P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

騒がしくて低い国にまたやって来た

   

「寒っ!」

新しくできてまだ一年のノイバイ国際空港新ターミナルを出てすぐ肌寒さに震える。天気は曇り。気温は摂氏20度弱くらいだろうか。

ニッポンの冬に耐えた後一度楽園に戻ってからなのでどーにも感覚がおかしいが、涼しいと言える余裕はなく半袖シャツにコットンのセーターに薄手の綿ジャケットを羽織っていてもまだ足りないのは私が寒がりだからなのかもしれない。ただ、バイクの人達は皆ダウン的ジャケット姿だからやはりフツーに寒いのだ。

ハノイを訪れたのは初めてであり、街並みは田舎っぽい割に人がやたらと多いな、というのが第一印象。雰囲気は悪くない。

乗せてもらった迎えの車が狭い道に入ると、向こうからほぼ真っ直ぐ突っ込んでくるバイクの群れ。見事に避けて行くから大したものだ。道路に一歩出ればサバイバルなのはアジアでのお約束だが、この国ではバイクの方が少し強いみたいだ。「今からそっちに行くぞ!」的なクラクションも他の国とは意味合いがやや異なる。最初イライラするけれどまあ慣れるしかないし、そのうちにコレはコレでアリかな?と思えてくるから不思議だ。
平均年齢が二十八才台というヴェトナムの若きパワーが交通状況に現れているような気がする。タイのように死に急ぐようなメチャクチャな運転をする輩は少ないのではなかろうか。

実は数年前にホーチミンに5泊程滞在した時はクラクション騒音にすっかり嫌気がさしたものだ。ハノイとはまた違うかもだが、あの頃はまだ私も余裕がなかったのか年を経て丸くなったか。いずれにせよ以前より少し寛大な心持ちで再びこの国にやって来た。

まだ初日だからよく分からないけれども、ハノイのややマッタリした雰囲気は割と好きかも。

あとはこちらが受け入れられるかどうかによるのだろうな。

六種類ある声調がややこしくて言葉には苦戦気味だけれど、

まあ、できる限り楽しませていただこうと思うのであった。

*ハノイもやはり基本低い。
低いテーブル

賑やか

*粉っぽいヴェトナム式ドリップコーヒーがなかなかウマい。
ヴェトナムコーヒー

コーヒー20000ドン

*シーシャも吸えるのだ(165000ドン)。
シーシャカフェ

*旅行者が集まる安宿街には素敵な店が多い。
バー?

バー

*ショウウィンドウには冬物が並ぶ。
冬の格好

*ミッキーももちろん居るし。
ミッキー

*今日のレートで10000ドン≒¥53。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

YESかNOかの決断をしなくてはならない

私はズルい人間だ。何かから逃げてばかりいる。 考えてみればここ最近、七年半も住ん …

計画性のない私ごときが言う筋合いではないけれど

サウナで声を掛けられたNン嬢の勤務先へ行ってみた。 某「LINE」という名のその …

なかなか興味深いヴェトナムのコンビニ事情

さて、週末から再びハノイに行くのだが、先回の写真を未だ整理していなかった事実によ …

眼鏡にまつわる話をしよう

眼鏡にまつわる面白い話をしよう。 と言っても、ファニイのオモロイぢゃなく興味深い …

カレシ持ちタイガールの耳許で下ネタを囁くことのコワさ

「え?十八才なの??」 「Nットゥが今日誕生日だから一緒に飲もうよ」というM嬢か …

「Pratumnak hill」エリアのコンドーについて

「WS」があるサウスパタヤ辺りには昼間ほぼ用事がないのだが、今日は買い物に寄った …

ただ単に寒がりなだけなのかもしれないにせよ

「帯に短し襷に長し」とはちょっと違うのかな。とにかく、条件にピタリとハマるという …

パタヤに固執する理由。情緒とか雰囲気とか空気感とか。

私が現在住民票を置く島根県隠岐郡西ノ島町の人口は3000弱。おそらくその少なさか …

誰にだって苦手なモノがあるはずなのだから

「寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い!」 と、声に出したところで暖かくなるワケ …

色で例えるならば、やはり青なのだろうなと思うその気持ち

はあ…。 息吐けば、出るは溜め息ばかりなり。 もちろん女子の気持ちな …