P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

ヴェトナムの食生活は本当にニッポン人の口に合うのか

      2017/02/12

タイ王国に何かがあった時のことを考えて、近隣諸国を訪れる場合基本的にはその地に住めるか否かをいろんな面から捉えるワケだが、気候やヴィザの取り易さ等と共にかなり大事なのは現地の食事とコスパである。

そういった意味では、マレーシアと並んでヴェトナムはトップクラスと言っていいだろう。もちろん個人的趣味嗜好はあるけれども、どちらかと言えばニッポン人の口には合うのではなかろうか。

①米の国である。
②野菜が豊富な料理。
③ビールがウマい。
④コーヒーがウマい。
⑤フランスパンがウマい。
⑥それらがいずれも安い。
などなど、ざっと特徴を挙げただけでも好感が持てる。

ただ、あくまでも勝手なイメージプラス前回滞在した時の印象でしかないから、せっかくなのでこの機会にもう少し掘り下げて検証してみたい。

さて、初日夜は現地の人が迎えに来る途中高速道路でスピード違反で捕まりタイホされるというアクシデントで急遽近場のファミレス的チェーン店でゴハン。
某「MON HUE」は黄色と黒が目印の小奇麗な店構えで、見るからにハズすことはなさそうなイメージ。メニュウを見れば写真と英語表記で安心できるし価格もお手頃だ。
モンフエ

フエ料理というのはフエ地方の料理(当たり前だ)で繊細だとか盛りつけが美しいとかいう予備知識しかない中、食べてみれば「確かにその通りなのだろうな」と思った。って、我ながらなんとツマラナイ感想なのだろう。

テーブルの上にはニョクマムとラー油。各皿に付いてくるタレやソースもいちいち凝っている。印象としては、タイ料理の甘い辛い酸っぱいがドンドンドーンに比べてかなり上品なのだよね。ま、その分パンチがないのかもしれないが。
ナンプラー

すり身揚げ

添え付けの野菜が多種で、レタスキュウリモヤシホーリーバジルなどに混じり紫蘇が異彩を放つ。ニッポンではややお高いので貧乏性の私としてはつい「いいねえ」と思ってしまうのだ。そしてもちろんパクチーは香りがキツくてよろしい。最近ニッポンでは専門店が登場する程人気の野菜であり、昔は苦手だったけれどタイに住んでからは慣れたし最近ではないと物足りなく感じる。それらをバリバリむしり喰いながら「体に悪いはずがない」と思うのだった。
紫蘇

あとはハノイビールだ。
ハノイビール

コンビニで見てもヴェトナム産のビールは種類が豊富で、とりあえず一通り飲まなくてはという気にさせられるし10000〜16000ドンと値段が安い。おそらく酒税の率が低いのだろう。そして、11000ドンで売っていたハノイビールがレストランでも20000ドンとヒジョーに良心的で某コカコーラと一緒なのだからスゴい。
味は薄いがウマい。ちなみにアルコール度数は5%だった。
ビール安い

安い

コンビニ

揚げ春巻きはやや小さ目サイズが10本で65000ドン。そんなにしつこくないけれど中身に芋が入っていたのでお腹が一杯になってしまった。
春巻き

昨日の感想はその程度かな。

とにかくイメージとしては、一見タイ料理と似ているようで案外対極にあるような気もする。もちろん一概には言えぬけれどイサーン料理とフエ料理を比較するとそうなってしまうのかもしれない。
比べる必要などない中、それぞれの国の人気料理としてどーしても頭と体が反応するのだ。

繊細を取るかパンチを取るか。

どちらも捨て難いではないか。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - グルメ, ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

事故った時は1748

我が愛車マーチ君がようやく修理から戻って来た。 紆余曲折はあったものの、結果的に …

ゴーストタウンとはいったいどんな感じなのだろうか

「趣味は何か?」と問われれば、今なら迷わずこう答えるだろう。 「ネットでLCCの …

祝!スクムヴィットのアンダーパス工事終了

「なるほど。これは素晴らしい!」 正直な感想だ。 現実問題、パタヤのビーチ側では …

タイにおける新たな時代の「クラブ活動」が有する意義とは何か(その一)

バブル時代、不動産業界でその「崩壊」までのプロセスを現場の最前線で眺めつつ、所属 …

某家電ショップにて起きた出来事をきっかけに

体重計を買いに行った。 以前から使っていたモノは液晶部分が故障して見えなくなって …

イミグレで二時間以上待たされて凹むの巻(extension 30days)

無気力症候群はやや大袈裟かもしれないけれど、「何もやる気がしな」くなるのはここ十 …

TOMN TOMS COFFEE(Pattaya 2’nd road)

「トムントムズコーヒー(パタヤセカンドロード)」☆☆☆ 韓国発「シアトル系」コー …

生きていること自体が幸せと思う時

年末年始に事故や事件が多いのは世界共通だが、タイは特にヒドいのではないか。新年早 …

Sizzler

「シズラー」☆☆☆☆☆ アメリカのステーキハウスチェーン店「シズラー」がパタヤに …

さすがにもう色恋に踊らされることはないだろうな、と思う

カラオケ嬢はやはりカラオケ嬢でしかない、ということなのだろうか。 ハノイに来てか …