P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

パタヤの洋食レストランを紹介しよう2022年①

   

「ヨーロッパ人はスゴイな!」

イタリア料理のコースで二皿目がパスタなのはまだ理解できる。メインの前であり量も少ないからまあ問題ない。しかし、メインのあとにチーズが出てくるのはどーなのだ。しかも結構しっかりとしたカット。既にお腹いっぱいでそんなに食べられない。というか先に出して欲しい。しかし彼らはペロリと平らげて更に濃厚なデザートで締めるワケで。スゴイわ。マジで。
↑↑↑↑↑
この記事、実は6月15日に書き始めて下書きのまま保存してあったもの。せっかくなので今更ながら続きを書こうと思う。

というワケで、元々どちらかと言えば「和食より洋食派」の私の場合、今回のパタヤ滞在中部屋ではもっぱらワインとチーズとパスタ、外食はほぼほぼ洋食のみだった。一人であれば某「Sizzler」のサラダバーもしくはソイブアカーオ(2222112)辺りでモーニングセットやサンデーローストなど。で、今回はお誘いを受けて初めて訪れた店を何軒かご紹介しよう。

「Casa Pascal」はあらためて私が紹介するまでもない有名店。「パタヤで最高の朝食ブュッフェの店」という謳い文句で知られるが、ディナータイムにワイン飲み放題のコースがあるということで某「P.M.G」メンバーお二人と共に行って来た。
「前菜+スープ+メイン+チーズorデザート(フリーワイン付き)」のAコースが1,390THB(税込み)。

とりあえず前菜の前になんか出てきた。あと、パンにつけるバターとマッシュルームのオイル漬(*パンの写真なし)。

この時はシーズンということでオランダ産直のホワイトアスパラガスがメニューにあったので、前菜とスープでいただいた(*スープは100THB追加して変更)。

口直しにソルベ。

メインはビーフ。

ワインは何種類かあるので白赤それぞれいろいろ飲んでみる。

で、メインの後にチーズ。4種類で結構量がある。これを最初に出して欲しいという話だ。

同店がどこの国メインの料理なのかよく分からぬが、店名からしておそらくスペインかな(*カーサは家の意)。内容はフランスっぽいけど。いずれにせよ日本人の私はお腹いっぱいである。ワインもたらふくいただいたし。

この日にランチブュッフェの割引チケットをもらったので、後日一人で行って来た。外で焼いてくれる「BBQ」がウリっぽい。写真はないけどもちろんコーヒー紅茶などフリーである。








ザックリとした紹介だけど、味はまあ文句ないし、日本に帰って来てから思い出せばやはりパタヤはコスパが良い。ちなみに昨日広島のタイ仲間とイタリアン行って来たけど、グラスワイン800円だし、値段の割に料理のポーション(盛り付け量)が少な過ぎる。ワインは日本の方が仕入れ価格は確実に安いはずのになんであんな値段になるのかなあ。

ミーティングの内容は「年末年始のタイツアーについて」だったけれど、今から行くのが楽しみで仕方ない。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ









 - グルメ, ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

パタヤの洋食レストランを紹介しよう2022年②

またやってしまった。 レンタルサーバーとドメインの更新時期が2年ごとにやってくる …

いっそ現地案内所でもやる?くらい人気の国に戻って来た

パタヤに戻った途端、台風の影響による大雨と洪水に遭遇。 ニッポン滞在中ずっとサボ …

au bon pain(Pattaya AVENUE)

「オーボンパン(パタヤアヴェニュー店)」☆☆☆☆ フランス発の「シアトル系」(セ …

やり残したことは本当にないのか日本!

(マズいなあ……) 最近気になることと言えば、体重の増加 …

拝啓 タイ王国入国管理局の皆々様方

「マヂかよ!?」 ルールがコロコロ変わるのも、その告知が突然であり直前なのもタイ …

疲れて腰が痛い中サイト復活のお知らせ

皆様ご無沙汰しております。 クレジットカードの有効期限切れが原因でレンタルサーバ …

藁をも掴む就職活動

たまには更新しないと一部の方々に生存を疑われそうだが、なかなかそんな気分にならな …

南国特有の「ユル」さがウリではなかったのか、と嘆く

「ま、確かに悪質ではあるな」 時刻は午前十時半。行きつけのカフェのいつものテーブ …

6種類の声調と11種類の母音の組み合わせが天文学的数字に思える件

「???」 「私はニッポン人です(トイランゴーイニャットゥ)」と、とりあえず挨拶 …

確実にあるのは、コワイけど気になる何か

そもそも、この島にはまだまだ謎が多いし、個人的には結構怪しいと思っている。 一番 …