P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

撤収するなら今のうち

      2016/07/14

タイにやって来て気付いたことがいくつかある。

街に巨大モニターが増えたとか、プリウスのタクシーが目立つようになったとか、例年より涼しいとか。
別に大した話ではないけれど、違和感を覚える。

バンコクを訪れる度に渋滞はヒドくなっている気がするし、タクシー運転手は相変わらず◯ソだし、55バーのおばちゃんは意味もなくチップを要求してくるし、ソープではボッタくられそうになるし、食べ物は脂っぽい。
イヤなところばかり気になる一方で近代化していく街を眺めていると「タイは完全に調子に乗っているな」と思う。お前ら背伸びし過ぎなんだってば。自分達のことをもう一度よ〜く見つめ直してみた方がいいよ。と言いたくなる。

景気がガタ落ちして苦しめばいいのに。とさえ思う。
好きだったカノジョにフラレて陰口を叩く女々しいオトコのような心境だが、本心だ。

撤収するなら今のうち。と。

車は何とか売れたし、あとはコンドミニアムを値下げして処分すればタイから完全に撤退できる。
ハノイに移住した当初は、何かあった時の為に部屋は残しておいて戻って来る場所をキープしておこう、などと考えてもいたが、今はもうそんな気もない。資金をハノイで使った方がいいに決まっているし、口座からバーツも全部引き出した。

残りの人生をハノイに賭ける。何年か経ってダメならばその時にまた考えればいい。

現実問題、仕事を元気に頑張れるのはせいぜいあと十年程度だろう。
ヴェトナムの勢いがいいのはおそらくこの先五年くらいと予想されるが、それまでに一財産作ってしまうしかない。あとはダナンだろうがニャチャンだろうが、静かなところでのんびり余生を過ごす。それで良いではないか。

仮に、失敗したって失うモノなど何もないのである。

昨日の深夜、車を運転中多分違反でもしたのだろう、バイクのケーサツ官に停められそうになったが無視して通り過ぎたら追いかけても来なかった。ハノイのケーサツに比べればバンコクはユルユルだ。アイツらは窓ガラスを警棒でガンガン叩いてくるしコラプションの要求もハンパぢゃない。

国としてはタイよりもヴェトナムの方がよほど恐ろしいし謎に満ちている。
しかし、その分面白いような気がしてならない。

例えそれが今だけの印象だとしても、

もう決めたのだからこれでいいのだ。

*前から気になっていたけど高過ぎて変えなかった紅茶をどーしても飲んでみたくておみやげに買ってみる。
TWG

紅茶


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

隣りで誰かが寝ていると思っただけで

「イテテテテテテテテテテ」 ゲストハウスのベッドの上でゴロゴロとのたうち回ったの …

時には江戸っ子気質に憧れたりもする

「破滅型だなあ……」 「宵越しの銭は持たない」という江戸 …

「123方式」がもし本当に画期的ならばいつかきっと普及するに違いない

「タイ語をカタカナで記述する場合、アクセント(声調)をどーすれば良いか?」。 何 …

いろいろあった一週間を振り返ってみる(前編)

「せめて首振りにしてくれ」 そんなことを言ったところで聞き入れられるはずもなく、 …

毎日毎日なんと平和に過ぎて行くことか

「いったいどーしちゃったの?」というくらい雨が降らないパタヤ。 雨季の到来は「予 …

最近どーにも気になるのネジと抹茶のこと

「違うんだよなあ」 そんな風に思うのは自分くらいのもの、と自覚しつつもついついツ …

北から南へ(パタヤ引っ越し物語)

「水シャワーかよ!」 まだ内装工事が完全に終わっていないのに、前のアパートを追い …

初体験の味はいつの時代もホロ苦く

「かなり細かい仕事ですよ。できますか?」 見たところ三十台前半と思われるその女性 …

世界共通のお金の流れの一端を垣間見る

  「何がそんなに可笑しいのよ!」 突き刺すような視線と共に彼女の鋭い …

客の少ないクラブなんて

どーやらマズい雰囲気だなあ。 昨晩、ここ数年来の女子友達M嬢から連絡があり「新し …