P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

スーパーマーケットがいかに重要であるか

   

旅先でホテル等宿泊施設にチェックインして落ち着いた後、あなたは何をするだろうか。
フツーは目的の観光スポットに向かったり、とりあえず近所を散歩して腹ごしらえをしたりするのかな。

私もまず付近の散歩に出掛けるが、真っ先に探すのはスーパーマーケットだ。
その国の物価水準を知る手っ取り早い方法であり、それよりも何よりもスーパーが大好きなのである。

昨日も書いたが、住むことを想定すれば生活に最も密着する場所でもあり、現実にパタヤでは少なくとも二日に一度は訪れて部屋以外で一番長い時間を過ごしているし、Big-C、同EXTRA、TOPS MARKET、BEST SUPERMARKET(*最近TESCO LOTUSには行かない)を巡り同一商品の最安値を求めてひたすらウロウロするのが楽しくもあるワケで。

前回ホーチミンではゲストハウスから徒歩十分程で発見し、日常生活品の値段がタイより少し安い件や輸入物を含め酒類が安価な件を確認しつつ軽く一時間以上を過ごしたものだ。

ところが、ここハノイでは未だにスーパーマーケットを見掛けていないし、現地案内人には当初から「イオンモールに連れて行け」と再三伝えているにも関わらず未だ適わないのであった。
コンビニエンスストアや雑貨店などは点在しているしおおよその物価相場も把握はした。しかし、やはりあの巨大な陳列棚にうずたかく積まれた商品群に囲まれた中でひとつひとつを手に取りひっくり返して原産国や生産地や価格などをチェックをするあの楽しみをどーしても味わいたい。

ちなみに手っ取り早く現地の物価水準を知るにはペットボトルのミネラルクォーターもしくはコカコーラであろう。
と、ここまで書いたところでお迎えが来てようやくイオンモールに連れて行ってもらった。

運転手のM君も初めてというからオープンから四ヶ月経ったにも関わらずまだそこまで庶民には浸透していないのだろうか。木曜日お昼の時点で駐車場はガラガラ人はまばらで、少し拍子抜けしてしまった。
AEON MALL

P

店内ガラガラ

とりあえず一階のいい所に某「DAISO」が陣取る。
DAISO

400000ドンショップ

ニッポンでの「百均」はタイで「60(バーツ)均」ヴェトナムでは「40000(ドン)均」となり、本日のレートで¥212円。タイだと¥198でほぼ変わらない金額となる。つまり単純にニ倍だ。それでも「ニッポンの製品はレヴェルが高いから」と売れるワケで。例え「made in Chaina」だとしても。

M君と共に三階のフードフロアまで上がってとりあえずお昼ご飯。
驚いたのはニッポン資本のレストランの少なさ。おそらくアジアを席巻している讃岐うどんの某「丸亀製麺」はあるだろうと思ったら某「牛角」某「大山らーめん」のニ店舗のみ(*明らかに分かるのは)。
牛角

ラーメン大山

某「KICHI-KICHI」はタイの某「Shabushi」のパクリの回転一人鍋の店で、回転寿司の某「SUSHI KEI」もやはりヴェトナム資本であろう。
CHIKICHIKI

SUSHI KEI

悩んだ挙げ句ハンバーグ&チキンステーキの鉄板焼き屋さんにする。某「ペッパーランチ」的店であり、地元の豚肉鶏肉及び白米の味を確かめたかったのだ。
モンゴリアン

ハンバーグ&チキン

ハンバーグはごくごくフツー。鶏肉はプリプリしてウマかった。
そして白米。コレがかなりイケる。タイの韓国料理店でありがちな「現地(長粒種インディカ)米&ジャポニカ(もしくは餅)米ミックス」のパターンで、見る限り「8:2」程度の割合だろうか。もっちりした食感でニッポン人が食べても許せる範囲なのだ。
おこげ

