P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

生きていること自体が幸せと思う時

      2015/03/28

年末年始に事故や事件が多いのは世界共通だが、タイは特にヒドいのではないか。新年早々そんなニュースばかりだ。

浮かれて酔っ払って運転して事故ったりテンションがアガり過ぎて揉めてみたりと、十代の若いコ達が死亡するケースが多々あるかと思えば、一方では大晦日に首吊りで一家心中とか、とにかくもう画面は「モザイク」(死体は隠される)だらけなのである。

パタヤ市のあるチョンブリ県がよく登場するが、元々パタヤ周辺は事件多発地域だし、「カウントダウンイヴェント」に来ていた大勢の血気盛んな若い連中を見る限り、まあ確かに彼らが帰り際にいろんなトラブルを起こしても何ら不思議はない気もする。ただ、死んぢゃったら元も子もないではないか、と、ちょっと悲しくなるのだった。

そんな中、タイ人の幸せの象徴である某「MK」に行って来た。

言わずと知れた「国民的タイスキレストラン」であり、「日曜日(休日)は家族でMK」というのがこの国においての「幸せのカタチ」の一つなのは疑う余地のないところ。私の場合当然のごとく「おひとり様」なワケだが、だからと言ってそれが、つまり「平日(ある意味休日)は独りでMK」が「不幸のカタチ」ってことにはならない。別に家族のいない寂しさをわざわざ噛み締めたいのではなく、ただ単に野菜不足を補う為鍋料理を食べに行くだけの話である。

スーパーマーケット某「BigC EXTRA」で買い物したついでに何回かに一度は寄る。パタヤにもたくさん店舗がある中で、さほど混まないこの店が「独りMK」には適しているとの判断の上だ。

それではここで「鍋奉行」を自認する私なりの「MKスタイル」を紹介しよう。
MKセット

「MK」のタレは甘酸っぱくてこれが苦手なニッポン人もいる。薬味の刻みニンニクは全投入、青唐辛子は少しだけ。オーダーは野菜の盛り合わせ(小)と「だし」になるもの一、二品で、だいたいは豚レバーもしくは魚団子。仕上げの「おじや」用に白ごはんと生卵も。独りの場合は春雨と豚レバー以外順序構わず全部鍋に投入しひたすら煮るのみ。
鍋

レバーは「網」で一枚づつしゃぶしゃぶし、タレに直接付けていただく。野菜はゆで汁にタレを適宜入れてお椀に取って食べる。そして〆はもちろん「おじや」。野菜のヴィタミンの多くはゆで汁に流れ出てしまうので、最終的にスープを全て飲むにはごはんに吸わせて食べるのが一番なのだ。そして、タイ米は水分が少なく「おじや」には最適。
おじや

「うまみ成分」(グルタミン酸)の元椎茸だけ残して具を全て掬い、強火で煮込む(*スープが多ければ器に取り出しつつ微調整)。三、四分〜五、六分(好み。個人的には六分近く煮詰めた方がウマいと思うが、米のカタチはあまり残らない)で火を止め、溶き卵を投入(*必ず火を止めてから)。
溶き卵

混ぜれば出来上がりだ。
椎茸残し

お好みで醤油を少し垂らすと良い(別注で浅葱もある)。今日は敢えて四分くらいで早めに火を止めてみたけれど、やはりもう少し煮詰めた方がウマいかな。
茶碗

正月休みで店内はかなり混んでいた。
店内

メンバーカードの期限が切れたので更新。10%引きになるのでお得(二年間有効)。右が新しいカード。
カード

お腹いっぱいである。

満腹になれば「独りぼっち」でもそれなりに幸せになれる。そして、生きていることを実感もできるのだった。

というわけで、

年末年始に亡くなった多くの方々のご冥福をお祈りする。

*おまけ。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - グルメ, ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

良いニュースと悪いニュースはやはりセットなのだろうか

キターーーーーーーーーーーーーー!! なるほど。散々遅れた理由はコレだったのか。 …

公園の池の廻りを何周するのが潮時なのだろうか

「え?30才なの?マヂで!?」 最初に会った時は学生の体操服のようなジャージ姿だ …

最近どーにも気になるのネジと抹茶のこと

「違うんだよなあ」 そんな風に思うのは自分くらいのもの、と自覚しつつもついついツ …

ニッポンの空気の冷たさとカキフライにサヨナラ

「ロォーンマークノ(2333223)」 ついついサウナルームでつぶやいた独り言が …

輩達との闘いは果てしなく続く

「十倍かよ!」 遂に捕まった。 まあ、ハイシーズンのパタヤと遜色ないほどケーサツ …

世界共通のお金の流れの一端を垣間見る

  「何がそんなに可笑しいのよ!」 突き刺すような視線と共に彼女の鋭い …

いろいろあった一週間を振り返ってみる(前編)

「せめて首振りにしてくれ」 そんなことを言ったところで聞き入れられるはずもなく、 …

道徳という言葉すら知らないだろう彼らと対峙していくには

十月に突入した。 日本風に言うならば暦の上ではもうとっくに秋のはずだが、未だに昼 …

事件も事故も甘んじて受け入れるしかない件は承知の上で

まったくトンデモナイ事件が起こり過ぎだろこの国。 移住当初から日々顎がハズれるレ …

News steaks & grill

「ニュース ステーキ&グリル」☆☆☆☆ 「なんちゃって」とは言え一応は「ビーチリ …