P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

お金が惜しければ直接アタックするのみなのだ

      2015/10/14

「はぁ?25000THBだと!?ナメんぢゃねえぞこの腐れ〇△〇△が!」

「イラッ」とくるとつい母国語が出てべらんめえ調になるのは、男子ならば海外で誰しも経験のあることだろう。温厚な私でさえ理不尽で意味不明な説明にはやはりアタマニクルし、相手のことをちょっとでも信頼していたならば尚更だ。

場所はイミグレーション横のヴィザサーヴィスオフィスで、担当者はフィリピン人のL君。パタヤに移住してからはE.D.VISA取得以来いろいろ世話になっている。彼曰くこーだ。
「以前のE.D.つまりノンイミグラントヴィザが切れるタイミングでリタイアメントヴィザに切り替えるなら8000THBで済むけど、アンタパスポートを新しくしたからそれができなくなって25000THB掛かるよ。おまけにヴィザ更新に残存期間が15日必要なのにあと4日しかないから5000THBの罰金もね」

確かに、先日一時帰国した際あと数ヶ月で期限切れでしかもページをキッチリ使い切ったパスポートを新たに更新。その時点で苦労して約一年間使ったE.D.VISAが無効になるのは当然で、新しいパスポートにてヴィザなしで入国。滞在できる三十日の間にただリタイアメントヴィザを申請すればいいだけだと思っていた。E.D.からnon-O.VISAへの切り替えがラクだとか、残存期間15日の件など今まで一度も聞いたことはない。知識として持っていたのは「銀行預金800000THBが三ヶ月間あること」という必要条件のみだったのだ。

それにしても説明が意味不明であり、25000THBとはボッタクリも甚だしい。L君は政府の方針でコロコロと状況の変わるイミグレ事情にも詳しそうだったし「イザとなったら裏から手を回して」的なウルトラC手法も使えそうだったので頼りにしていたのに、結局はよく分からない外国人をカモにする輩だったのか。
そう思うと、この国でよくある「裏切られた感」が強い。例の「田舎の母親が病気で入院したからすぐに10000THB必要なの」パターンである。タイガールだけではなくついにはフィリピン男子にまでとは……。はあ。

まあ、ひょっとすると私の勘違いなのかもしれないけれど。
仕方がないので、イミグレオフィスに直接アタックである。

まず分かったのは、現状、三十日の滞在を一度だけ延長できる件。

これは噂では聞いていた。受付嬢曰く「まず先に延長申請をしてからだ」と。必要なのは滞在先の証明書類(アパートやコンドミニアムの契約書のコピイ)。一度アパートに取りに戻ってから二階の部屋へ。イミグレオフィスの二階へ上がったのは初めてだが、どうやらそこでアパートやコンドーやホテルのチェックをするみたいだ。終わるともらった書類(紙切れ)の控えをコピイするよう言われ、その後1番の窓口へ。
費用は1900THB。90日の観光ヴィザの30日延長と同額だね。これでとりあえずもう一ヶ月タイに居られる。

で、いよいよリタイアメントヴィザ申請の本番だ。

窓口は7番。受付待ちは8名。カシコン銀行に300THB払って預金証明も取得済み。あとは写真とパスポートのコピイと居住証明。
呼ばれて行くと待っていたのは黄色いポロシャツのトムボーイ。制服組ではない。相手が悪かったかどうか知らぬがチェックがメチャメチャ厳しい様子(オトコノコにはツラくあたる的な?)。

「何これ?空欄が全然埋まってないぢゃない。まず必要事項全部書いてからおいで。あ、あと大家さんのIDのコピイがないよ」
「は、は、は、はい。し、し、失礼しました。用意してから出直します!」

そう。アパートの場合賃貸契約書の他に管理会社の連絡先と大家さんのIDのコピイまで必要なのだ。確かに必要書類に記入してあったから私のミスだ。

業者に25000THB払うのが惜しくて自ら申請しているのだから一度や二度の失敗は当然覚悟している。口笛を吹きつつバイクに跨がり、本日二度目のアパートへの道を戻る。
時間は午後三時半。管理人が留守だったので、今日のところは時間切れ。さっき書類を作るのに100THB渡してあるから、IDのコピイなど簡単にくれるだろう。

というワケで、続きは明日となる。

もしこれで申請が下りてヴィザが無事にもらえたとして、

実際費用が25000THB以上だったら笑えるんだけどなあ。

イミグレ


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Comment

  1. 渡辺恒爾 より:

     やっと、パタヤ、チョンブリ・イミグレーションでノンイミグラントOビザの申請を自力でされた方に出会いました。
    私も1万バーツ、2万バーツと手数料をぼったくる業者に依頼する気はなく、かといってパタヤのイミグレでビザ延長の記載はあまたありますが、新規申請の記載はこれまでお目にかかれませんでした。

     この記事を読んで、ジョムティエンで新規申請できることを確認できてまずは安心です。

     私の場合は、口座残高証明ではなく、年金受給証明か口座残高証明+年金受給証明で申請しようと思っていますのでさらにハードルが高いかも知れませんね。
    かといって、要求される書類を全て揃えれば、拒否する理由もないでしょうからチャレンジしようと思います。なんせ、サンデー毎日の身分ですから時間はたっぷりあります。ひっかかるのは、入国後9日以内に、何回チャレンジできるかです。まあ、今回だめなら、次回があるさの気持で臨みます。

    前置きが長くってスイマセン。
    お尋ねですが、ジョムティエンのイミグレで無事、申請・取得されましたでしょうか?

