P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

写真と本文は何の関係もございません

   

我慢できなくなってきた。

と言ってもそーいう意味ぢゃなくて、例えば「下ネタ」とは方向が逆の至極真面目な話だ。

単刀直入に言おう。この「ブログ」についてである。「ウェブサイト」と呼ぶにはちょっとショボい規模のコレを、今後一体どーいう具合にするのか。ま、「方向性」というヤツだね。いわゆる。

方向方向とややこしいが、まあそれは良いとして、このままいくか。あるいは「色」を変えるか。「色」といってももちろん単純なカラーぢゃなく「特色」とかそっちの意味だ。

何が我慢できないかというと、こんな風に「よそ行き」の文章を書いていると、「自分をさらけ出してもっと本音を言いたい」気がしてきて何だか「ムズムズ」するのだ。ただ、以前やっていたブログとは違ってこっちは「オフィシャル」なモノなのでカドは立てられない。店の名前とかもちゃんと出しているし、「グーグル」の目も光っている。

では、そっちに書けば良いではないか。

おっしゃる通り。でもね、ここは一つ、本音にできる限り近い部分までチャレンジしてみよう。と言ってもまあ「チラッ」とくらいで。

いわゆる「愚痴」ですね。はい。「愚痴」る時に本音が出る、というタイプの人間のなのだね。きっと。「自虐ネタ」は得意なのだ。

「ランキング」というシステム。

そう。世の中のそんなシステムが私を「イライラ」させるのである。

学校の成績は悪かったし、優勝を経験したこともない。ん?一回くらいなかったかな。いや、多分ないし賞をもらったこともない。思い付くのはそろばん三級とか、書道初段とか。う〜ん。何だか中途半端だなあ。だから順位なんて気にならないだろうと予測していたのに……。

でも、いざやってみると、これが結構悔しい。「ライバル」に負けることが。いやもちろんこっちが勝手にそう考えているだけで相手はおそらくそんなの感じていないだろう。それがまたちょっと「イラッ」とくる。

「何故こんなヤツらに負けなければならないのだ」。

あーあー言っちゃったよ。しかも言葉遣いが悪いし。

先輩をさしおいて「ヤツら」はいけない。「人達」の方が良いね。どちらにせよ、こう思う。

「オレの文章の方が断然オモロイ」と。

しかし、この順位は別に「オモロイ順」ってワケぢゃない。そんなことは分かっているのだけど。

いやいやいや。違う違う違う。「押して!」と言っているのではないぞ。むしろ押さないで欲しい。だって、もし今日の内容で順位が上がったらクセになってしまうでないか。そーいうのは避けたい。何しろ優柔不断なので。

とにかく、こんな順位やヒット数ではモチヴェーションがおそらく保たない。だって隠してやってる方とほとんど変わらないのだから。だとしたら何かを変えねばなるまい。「ターゲット」?「内容」?「デザイン」?ま、一応「プランB」はあらかじめ考えてあったのでそっちに「舵」を切ればいいのだけれど、簡単な話でもない。

「考える」ことは好きだから楽しいと言えば楽しい。こーして文章を書きつつ頭を整理する作業とか。それがもう一方のブログの場合は簡単にできたのに、こちらではそーもいかない。だから「イライラ」するのかな。そして、それが段々と「悩み」になる。「悩むのも楽しい」と言いたいところだが、やはりちょっと苦しい。そこを乗り越えてまたラクになれる件を知っているとしても。

さてそろそろ眠くなってきたし、このくらいにしておくか。長い文章がウケない件はよ〜く承知している。特に他人の愚痴など聞きたくもないだろう。ここまで読んでもらえたかどうかさえ怪しいものだ。

あーでも何だかスッキリしたな。やはり我慢はよくない。

ところでさ。考えてみたらこのブログに合う写真がないぞ。だって、予定外でいきなり書き出したからね。眠れなくなって。

というワケで、写真と本文は何の関係もない。

悪しからず。

シャネルの新作


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

歯科助手の強引な手の動きに萌える

奥歯に被せてある金属が取れた。 「コレはマズい」と思ったが、冷たい水を飲んでも沁 …

タイにおける新たな時代の「クラブ活動」が有する意義とは何か(その一)

バブル時代、不動産業界でその「崩壊」までのプロセスを現場の最前線で眺めつつ、所属 …

楽園の幻と共に消えるハーレム願望

楽園なのだろうか。果たしてそーなのか。 「私には楽園に見えます」。 この地を訪れ …

まったくもって地雷の心配はありませんのでご安心下さい

そろそろ覚悟しなくてはなるまい。 「日経平均」は上がる一方でこの調子なら今年中に …

ヴェトナムの食生活は本当にニッポン人の口に合うのか

タイ王国に何かがあった時のことを考えて、近隣諸国を訪れる場合基本的にはその地に住 …

今年最大のピンチから救ってくれたのは、一枚の魔法の紙だった

(これはヒジョーにマズいぞ)。 心の中でそう思ったのは銀行のカウンターでのこと。 …

クマの縫いぐるみに涙腺を刺激させられて思うこと

タイで暮らすメリットは数えきれない程たくさんあるが、例えば今日なんかは特に痛切に …

今や「和食」は「世界文化遺産」なのであるぞ

「ブュッフェ」、つまり「食べ放題」スタイルのレストランが大好きな国民性なのか、「 …

最近のバンコクの状況について憂う

「残念」を通り越して「怒り」もさらに通り越して何だか悲しい。 このままで本当にい …

ノーと言えるヴェトナム人V.S言えない日本人という図式はあまりにも短絡的か

(あの頃はまだヴェトナム人のことを好ましく思っていたのだなあ)と、このサイトの記 …