P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

待つのがそれほどイヤだという件に今更気付く

      2014/12/08

パソコン

「瞬間湯沸かし器」(知り合いに何人かいる)という程ではないけれどまあ気が短い方であり、ちょっとしたことで「イライラ」する。

アパートの同じ階に住むロシア人M氏が契約している「wifi」回線に便乗しているのだが、元々調子が悪かったのが最近ヒドくなり、ここ何日かはほとんど繋がらなくなってついにルーターを変えたらしい。以来マシになったけれども、ひょっとしたらマフィアかもしれぬコワモテのM氏にあまり文句も言えず一人でイライライライラしていたのは、ブログの「ネタ」があるにも関わらずウェブを更新できなかったせいでもある。ナマモノと一緒で「ネタ」は鮮度が命なので、時間が経つと執筆のテンションが落ちるのだ。

部屋に居てネットが遅かったり繋がらなくなったりするのは本当にアタマニクル。がしかし、300THBでは文句も言えないし、間もなく引っ越すのでしばらく我慢するしかない。「ストレス」には違いないけれどよくよく考えれば大したことではない気もする。まあ、仕事で使っているわけではないからね。

それよりも「イライラ」するのはやはり渋滞だろうか。

特に予定がないとしても前が詰まっているだけでアタマニクルし、予定があれば尚更だ。バンコクに住んでいる時は大変だったし、今でもたまに行くとどこもかしこも大渋滞なのでパタヤに帰って来ると心から「ホッ」とする。引っ越した一番の理由もそこにあるくらい大嫌いなのが渋滞であり「ストレス」の大きな要因でもある。肩凝りの原因だってパソコン以外は運転に決まっているのだ。

そうか!事故に遭った件をポジティヴに捉えれば、しばらく車を運転しなくていいので渋滞にハマらず「ストレス」を感じなくて済むとも言える。ひょっとしたら肩凝りも解消されるかもしれないぞ。凹んでいても仕方がないからそー考えることにするか。

二つの例を見てみると「イライラ」して「ストレス」を感じるのは「待たされる」時なのかな。確かに行列は好きぢゃないしスーパーのレジなんかでも「最速レーン」を吟味して並ぶ。某「TRUE」でケータイの使用料払う時もいつも混んでて「イライラ」するし、ゴルフでも前が詰まるとやっぱりね。とにかく待つのがイヤなんだ。そーだそーだ。そーに決まった。

思えばニッポンに居た頃に比べて「ストレス」が随分減ったのは待つシーンが少ないせいか。なんでもかんでも順番待ちでルールが厳しいニッポンとは違って「待つ」のが「美徳」ではないタイの方が居心地いいのかもしれない。昔「待つわ」なんていう女性デュオが歌うヒット曲があったが考えてみればコワイ内容だ。

都会のバンコクから田舎のパタヤに移って益々待つことが少なくなったのは間違いない。これで渋滞にハマらずネットが快適になったら「イライラ」して「ストレス」を感じることがいよいよなくなってしまいそうだ。

いっそ、敢えて「待って」みるか。例えあなたが振り向いてくれなくてもいつまでも。他の誰かにフラれる日まで?

いやいや。

ムリムリ。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

海から海へ

「ピーマイパイナイ(22112212)?」 年末になると皆そんな挨拶を交わす。 …

完遂することがどれほど大切かとあらためて知る

「ニッポン人のヴィザなし滞在って三十日間だったわよね?」 イミグレのおばちゃん、 …

独りで居ることを普段は辛いと思わないけれど

基本的に行動は独りだ。 ニッポンから離れよう、と思ったのは「閉塞感」に嫌気がさし …

今年最大のピンチから救ってくれたのは、一枚の魔法の紙だった

(これはヒジョーにマズいぞ)。 心の中でそう思ったのは銀行のカウンターでのこと。 …

(正真正銘!)パタヤで起こったいくつかの出来事

「<パタヤ総研>とは名ばかりで最近はちっともパタヤの情報がないではないか!?どな …

ステーキハウスにてステーキを食べないことの是非

この国で独り暮らしをしているとどーしても外食が多くなるし、タイ料理は油っぽくて野 …

カレシ持ちタイガールの耳許で下ネタを囁くことのコワさ

「え?十八才なの??」 「Nットゥが今日誕生日だから一緒に飲もうよ」というM嬢か …

スーパーマーケットがいかに重要であるか

旅先でホテル等宿泊施設にチェックインして落ち着いた後、あなたは何をするだろうか。 …

スタートから三ヶ月目にして早くも限界を感じてしまうとは

随分久し振りに雨が降ったのが土曜日だから一月三十一日か。ただ、スコールではなく「 …

騒がしくて低い国にまたやって来た

「寒っ!」 新しくできてまだ一年のノイバイ国際空港新ターミナルを出てすぐ肌寒さに …