P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

6種類の声調と11種類の母音の組み合わせが天文学的数字に思える件

      2016/03/08

「???」

「私はニッポン人です(トイランゴーイニャットゥ)」と、とりあえず挨拶替わりにまずそー言ってみるのだが、まったくもって通じない。あまりにも通じなさ過ぎて思わず笑ってしまう。

相手は道行く人だったりマッサージ嬢だったりするワケだが、例えローカルエリアで普段ニッポン人客が少ないとしてもそれらしき外国人が話す言葉なのだからもう少し愛を持って聞いて欲しい、などと思うのはプロのタイガール達の扱いに慣れてしまっているからなのか。

「元気ですか?」「分かりました」「いりません」「お先に失礼します」など次々に試してみても全然通じないし「ありがとう」すら未だに自信がない。

前回初めてハノイを訪れた際にも「可愛い」という言葉を必死に憶えて、ちょっとでも可愛らしいコを見付ける度声を掛けまくってみたもののやはり恐ろしい程通じなくて相当ガックリきたものだ。

理由は何か?

六種類ある声調(アクセント)はもちろん十一種類ある母音の違いもあって、両方がピタリと一致しなければ現地のフツーの人達には通用しないのかもしれない。
だとしたら大変だ。その両方を完璧に憶えるのには相当な努力を要するに違いない。

う〜む。先が思いやられるなあ。

しかし、唯一救いがあるとすればそれは文字であり、基本アルファベットに近いので勉強すれば読めるようになる可能性がある。
タイで計二年語学学校に通ったものの結局読み書きは完全に諦めた私にとって「これなら何とか読めそうだぞ」という希望が持てるのはヒジョーにありがたいのだ。

とは言え。
まずは母音からだな。

「ア」が三種類「エ」が二種類「イ」が一種類「オ」が三種類「ウ」が二種類。と説明してもカタカナでは書ききれない。タイ語は九種類あるけれど更にややこしいなあ。本の解説を読んでも「ニッポンのオとアの中間」が二つもあり、どーやったら区別できるのかサッパリ分からない。

などと、頭で理解しようと思ったって所詮は無理。実際の単語で試してみてひとつづつ潰していくしかあるまい。

「私はニッポン人です」を、仮に無理矢理カタカナ表記すれば
「タ(オ)イ、ラ、ンゴ(ア)ーイ、ニャ(オ)ット(ゥ)」となるのかな。
あとは私がタイで実践して来た声調の「123方式」で表記すると
「22121111」。いやでもなあ。細かく言えば「1.5」と「2.5」があるんだよね。てことは
「221.521.5111」になるのか?

一度試してみよう。

……。

やはりダメだった。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

*この手の店がたくさんある。
ローカル店

スティームサウナとマッサージが300000ドン(1500円位*1時間)。
個室

契約したケータイキャリアの最大手。SIMカードは50000ドン。
ケータイキャリア

住むことになったアパート。月々15000円程度(光熱費別)。
アパート外観

吹き抜け。
吹き抜け

朝はまずコーヒー(25000D)。
ホットコーヒー

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

結局旅の想い出はハプニングではなかろうか、とも思う

海外に知人が住んでいると、その国に旅行する際にはとても頼もしい存在となる。 十四 …

昔のパーティー仲間と共に週末はパーティー?

現在の私の同居人33才のT嬢とは十年来の付き合いであり元々は山仲間、つまりレイヴ …

「ライバルが多過ぎるんだってば!」と、叫びたくなる気持ち

タイに行って来た。 もちろんパタヤにも寄ったので、このサイトの主旨からすればその …

在住者にとっては快適な「ローシーズン」がやって来た

相変わらず毎日暑いタイであるが、それが好きで住んでいるのであって、ニュースを見て …

客の少ないクラブなんて

どーやらマズい雰囲気だなあ。 昨晩、ここ数年来の女子友達M嬢から連絡があり「新し …

チーズとワインのチョイスに悩む日々

日常的に消費カロリーがあまりにも低い為摂取カロリーを制限し続けねばならない、とい …

食べ物がウマい、くらいしか思い付かないポジティヴ要因

寒い寒い寒い寒い寒い。 ケータイで気温をチェックすると15℃とかだし下がっても1 …

刺激されたり削がれたりする創作意欲

レンタルサーバー会社から更新の通知が来て、あれから一年経ったことを知る。 先回は …

出来上がったその日が完成日なのです

「まったくドイツもコイツも!」 もうすっかり慣れたはずなのについつい「イラッ」と …

イヤならやめておいてのひとことで終了なのだった

暑い暑い暑い暑い暑い! ハノイの夏がこんなに暑いとは思ってもみなかった。 陽射し …