ヴェトナム米

「ヴェトナムの米ウマいぢゃん!」と、お世辞抜きでM君に言うと「いや、コレはかなり(値段の)高いお米使ってると思います」とのこと。まあ、確かに長粒種でもいいモノはウマいからねえ。タイ米よりもパサパサ感が少ないように思ったのは気のせいだろうか。

そして、ヴェトナム人の彼と別れいよいよメインのスーパーマーケットへ向かうと否応無しにテンションはアがる。

まず驚いたのは野菜の安さである。タイでは葉物を始め野菜が案外高いのだが、ヴェトナムはかなり安い。大振りのキャベツが8500ドン、つまり45円だからその差が分かるだろう。あとはレタスや香草も相当安い。
野菜安い

葉もの

さつまいも

パクチーが¥227/kgだから驚きである。
パクチー

そして、野菜が安ければ当然サラダバーもお値打ち。100gで5990ドン。てことは32円でありタイのBig-Cの半値ではないか。
サラダバー

ショボい

米も安いな。
米

あとは酒類。フランス産のワインが1000円ならばニッポンとさほど変わらない。
ワイン

お。デンマークのチーズも安いぞ!
チーズ

何故かウィスキイはさほど変わらないがビールワインスピリッツはタイの約半分、その他の食材もトータル的には7〜8掛けといった感じ。
この時点で既に「住めるかもしれないな」と思うのであった。

そして今日。
タイ資本のスーパーマーケット某「Big-C」を訪れて更に細かくいろんなことが判明。
やや郊外にあるイオンと違って、街中にある同店は客の数がスゴい。
Big-C

エントランス

スゴい人

カゴ

セキュリティーがかなり厳しいのは国のレヴェルを如実に表しているかも。
ビニール

セキュリティー

ワインチーズチョコレートなど、とりあえずタイよりも安いモノを買ってみる。某「KIT CUT」はマレーシア産。ワインとカシューナッツは現地産だ。
買い物

ワインチーズ

サントリーウーロン茶の500mlボトルがなんと42円。但し、一種類だけだったのでシュガーフリイだと思って購入したらかなり甘くて参ったが。
ウーロン茶は甘い

結論を言えば、食材に関してはヒジョーに成績優秀なヴェトナム。自炊すればおそらく相当な金額を節約できる。

その他の条件はまた次回検証してみたいと思うけれど、

現時点でかなり印象が良いことだけは間違いないのだ。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - グルメ, ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

タイの十分の一という驚きの価格なのだった

70000VNDってことは…350円??マヂで?安っ!! いったい何 …

タイムマシンと二、三億円の現金があったらやりたいこと

軟らかい話ばかりでもナンなので、たまにはおカタい話題も。 来年三月完成予定の我が …

ホコリとPM2.5と泥と闘い続けた三週間

ハノイに来て三週間が経った。 少しづつではあるがこの街に慣れて来たし、なんとな〜 …

ニッポンへ行く前にやっておくこと

ニッポンへの一時帰国を前にして(何かやっておくことはないか)と考えるものの、特に …

果たしてヴェトナム人にとってもカルチャーショックなのだろうか

一生懸命タイで仕事を探し、一時期は半ば本気で日系企業へ現地採用枠で就職しようか? …

ただ毎日ボーっとして過ごすだけの生活の是非

タイに帰国してアッと言う間に二週間過ぎ去った。 ただ毎日ボーっとして過ごしている …

ヴェトナムの写真にカラー補正をかけてみる

「なるほど。こーいうことか」 恥ずかしながら超スーパーアナログ人間の私としてはイ …

予想はしていたにせよ、あまりに悲しい出来事

「五年間!?うわ〜。マヂかよ〜!!」 たった今、ネットのニュースを見て大変なショ …

単調な生活を影で支えるのはトンデモナイ話

単調な日々が続く。 ただ、これには理由があって、現在のいわゆる「ハイ・シーズン」 …

久しぶりのタイにも関わらずこれっぽっちもアがらないテンション

「みかんにしては小さいよなあ」 新年を迎えるにあたっての風物詩なのか、近頃よくバ …