P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

クレイジーなバカらとは付き合っていられない

      2017/02/11

バンコクコワイわ〜。

彼(女)らが変わってしまったのか、それとも変わったのは私の中の何かなのか。

とにかく間違いないのは以前、というか少なくともこの国に来たばかりの頃と比べて一部タイ人の印象が変化している件。それをバンコクに限定するのはちょっとどーかと思うけれど、パタヤではそんなことないからやっぱりなあ。そして、おそらくは前者なのだろう、とも思う。

ニッポンから知人が訪タイしたのでバンコクでちょっとお付き合いして来た。
バスに揺られて一泊二日の小旅行。宿泊費をもってくれるしそこそこのグレードなのでまあ良いが、そーでなければプライヴェートで行く気などとっくの昔にない渋滞と人混みの大都会。書く度に悪口のような感じになってしまうのは起きる出来事のせいであり、申し訳ないがそれらは事実なのだから仕方がない。

「微笑みの国」ではなかったのか、タイ王国の住民達よ。何をそんなに「イライラ」するのか。そんなに怒られてはこちらまで「イライラ」してしまう。まずは君達だ。そう。55バーのサーブ、つまりホールスタッフの貴様らのことだぞ。おいコラ!

まあ、確かに彼女らの態度はずっと以前から悪かった。しかし一昨日の晩はまったくもってヒドいヤツばかりで、普段おとなしい私もかなりアタマニキタ。おそらく法則としては「流行って客がどんどん来る」→「店員の態度が生意気になる」ということなのだろう。某「バカら」になんてもう二度と行くもんか。店内でちょっと立ち止まってステージを見上げただけで「おい。早く座れ。座らないならとっとと出て行けやこのボケ!」と、鬼の形相で突き飛ばされるようなあんな暴力バーになど。

クレイジー
某「CRAZY HOUSE」という、ソイカーボーイ略して「ソイカ」の(ラチャダー側が表だとして)裏側のスクムヴィット23沿いにある店の評判が少なくとも2チャンネルでは良かったので行ってみたら、実際まあ内容がよく客の入りも相当なモノだったので店員も当然エラそうな態度になるワケで。それにしても。それにしてもである。

某「馬鹿ら」と同じく良い席を探しているだけで「早く座れ」攻撃は激しいし、座ってからも傍らに立っているスタッフのババアにしつこく絡まれる。ブリラム出身の貴様ぢゃ!クソボケ(失礼しました)!!。無視するワケにもいかぬから少し話し相手になっただけで「レディースドリンクを奢れ」だと?は?ただでさえ手前らの態度にムカついているのに175THBも払ってご機嫌を取る理由など1ナノもあるものか。
それでもまあそいつは隣のテーブルでコーラを飲みつつ離れないし、実際そーやってドリンクをご馳走してもらっているのだから益々態度がデカくなるのだろう件は分からなくもない。しかし、「お前うっとーしーからどっか行け」と「シッシ」と追い払うこともなくこちらはおとなしくしているのに、やたらと触ってくるわ足は踏んでくるわ本当にいい加減にしろよ。で、帰るとなれば「チップくれ」「チップくれ」大攻撃。もちろん払うはずもなく断れば腕を拳で殴られ、しまいにはビンタされる。カワイコちゃんならむしろ嬉しいけれど、相手はガリガリのおばちゃん。畑仕事のせいか手はゴツくて結構痛いのだ。店名の「クレイジー」とはお前のことか。

いやいやいやいやいや。さすがにないわ〜。しかも冗談っぽくなく顔がマジだから対処に困ってしまう。もーコワイわ。ホントに。

あとはまあ、オッケーとも言っていないのに勝手に自分のドリンクを持って来て伝票を伝票立てにねじ込んでしまう某「スージーウォン」の自称ママさんなど枚挙にいとまがない。「パタヤの55は平和でいいなあ」とつくづく思うのであった。

