P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

騒がしくて低い国にまたやって来た

   

「寒っ!」

新しくできてまだ一年のノイバイ国際空港新ターミナルを出てすぐ肌寒さに震える。天気は曇り。気温は摂氏20度弱くらいだろうか。

ニッポンの冬に耐えた後一度楽園に戻ってからなのでどーにも感覚がおかしいが、涼しいと言える余裕はなく半袖シャツにコットンのセーターに薄手の綿ジャケットを羽織っていてもまだ足りないのは私が寒がりだからなのかもしれない。ただ、バイクの人達は皆ダウン的ジャケット姿だからやはりフツーに寒いのだ。

ハノイを訪れたのは初めてであり、街並みは田舎っぽい割に人がやたらと多いな、というのが第一印象。雰囲気は悪くない。

乗せてもらった迎えの車が狭い道に入ると、向こうからほぼ真っ直ぐ突っ込んでくるバイクの群れ。見事に避けて行くから大したものだ。道路に一歩出ればサバイバルなのはアジアでのお約束だが、この国ではバイクの方が少し強いみたいだ。「今からそっちに行くぞ!」的なクラクションも他の国とは意味合いがやや異なる。最初イライラするけれどまあ慣れるしかないし、そのうちにコレはコレでアリかな?と思えてくるから不思議だ。
平均年齢が二十八才台というヴェトナムの若きパワーが交通状況に現れているような気がする。タイのように死に急ぐようなメチャクチャな運転をする輩は少ないのではなかろうか。

実は数年前にホーチミンに5泊程滞在した時はクラクション騒音にすっかり嫌気がさしたものだ。ハノイとはまた違うかもだが、あの頃はまだ私も余裕がなかったのか年を経て丸くなったか。いずれにせよ以前より少し寛大な心持ちで再びこの国にやって来た。

まだ初日だからよく分からないけれども、ハノイのややマッタリした雰囲気は割と好きかも。

あとはこちらが受け入れられるかどうかによるのだろうな。

六種類ある声調がややこしくて言葉には苦戦気味だけれど、

まあ、できる限り楽しませていただこうと思うのであった。

*ハノイもやはり基本低い。
低いテーブル

賑やか

*粉っぽいヴェトナム式ドリップコーヒーがなかなかウマい。
ヴェトナムコーヒー

コーヒー20000ドン

*シーシャも吸えるのだ(165000ドン)。
シーシャカフェ

*旅行者が集まる安宿街には素敵な店が多い。
バー?

バー

*ショウウィンドウには冬物が並ぶ。
冬の格好

*ミッキーももちろん居るし。
ミッキー

*今日のレートで10000ドン≒¥53。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

残りわずかな研修期間で何を学べるのだろうか

「テーブルにお皿を置く時に心がこもっていませんね〜」 そう言われて「ドキッ」とす …

個人的興味対象のゲーム&それらに絡む女子達について

今日のテーマはゲームについて。 人生広く浅く生きて来た私は、子どもの頃から今に至 …

人的ミニマリストを卒業する日は近い?

ルーティンになかなか戻れない。というか、リズムが取り戻せないのである。 タイ在住 …

楽園の幻と共に消えるハーレム願望

楽園なのだろうか。果たしてそーなのか。 「私には楽園に見えます」。 この地を訪れ …

「タイポップベストヒット30/2015」を聴いてみて

さて、文句や悪口ばかり言っていても仕方がないので話題を変えよう。 連投である。 …

ヤラレているのはサルモネラ菌よりももっと強い何かなのか

どーにも調子が悪い。 下痢の症状はほぼ回復したけれど、胃が重いというか胸焼けのよ …

ピアスからマスクへ

ピアスを外した。 偉い人達と会う為であり、「第一印象が大切」とボスから言われた。 …

二年ぶりのパタヤで繰り広げられて行く現実離れした世界とは裏腹に

いよいよ夜の街に繰り出すことになるのだが、初日はまずソイブアカーオ(222112 …

果たしてヴェトナム人にとってもカルチャーショックなのだろうか

一生懸命タイで仕事を探し、一時期は半ば本気で日系企業へ現地採用枠で就職しようか? …

センセーと呼ばないで

例えば自分が上司の立場であれば、部下を育てる時その人間の性質を見極めて対応せねば …