P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

「イン」と「アウト」でどれだけ違うか、という話

      2015/07/13

「暑っ!」
「痛っ!」

慣れないことはするもんぢゃない、という典型的な洗礼を受けて若干凹む。
ただ、傾向としては「それも悪くない」とも思う。一歩踏み出す「ステップ」として捉えればの話である。

「他人の目から見て自分がどう映るか」をほぼほぼ気にしなくなってから、いったいどれだけの月日が経つのだろう。

もちろん、常夏の国なりのファッションのこだわりがないまったくワケではなくて、例えば、パンツの裾はロールアップして足首を「チラ見せ」するとか、半袖シャツよりは長袖シャツを着て袖をめくるとか、裸足にサンダルではなくショートソックスにスニーカーとか。

でも、やはり全盛期に比べれば二割程度の「オシャレ加減」であり、バブル時代はしっかりとお金を掛けて「カッコつけ」ていたものだし、若い頃に「メルセデス」とか「ジャグァー」に乗っていたのだって当然それが「ステイタス」だったから。某「SHIPS」だの「BEAMS」だの「UNITED ARROWS」だの「TOMORROW LAND」だの「EDIFICE」だの「セレクトショップ」で洋服をセレクトしていた頃給料は残らず全部遣っていたけれど、これっぽっちも惜しくなどなかった。

では、今どーかと言えば、上から下まで全て某「H&M」という手抜き加減。年齢と共に物欲は減ってくるし、タイに居ると「これで充分」という気分にもなる。

そんな中、「何かの時の為に」と購入して放置してあった綿素材の「ペラペラ」ジャケットを今日初めて着てみたところ「アッ」と言う間に汗が吹き出るわ、「仕事用に」と最近購入したウィングチップ風(?)のスニーカーを履いてみれば踵が高くて靴擦れしてしまうわ、まったく困ったものである。
ネクタイを絞めたのなんて実に十五年ぶりのことであり、パンツ(ズボン)にシャツを「イン」したのだって、もういつの話やら覚えていない。ただ、そーいう格好をしただけで明らかに印象が違うから、自分でもちょっと驚いた。
敢えて説明するならば「チェックオンチェック」(チェックのシャツにチェック柄のタイ)というのは比較的高度な技なのだ。
ネクタイ

真面目風

真面目風

ウィングチップ

実は今日から仕事絡みでバンコクに来ていて、契約を取れるかどーかという瀬戸際なので今回は少し気合いを入れてみた。それなのにあまりに暑くて速攻で死にそーになり、靴擦れしたところに貼るバンドエイドを持っていないというあまりにお粗末な結果となった次第である。

お客様を空港で出迎える時の待ち合わせ場所は本来3番か4番出口前が良いのだが、V.I.Pであれば敢えて一番近い5番出口にて。
空港

5番出口前

ところで宿泊先はプロンポンなのだが、駅周辺の景色が見事に変わってしまってビックリ。
BTS口

「Mercedes-Benz Cafe」とか「何それ?」って感じだし。
メルセデスベンツカフェ

カフェ

B.T.Sに乗ってシーロムまで両替に行ったら、タニア通りのあまりの人の少なさにまたビックリ。午後九時過ぎなのに驚く程の静かさ加減。車内は相変わらずの混雑だったが。
BTS

構内

車内

タニヤ

てな感じで、脈絡のない内容になってしまったが、主題は何かといえば、シャツを
「イン」するだけで気持ちはかなり変わる、

という話である。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

一服の清涼剤が謹慎を解かせることとなる

「今日はレディースデイよ。いつものコはどーしたの?」 確かにそーだった。ここには …

これからどんな闘いがあるにせよ、まずはドンを稼ぐしかないということ

「コイツらヒドいなマヂで!」 という書き出しで公安についていろいろ書いてみたもの …

ただ毎日ボーっとして過ごすだけの生活の是非

タイに帰国してアッと言う間に二週間過ぎ去った。 ただ毎日ボーっとして過ごしている …

ついに切れてしまった糸は、果たして再び繋がるのだろうか

「今の気分にピッタリだな!」 スクムヴィットロードをバイクで走行中、前を走ってい …

撤収するなら今のうち

タイにやって来て気付いたことがいくつかある。 街に巨大モニターが増えたとか、プリ …

久しぶりのタイにも関わらずこれっぽっちもアがらないテンション

「みかんにしては小さいよなあ」 新年を迎えるにあたっての風物詩なのか、近頃よくバ …

待つのがそれほどイヤだという件に今更気付く

「瞬間湯沸かし器」(知り合いに何人かいる)という程ではないけれどまあ気が短い方で …

クマの縫いぐるみに涙腺を刺激させられて思うこと

タイで暮らすメリットは数えきれない程たくさんあるが、例えば今日なんかは特に痛切に …

かのイタリアでどーも。歌うカッコいい国歌。歌うモードでありたいのか?(ネタバレ有り)

「やっぱりカッコいいなあ!」 イタリアの国歌を久しぶりに聴いて思うのだった。 正 …

雨季の始まりの予感は切なさと共に(某化学調味料に捧げるオマージュ)ー前編ー

「やっぱり入れるんだよね〜。そんなにも」 もちろん予想はしていたけれど、まさか下 …