P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

私をサウナに連れてって

      2017/02/09

情報統制で某「LINE」ができない中国で流行っているらしきメッセンジャーアプリ某「微信(ウェイシン、別名WeChat)」というヤツがちょっとオモロイのは「(近くにいる人)発見」という機能であり、つまり(*GPSを使って)100m単位で自分の廻りの利用者の所在が分かり、いきなり友達申請ができるのだ。

よーするに、某「LINE」とは違って「出逢い系」の要素が相当強い。

案の定、タイ(パタヤ周辺)でやっているのはオカマちゃん及び年配のバービア嬢がほとんどと思われ、目的はズバリ売春だろう。そんな中、登録したら早速興味深いことが起こっている件は既に他のところに書いたので、その流れで最近の女子事情を検証しておきたい。こーしてたまに文章にしないと、自分でもどーなっているのか分からなくなるのでまったく困ってしまう。

さて、M嬢からはまったく連絡がない。時々「fb」を覗きにきている様子があるくらいで、おそらく、ニュウボーイフレンドとの仲が上手くいっているのだろうから、とりあえず心配はなさそう。放っておけば良いだろう。

Pン嬢は相変わらず「フニャフニャ」しており、バービアで仕事をするも「ヒマ過ぎて飽きて店を替える」という繰り返しである。正月明けも五日間仕事をサボり、よほどお金がなくなったのか連絡があって「遊びに行きたい」(そう言わないとこちらが乗って来ないから)と言うので、某「Lucifer」へ連れて行くも、今年十九才の彼女はまだ入店できずセキュリテーに「500THBで入れてやる」などと生意気なことを言われ、仕方なく某「insomunia」に。「HipHop好き♪」のPン嬢、今ひとつノリが悪く一時間程で「お腹空いた」と。クイティアオ(22112)を食べた後、部屋に送る。

「寝るのは一生タダ」という約束は取り付けたものの、正直内容はかなりお粗末だし、結局、金銭目当てであることは疑いようもない(当たり前か)。先日も「本当に本当にお金ないから五百バーツ頂戴」と懇願され、「あること」を条件にあげる(もちろん「寝」た上で)。私がよほど「ケチケチ」と分かっていよいよ無心が百バーツ単位になってきたのが笑える。それでもこちらから与える時は「何かを引き換えに」というのが師匠の教えなのであった。ちなみに彼女に渡した総額は3000THB。セックスの回数で割れば充分採算は合う(?)が、これ以上お金を使う気もないのでそろそろ限界だろうか。

サウナでナンパされた謎の女Nン嬢。「カウントダウン」ライヴを観つつほぼ丸一日一緒に過ごし、部屋にも入れてしまったが結局何もせず。バーのような店で勤めているけれど売春をしているのか否かが未だによく分からず、対応に苦慮している。夜は毎日仕事であり、昼なら時間があるからサウナに行く時は誘ってね、と言われている。「私をサウナに連れてって」(*若い人は分からないかも)というワケだ。

某「LINE」をやっていないし電話もほとんど掛かってこないのでしばらく話していないが、頻繁に連絡があるよりも正直これくらいのペースの方が個人的には有り難い。そーいう意味で彼女とは仲良くなれるかもしれない。サウナには明日にでも行こうかと思っている。

一度だけ「クラブ」に遊びに行ったバービア嬢Pン(no.2)とは、それ以来一度会っただけでほとんど話もせず。彼女とも何もしていないが、一度部屋に行って添い寝しただけでなんだか満足してしまった。寝相やスッピンを見たし、セックスアピイルもほとんどないのである。ただ、話し易く(下手なタイ語の理解力が高い)、癒される感じではあるので、たまには飲みにでも行こうかな、と、今こーして文章にしてみて思う。

というワケで、まとめてみるとよ〜く分かるが、まあ、女子関連はこれくらいの感じが丁度良い気がする。何しろ、誰にも縛られたくないのだ。かと言って、まったく何もないのはあまりにも寂しいではないか。どちらにせよ、基本的には独りが楽だから、これ以上は手に余る。

最近、秋のようなウロコ雲がキレイな日がよくある。そんな涼しい日が続く中、とりあえずはNン嬢が「500THBで買った」というビキニを見てみないことには何も始まらない(*まあまあスタイルが良いのでちょっと期待している)。

「彼女が水着に着替えたら」(*若い人は分からないかも)いったいどーなるのか。

それだけが密かな

楽しみなのだった。
鱗雲


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ニッポンの空気の冷たさとカキフライにサヨナラ

「ロォーンマークノ(2333223)」 ついついサウナルームでつぶやいた独り言が …

国歌が流れれば老若男女問わず直立不動なのだ

暑い。暑いぞ。 涼しかったのはほんの束の間で、また暑さが戻って来た。寒い国からの …

近頃のニッポンにちょっとだけ沸く興味

海外で暮らすようになってから客観的に見られるようになったニッポンという国。 住ん …

桁違いのお金持ちはやはりやっていることがスゴかった

現状のヴェトナムにおいてお金持ちとは基本的に元々の大地主、というか地権者が多いと …

チェンマイで起きた二つの事件を無理矢理ポジティヴに捉えるとするならば

「やっぱりパタヤがいいわ〜」 心からそう思わせるにはやはり理由があるワケで。 こ …

buy1get1freeプロモーションが示すものとはいったい何か

いやいや。モップが足に当たってるし。 カフェでコーヒーを飲みつつ物思いに耽ってい …

楽園が楽園でなくなる日

矛盾とか葛藤とか、心の中で相反する気持ちがぶつかるのは人として時に避けられないこ …

出来上がったその日が完成日なのです

「まったくドイツもコイツも!」 もうすっかり慣れたはずなのについつい「イラッ」と …

在住者にとっては快適な「ローシーズン」がやって来た

相変わらず毎日暑いタイであるが、それが好きで住んでいるのであって、ニュースを見て …

ホンモノの恐怖とは(彼らが家の中に居ると想像するだけで)

(寝ている間、もし体の上を通ったら…) 想像しただけで背筋も凍る恐ろ …