さて、そんな中でも「せっかく広い部屋がとってあるので」と、知り合いの55嬢をペイバーして彼女の友達も一緒に某「clymax」へ。帰りに「部屋で飲もう」と「7-11」でウィスキイを買おうと思ったら「今(深夜)三時なので売れません!」の一点張り。(もちろん法律上禁止と知った上で)「まあそうカタいこと言わずに」と宥めても聞く耳などもたないし、ちょっと怒っている。パタヤではそんなことまったくないからなあ。しかしまあ、これは明らかにこちらが悪いね。

で、G嬢が店まで戻ってウィスキイを持って来て三人で部屋飲みをすることに。スクムヴィット23をちょっと入ったところにあるコンドーの一泊貸しスタイルの宿泊先で、預けた鍵を受け取る為に寝ていた受付嬢を起こしたのがマズかったか。その後また近所のカラオケボーイ店まで歩いて飲みに行き、どうやって部屋に帰って来たのかまったく覚えていないほど珍しく泥酔。

翌朝、知人からの電話で起きたのが十一時。チェックアウトは十二時なので三十分後にロビイで待ち合わせたけれど、二日酔いでそれどころではない。何とか一度ロビイまで降りて受付嬢に「連れを起こして来るからちょっと待ってね」と一度部屋に戻る。バスタブにお湯を溜めて入ると少しだけ生き返り、G嬢を無理矢理起こしてシャワーを浴びさせる。時間は十二時半だ。
すると部屋のドアが「ドンドン」と叩かれ、出てみると受付嬢が鬼の形相で「まだか!?」とメチャメチャ怒っているではないか。

高級ホテルでない限り、タイではチェックインチェックアウトの時間はそこまで厳しくないと思っていた。実際、ゲストハウスなどでは三十分くらいの遅刻で厳しく言われたことなど一度もなかったし、そこまでカンカンに怒らなくてもいいのに、と思う。

もう、コワイわ〜。

そして昨日。地下鉄やB.T.Sで移動しているうちに何度もエスカレーターに乗る機会があったのだけど、どうやら最近は片側(左?)を空けて急いで行く人に道を譲るというニッポン的システムが定着しつつある様子。
フアイクアン

エスカレーター

Asok

夕方の地下鉄スクムヴィット駅では、事情の分からないらしき人がフツーに立っていたら後ろからさんざん文句を言われていた。
いやいやいやいやいや。いくら急いでいるからってそこまで怒らなくてもいいでしょうに。

ねえねえなんなの?いったいなんでそんなに「イライラ」しているの?

経済発展著しいせいで皆心がトゲトゲして来ているのではあるまいか。最大の魅力とも言える「ユル〜い」雰囲気が失われていってしまいそうで、

何だかちょっと心配なのである。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

先輩の古い女友達が頭を悩ませる状況とは

それにしてもまあ、訪れたことのない異国の地において自分のやっているビジネスができ …

必要以上にビビり過ぎなのかもしれないが

コワイなあ。ホントにコワイわ。この国。 ハノイに移って来てから今までいろんなこと …

結局旅の想い出はハプニングではなかろうか、とも思う

海外に知人が住んでいると、その国に旅行する際にはとても頼もしい存在となる。 十四 …

ただ単に寒がりなだけなのかもしれないにせよ

「帯に短し襷に長し」とはちょっと違うのかな。とにかく、条件にピタリとハマるという …

パタヤの想い出①:ツアーで訪れていた頃

想い出に浸ることの是非はさておき、もし仮に興味がある人がいるのならば、楽しかった …

そんなモノまでオプションなのか!とビビってはいけないこの国

コンドーについての続報である。 木曜日に登記が終了し受け渡しとなるはずが、水曜日 …

生春巻きの国なのだから

連休最終日もいよいよ午後になり、ちょっと散歩がてら近所に買い物に。 今住んでいる …

恐ろしく忙しい日々がやってくる

日本人の皆様がご来社いただく一方で、ヴェトナム人の皆様方も毎日毎日ひっきりなしに …

輩達との闘いは果てしなく続く

「十倍かよ!」 遂に捕まった。 まあ、ハイシーズンのパタヤと遜色ないほどケーサツ …

タイでは男女問わず普段から皆裸でウロウロしてるんだよ

とにもかくにもまずは謝罪せねばなるまい。 こちらの目的が何であれ、こうして世の中 …