P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

相変わらずタイ(特にパタヤ)が平和であることはおそらく間違いあるまい

      2016/02/24

「雨だ」

野菜売り場のおばちゃんが高い天井を見上げながら言った。

おそらくトタンであろう屋根に大量の雨粒が当たる音は長らくタイに住んでいれば聞き慣れていて「ああ。来たな」と思うだけだが、最初の頃はいったい何が起きたのか?とビビったものだ。
その時私はbigCにて買い物中。おばちゃんにサラダバーの袋の重さを量ってもらいつつ、帰りは多少濡れるのを覚悟した。

雨が降るのは、少なくとも私が知る限り今年初めて。最近のパタヤはすっかり暑くなって、室内の温度計も摂氏30度に限りなく近づいてきた。これからはいよいよ暑期となりソンクラーンに向けて陽射しは強くなる一方だ。

ただ、まだ本国が寒いからなのか街には長期滞在らしき西洋人達が溢れていてバービアはどの店も一杯。土曜日の夜、S氏と共にソイブアカーオ辺りを徘徊したが「ビールでも飲みますか」と空席を探すのにかなり苦労する程だった。どの店もビールの小瓶がだいたい55THB〜であり、昼間から飲んでいても後ろめたさなどまったく感じない。タイは平和だなあ、とつくづく思うのであった。

日曜日は知人からゴルフに誘われ、バンコク方面でプレイした後パタヤに戻る道中は混んでいなかった。しかし、夜になって買い物に出掛けたら家を出た途端大渋滞。変だな、と思ってよくよく考えてみるとその日はヴァレンタインデイであり、つまりはヴァレンタイン渋滞なのだろう。
渋滞

「センタン」前はまったく進まない程。ラヴラヴカップルがこぞって街へ繰り出しイチャイチャするに決まっている。まったく平和そのものだ。
ヴァレンタイン渋滞

さて、bigCに何を買いに行ったかといえば湯沸かしポットである。昨日突然ぶっ壊れた某「PRINCESS」のポットは私の記憶が確かならば既に7年は使っている。タイに移住してすぐに購入して以来の付き合いでオランダの家電メーカーの商品。1500THBと高かったがデザインが気に入った。まあ、寿命と考えてもおかしくはあるまい。
壊れたポット

家電ショップ「Powered by」に行くもあまりいい商品がなく、某「T-fal」の小型ステンレスポットが1300THB。保温できるタイプでも良いがニッポンの各メーカー製品は色や柄がヒドい。基本白が多いし蝶が飛んでいたりするのだ。
で、隣りのbigCに行ってみると目に飛び込んできたのがピンクのジャーポット。色が濃くちょっとどぎついピンクだが取っ手などが黒でギリギリ許容範囲か。価格は699THBと安い。よし!コレにしよう。
ジャーポット

お湯の目盛りの横にカタカナ(しかも変なフォント)で縦に「ジャーポット」と書いてあるのがヒジョーにダサいが、タイ人向けなのでまあ仕方がないか。早速コーヒーを飲んでみる。うむ。ちゃんと熱湯が出るぞ。この某sharp製のポットがいつまで保つか見てみよう。

あと、最近したことと言えばバイクの車検くらいか。いつも行くところでチェックしてもらい税金690THB支払うと二日後に車検の紙が来る。このバイクももう五年程乗っているが、トラブルはほとんどない。オイル交換もマメにしてるし、消耗部品もちょくちょく交換しているからね。
車検屋さん

車検

紙

一応排ガスチェックもする。
排ガスチェック

パタヤでの近況はそんなところだろうか。

ここしばらくはかなり贅沢な暮らしをしてきたので、キッチンもあることだし今後は自炊して節約生活に努めようと思う。家賃が無くなった分、以前よりも多少は安く暮らせるはず。昨日電気水道代の請求が来たが、合計220THBと安かった。冷蔵庫はインヴァーターだしTVもLED。エアコンも何日かは使ったけど思った程高くなくて良かった。
光熱費

以前の様なケチケチ生活に戻れば月々20000〜25000THBで暮らせるのではなかろうか。その代わり引き蘢ることになるが、特に問題あるまい。

というワケで、誘われると断れないタイプの私のことをどーか誘わないで下さい。笑

雨はかなりまとまって降ったが、ゴミを捨てに部屋を出たら廊下の水道メーターの蓋から雨漏りしていた。このフロアだけではなかったのでメーターボックスに隙間でもあるのだろうか。まったくこの腐れコンドーはダメダメだな。
メーターボックス

雨漏り

とりとめない内容となってしまったけど、

とりあえず近況をお伝えした次第である。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

カレシ持ちタイガールの耳許で下ネタを囁くことのコワさ

「え?十八才なの??」 「Nットゥが今日誕生日だから一緒に飲もうよ」というM嬢か …

この季節になると必ず思い描くいくつかの風物詩

「寒っ!」 タイでは「デフォ」のエアコン効かせ過ぎ室内は別にして、今シーズン初め …

やたらと薄さを推してくるその店

その眼鏡屋さんは個人店ではなくチェーン店。制服は紺のジャケットというかブレザーで …

国歌が流れれば老若男女問わず直立不動なのだ

暑い。暑いぞ。 涼しかったのはほんの束の間で、また暑さが戻って来た。寒い国からの …

「Pratumnak hill」エリアのコンドーについて

「WS」があるサウスパタヤ辺りには昼間ほぼ用事がないのだが、今日は買い物に寄った …

新人55嬢の弱みに付け込みつつ為替相場の現状を嘆く

「世も末だな」 思わずそうつぶやいたのはこの国の夜の社会の現状についてか、それと …

妄想の世界だからこそできることもある

「GW」も終わりかなり静かになったパタヤ。 寒い国から避難してきていた方々は本国 …

パタヤに住んでからメッキリ低くなった「ストレス耐性」

「参ったなあ」 一頃は虚勢を張って生きていたものの、元々「蚤の心臓」なのである。 …

藁をも掴む就職活動

たまには更新しないと一部の方々に生存を疑われそうだが、なかなかそんな気分にならな …

計画性のない私ごときが言う筋合いではないけれど

サウナで声を掛けられたNン嬢の勤務先へ行ってみた。 某「LINE」という名のその …