P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

騒がしくて低い国にまたやって来た

   

「寒っ!」

新しくできてまだ一年のノイバイ国際空港新ターミナルを出てすぐ肌寒さに震える。天気は曇り。気温は摂氏20度弱くらいだろうか。

ニッポンの冬に耐えた後一度楽園に戻ってからなのでどーにも感覚がおかしいが、涼しいと言える余裕はなく半袖シャツにコットンのセーターに薄手の綿ジャケットを羽織っていてもまだ足りないのは私が寒がりだからなのかもしれない。ただ、バイクの人達は皆ダウン的ジャケット姿だからやはりフツーに寒いのだ。

ハノイを訪れたのは初めてであり、街並みは田舎っぽい割に人がやたらと多いな、というのが第一印象。雰囲気は悪くない。

乗せてもらった迎えの車が狭い道に入ると、向こうからほぼ真っ直ぐ突っ込んでくるバイクの群れ。見事に避けて行くから大したものだ。道路に一歩出ればサバイバルなのはアジアでのお約束だが、この国ではバイクの方が少し強いみたいだ。「今からそっちに行くぞ!」的なクラクションも他の国とは意味合いがやや異なる。最初イライラするけれどまあ慣れるしかないし、そのうちにコレはコレでアリかな?と思えてくるから不思議だ。
平均年齢が二十八才台というヴェトナムの若きパワーが交通状況に現れているような気がする。タイのように死に急ぐようなメチャクチャな運転をする輩は少ないのではなかろうか。

実は数年前にホーチミンに5泊程滞在した時はクラクション騒音にすっかり嫌気がさしたものだ。ハノイとはまた違うかもだが、あの頃はまだ私も余裕がなかったのか年を経て丸くなったか。いずれにせよ以前より少し寛大な心持ちで再びこの国にやって来た。

まだ初日だからよく分からないけれども、ハノイのややマッタリした雰囲気は割と好きかも。

あとはこちらが受け入れられるかどうかによるのだろうな。

六種類ある声調がややこしくて言葉には苦戦気味だけれど、

まあ、できる限り楽しませていただこうと思うのであった。

*ハノイもやはり基本低い。
低いテーブル

賑やか

*粉っぽいヴェトナム式ドリップコーヒーがなかなかウマい。
ヴェトナムコーヒー

コーヒー20000ドン

*シーシャも吸えるのだ(165000ドン)。
シーシャカフェ

*旅行者が集まる安宿街には素敵な店が多い。
バー?

バー

*ショウウィンドウには冬物が並ぶ。
冬の格好

*ミッキーももちろん居るし。
ミッキー

*今日のレートで10000ドン≒¥53。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

「123方式」がもし本当に画期的ならばいつかきっと普及するに違いない

「タイ語をカタカナで記述する場合、アクセント(声調)をどーすれば良いか?」。 何 …

ニッポンへ行く前にやっておくこと

ニッポンへの一時帰国を前にして(何かやっておくことはないか)と考えるものの、特に …

タイにおける新たな時代の「クラブ活動」が有する意義とは何か(その一)

バブル時代、不動産業界でその「崩壊」までのプロセスを現場の最前線で眺めつつ、所属 …

クマの縫いぐるみに涙腺を刺激させられて思うこと

タイで暮らすメリットは数えきれない程たくさんあるが、例えば今日なんかは特に痛切に …

「タイポップベストヒット30/2015」を聴いてみて

さて、文句や悪口ばかり言っていても仕方がないので話題を変えよう。 連投である。 …

いっそ現地案内所でもやる?くらい人気の国に戻って来た

パタヤに戻った途端、台風の影響による大雨と洪水に遭遇。 ニッポン滞在中ずっとサボ …

2892人目(多分)の町民となって思うこと

ひょっとすると勇み足なのかもしれない。 結局、もう一つの何かコレといった条件が見 …

ごく僅かな数字の変化で知る季節の移り変わり

毎日欠かさずチェックする数字がいくつかある。 驚く程単調な日常生活とは言え、やは …

人間関係についていろいろと考えさせられる

  昨日の続き。 翌日、つまり昨日は夕方ゲスト達がバンコクへと戻ってか …

やたらと薄さを推してくるその店

その眼鏡屋さんは個人店ではなくチェーン店。制服は紺のジャケットというかブレザーで …