P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

かのイタリアでどーも。歌うカッコいい国歌。歌うモードでありたいのか?(ネタバレ有り)

   

「やっぱりカッコいいなあ!」

イタリアの国歌を久しぶりに聴いて思うのだった。
正直、ドイツとイングランドの国歌はもう聴き飽きた。何しろ優勝するのはいつもメルセデスばかりなのだから。

そう。F1GPの話である。

先程終了した前半戦最後のハンガリーグランプリは、終盤にかなり順位が入れ替わってなかなか面白い展開だった。ネタバレになってしまうが、表彰台にて優勝ドライヴァーと優勝チームの国歌がそれぞれ順番に流れるのであり、現状イタリア人ドライヴァーは居ないので、フェラーリが勝利を飾ったことになる。
ヴェッテルやフェラーリの社長が、いずれチームに入る予定だったという先週亡くなったばかりの若きフランス人ドライヴァー、ジュール・ビアンキへの追悼と共に「この勝利を捧げる」とコメントしており、ちょっと「グッ」ときた。
http://ja.espnf1.com/ferrari/motorsport/story/204951.html

心よりご冥福をお祈りしたいと思う。

さて、しばらくの間観ていなかったF1だが、タイに来てから再び観るようになったのは、よーするに時間がタップリあるから。しかし、数年前まではそれなりに面白かったのに、1.6リッターV型6気筒ターボエンジンになった昨年から一気にツマラなくなった。

その最も大きな理由はエンジン音。低くこもったような音であり、2.4リッターV8自然吸気エンジン当時の迫力がまったくない。おまけにガソリンの搭載量まで制限され、チームやドライヴァーが燃費まで気にするようになってしまい、以前に比べて抜きつ抜かれつの展開が「グッ」と減り、しかもかなりタイムが遅いとなればもう魅力はほとんどない。
当然「レギュレーション」の問題も大きいが、商業的にも間違った方向に行っていないか。いくら環境問題に敏感な時代であっても、モータースポーツ、しかも最高峰のF1に限ってはそんな細かいことなどまったく気にせず、思い切りガソリンをまき散らしながら競い合うべきと思う。

このままではどんどん人気が無くなるのが明白であり、できるだけ早い対処を願って止まない。
というよーなことは専門家を始めいろんな人がしつこく言っているからもういいよね。

家のケーブルTVでは観られないのでいつもわざわざ近所のバービアまで出向くのだが、そこはドイツ人の溜まり場であり、メルセデスチームとヴェッテルさえ調子が良ければ大盛り上がり(ヒュルケンベルグも?)。
「HONDAエンジンはちっとも調子が上がらないのお。ほほほほほ」とたまに声を掛けられるが、慰められているのか何だかよく分からない。悔しいけれども、完全なアウェイなので、まあ仕方がないか。

それにしても、少なくとも私の知る限り一番カッコいい国歌は断トツでイタリアだと思う。

「カッコいい」の定義は曖昧だが、勇ましく勢いがあり、例えばサッカーの国際大会の試合前のように「これから闘う」というタイミングで皆で歌うには「バッチリ」な気がする。途中で一旦転調し、少しだけマイナーコード進行になった後、最後にまた一気に盛り上がるあの感じがタマラナイ。ま、これはあくまでも個人の感想だが。

というワケで、敬意を表して回文(上から読んでも下から読んでも同じ)を作ってみた。

「カッコいい国歌」自体がすでに回文なので、

少し足してみただけなのだが(無理矢理か?)。

表彰台


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

「トムとジェリー」の世界へようこそ

「八月ね」 新しく担当になったオカマちゃん(と言ってもキレイ系ではなく重量級)は …

「夜型」の「怠け者」にはピッタリの街

十二月に入っていよいよ街も賑やかになってきた。常夏の国に居ると気付かないが世界的 …

名門ゴルフコースを前ににビビる

ゴルフ歴は相当古いが、「バブル崩壊」と共に熱は冷めしばらくの間封印していた。しか …

Honda LPGA Thailand 2015観戦記

パタヤに住むようになってから毎年観に行っている。 会場は家から三十分であり、多少 …

お詫び

パタヤの情報をお届けする、という本来の主旨からはほど遠い内容の投稿が続いており、 …

ただ毎日ボーっとして過ごすだけの生活の是非

タイに帰国してアッと言う間に二週間過ぎ去った。 ただ毎日ボーっとして過ごしている …

やたらと薄さを推してくるその店

その眼鏡屋さんは個人店ではなくチェーン店。制服は紺のジャケットというかブレザーで …

楽園が楽園でなくなる日

矛盾とか葛藤とか、心の中で相反する気持ちがぶつかるのは人として時に避けられないこ …

偶然を装った似非自由恋愛志向女子の巣窟

「狭い街」であるパタヤでは訪れる場所も限られてくるので、知り合いと偶然よく顔を合 …

想い出を語るようになってはもうオシマイと分かってはいても

そんな時代もあったね、と、中島みゆき嬢が歌ったのが1975年。もう42年前なのか …