P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

東欧人がタイレストランを作ったらこのようになりましたが、何か?

      2017/02/09

ほぼ毎日通う某「bon cafe」の向かい側に、数ヶ月前ちょっと洒落たレストランができて気になっていたので行ってみた。

ナクルアはパタヤビーチ周辺と比べると静かな地域であり、ロシア人の他東欧北欧からの長期滞在者が多く中でもドイツ人が特に目立つ。住んでいるうちに気に入ってか同胞の客を当て込んでか、もしくはその両方だろうが、飲食店を経営する人々も出てくるワケでこの店もおそらくそうだろう。ドイツビールの看板があるしビールのメニュウにはドイツとベルギーの銘柄がズラリと並ぶ。さほど広くない店内はインテリアが洒落ており、内装に結構お金が掛かっている感じ。
MAI THAi cuisine

エントランス

生ビールも二種類。ドイツの方を飲んでみたがなかなかイケる。
ドイツの生ビール

ただ、店構えの通り内容はタイ料理であり、まるで「東欧人がタイレストランを作ったらこのようになりましたが、何か?」と言われているようだ。店名に「キュイジーヌ」とついているところからもそんな気合いが窺い知れる。悩んだ挙げ句「ガパオガイ」(鶏ひき肉とホーリーバジルの炒め物)を注文すると「with steam rice?」と聞かれる。よーするに「ゴハン」は別なのだ。フツーのタイ料理店ではゴハンにかけられた皿が出てくるが、やはり小洒落ている。
ガパオガイ

ガパオガイ&ライス

味はまあ、ちゃんとおいしい。ただ、単品で170THB、スチームライスが45THBはちょっとお高くないかい?食堂ならばビールと「ガパオガイ」両方でせいぜい150THB程度だろう。生ビールも合わせて計380THB払うなら、もっと違ったチョイスがいくらでもある。それでも店の雰囲気はあくまでも「何か?」と問いかけてくる。確かに英語を話すスタッフ(タイ人)の対応もちゃんとしているし制服も素敵。アンタのよーな貧乏人が来る店ぢゃない。と言われればそれまでかもしれない。
店内

洒落た店内

チェックを頼んだらレシートまで素敵なハコに入れられて来た。う〜む。あくまでも小洒落た店を押し通すのだな。
チェック

しかし、残念ながらここは高級リゾート地プーケットではなく、パタヤなんだよなあ。ビジネス的観点から言えばこんな店がやっていけるはずがない。ただ、現実には世界中どこにでも存在するのだ。「趣味の店」というモノが。何だかそんな印象であった。

従って再訪はないな。

というワケで、この洒落た店がいつまで続くか見てみようと思う。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - グルメ, ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

いろいろあった一週間を振り返ってみる(後編)

「顔認識能力」、つまり人の顔を記憶して判断する力はまあ比較的高い方だと自分では思 …

パタヤの洋食レストランを紹介しよう2022年③

一体何故洋食ばかりなのか? もちろん好きだからである。 その昔、今から30年以上 …

南国特有の「ユル」さがウリではなかったのか、と嘆く

「ま、確かに悪質ではあるな」 時刻は午前十時半。行きつけのカフェのいつものテーブ …

二年ぶりのパタヤで繰り広げられて行く現実離れした世界とは裏腹に

いよいよ夜の街に繰り出すことになるのだが、初日はまずソイブアカーオ(222112 …

さよなら西ノ島

中学二年生の時にお祭りのアルバイトをして以来本当に様々な仕事をして来た。喫茶店パ …

ウドンはもうそろそろいい頃加減かもしれないなあ

ウドンターニーからの飛行機が揺れに揺れ、隣りのおばちゃんがメチャメチャビビってい …

起こった事件にはきっと何らかの意味があるのだろうということ

タイでは過去に様々な事件があったし、喜ばしくない内容もたくさんある。 スクムヴィ …

cafe pitini

「カフェ ピッティーニ」☆☆☆ セカンドロードとサードロードの間の道ソイブアカー …

イライラを解消しようと思ったのに更に深みにハマるの巻

この仕事に向いているかそれとも向いていないかを考えた場合結局は後者なのだ。と、少 …

蚊も蟻もまったく大した問題ではないのだけれど

お腹が直った(多分)のでいつものゴハンに戻ったワケだが、最近のパターンだと家で食 …