけれど、ほぼ新品だから捨てるに捨てられないし困ってしまう。現在15足。参ったなあ。

しかし一方で、(欲しい)と思う気持ちをうれしいとも感じる。やっぱり買い物をすれば気分がいいし、まったく物欲がなくなってしまうよりはマシではないか。

そして、実はまだ欲しいモノがある。某ソニーのゲーム機「Playstation4」である。

だから、日本に戻ったら新しい服を着て

「Playstation4」を買いに行こうと思う。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

動かざる者喰うべからずの法則

「8歩か・・・」 i-phoneのアプリに「ヘルスケア」というモノがあり、おそら …

円安時における日常的食料品の価格を検証してみる

2014年も終了しお小遣い帳を集計してみたところ、なんと支出額が六十万バーツに達 …

確実にあるのは、コワイけど気になる何か

そもそも、この島にはまだまだ謎が多いし、個人的には結構怪しいと思っている。 一番 …

いろいろあった一週間を振り返ってみる(後編)

「顔認識能力」、つまり人の顔を記憶して判断する力はまあ比較的高い方だと自分では思 …

大都会バンコクにて夢見心地のまま現実を知る

「う〜ん。やっぱり大都会はスゴいなあ〜」 そんな当たり前のことを、バンコクを訪れ …

ヴェトナムの食生活は本当にニッポン人の口に合うのか

タイ王国に何かがあった時のことを考えて、近隣諸国を訪れる場合基本的にはその地に住 …

なかなか興味深いヴェトナムのコンビニ事情

さて、週末から再びハノイに行くのだが、先回の写真を未だ整理していなかった事実によ …

昔のパーティー仲間と共に週末はパーティー?

現在の私の同居人33才のT嬢とは十年来の付き合いであり元々は山仲間、つまりレイヴ …

「ライバルが多過ぎるんだってば!」と、叫びたくなる気持ち

タイに行って来た。 もちろんパタヤにも寄ったので、このサイトの主旨からすればその …

今年最大のピンチから救ってくれたのは、一枚の魔法の紙だった

(これはヒジョーにマズいぞ)。 心の中でそう思ったのは銀行のカウンターでのこと。 …