    • izumix65 より:

      はい。申請は受理され、無事取得できました。いや、正確にはヴィザ自体取得はできなかったのですが…。
      もう一年前のことで今では遠い記憶とは言えやや苦労したイメージが残っています。

      当時は有り余る時間があったのでどれだけ手間が掛かろうが気にしないと決めて挑みました。タイ語もそこそこできたので、辛抱強く相手の言うことをひとつひとつクリアしていった末、まずは最初の三ヶ月分の滞在許可が出ました。
      ここで私の勘違いがあって結局は不幸な道を辿ることになるのですが、受理されたと思ってすっかり気分良くなるという短絡的な性格が災いしたのかと。

      その当時の話なので現在はどうか分かりませんが、最低80万バーツの預金を申請の日から遡って三ヶ月間タイの口座に入れておけばいいと思っていたのが間違いだったのです。申請の時点で90日間のスタンプが押されるのですが、実はそれはまだ正式なヴィザではなく次の申請で初めて許可が下りるということでした。その時にもやはり預金証明は必要で、つまり80万バーツを合計六ヶ月間口座に預金を入れておかないといけないワケです。知らなかった私はすぐに使ってしまい、80万バーツを切ったので結果的には正式なVISAがもらえませんでした。

      ただ、それはケアレスミスでありましてキチンと手順さえ踏めばおそらくだいじょーぶかと思われます。そして、その様子見期間(?)も入れれば最初は計15ヶ月間滞在できることになりますね。

      イミグレの受付で「ノンイミグラントOヴィザを申請する」と言えば必要書類を英語で書いた紙をもらえます。それを全部揃えればいけるはずです。
      但し、最近のニュースではリタイアメントヴィザに「300万バーツで十年間」というヴァージョンができるという話もあり、80万バーツで一年更新の従来タイプが残るのかどうかは未だ不明のようです。

      ま、いずれにせよヴィザ関係のルールは常時コロコロ変わりますし「コレが正解」というハッキリした答えをイミグレ職員ですら知らないタイ王国ですのでご注意を。
      今ならまだ有効と思われるので、是非トライしてみて下さい。

      尚、「ノンOヴィザ」担当の主任的人物は女性であり、巻き髪でなかなか色気のある熟女である件を念の為補足しておきます。

      検討をお祈りします。

      • 渡辺恒爾 より:

         チェックが遅れて、早々のご回答頂いていましたのにお礼の返事が遅れてすいませんでした。 勇気がでる情報で、本当にありがとうございます。

        来年、是非チャレンジします。
        時間はたっぷりありますし、1回でだめなら、次回訪タイの時にというつもりで頑張ります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

これからどんな闘いがあるにせよ、まずはドンを稼ぐしかないということ

「コイツらヒドいなマヂで!」 という書き出しで公安についていろいろ書いてみたもの …

「123方式」がもし本当に画期的ならばいつかきっと普及するに違いない

「タイ語をカタカナで記述する場合、アクセント(声調)をどーすれば良いか?」。 何 …

知り合いの突然の訃報について

ひょっとしたらそんな必要はないのかもしれないけれど、少し責任を感じてしまう。 S …

事件も事故も甘んじて受け入れるしかない件は承知の上で

まったくトンデモナイ事件が起こり過ぎだろこの国。 移住当初から日々顎がハズれるレ …

必要以上にビビり過ぎなのかもしれないが

コワイなあ。ホントにコワイわ。この国。 ハノイに移って来てから今までいろんなこと …

タイでは男女問わず普段から皆裸でウロウロしてるんだよ

とにもかくにもまずは謝罪せねばなるまい。 こちらの目的が何であれ、こうして世の中 …

これだけ可愛くないキャラもなかなか珍しい

ニッポンからタイに遊びに来た女子を案内したことは何度もあるが、そのうち四人は一人 …

クマの縫いぐるみに涙腺を刺激させられて思うこと

タイで暮らすメリットは数えきれない程たくさんあるが、例えば今日なんかは特に痛切に …

「郷に入りては郷に従え」を曲解してはいけないのだ

「あれ?いつの間にあんなモノが……」 「ドルフィンロータ …

バックトゥーザフーチャー前後二日間は全員おとなしくしていること!

ウィサーカブーチャだかバックトゥーザフューチャーだか知らぬが、まったくもう勘弁し …