P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

新規オープンの事実を知ってしまった以上は

      2015/03/18

紹介するのがすっかり遅くなってしまったが、二週間程前新しくオープンしたのには気付いていた。何しろいつも行くカフェの向かい側なのだ。
空き店舗の内装工事が始まり、(何ができるのだろう)と思っていたら「アッ」という間に正面にデカい看板がついた。

ネオン

そう。有名な米国発のデリバリイピザショップである。
「アメリカンスタイル」のピザはあまり好きぢゃなく個人的には用事がないのだが、できたのを知ってしまった以上は取材せねばなるまい。オープン当初は何らかの「プロモーション」があるはずだし、情報公開は早い方が良い。店内でも食べられるので早速行って来た。
ドア

店内

実はこの手の店は初めてなのだが、フツーのファーストフード店のようにカウンターにメニュウが置いてあったので一番安い「スパイシイチキンピザセット」を注文。「15ミニッツ」と言われる。ピザが焼き上がるまでの時間だろう。ドリンク(スプライト)とビニイル皿とナイフとフォークを渡されたのでとりあえずテーブルに。
スプライト

時間は午後六時。店内はロシア女子客二人。真っ赤なビニイルレザーの椅子に座り待つこと約五分、ハコを持ったスタッフがやって来た。なるほど。セルフサーヴィスではなく店内でも一応「デリヴァリイ」してもらえるのか。
ナゲット入りのハコ

中身はチキンナゲットだった。BBQソース付きだ。そーいえば、ニッポンの某「Mac(dnald)」のナゲットもタイ生産になったのだっけ。
チキンナゲット

ハコ代が無駄なよーな気もするが、余計なお世話か。食べているうちに今度は変型六角形のハコが運ばれて来る。さてはピザだな。
箱

これで中に「あと五分だけ待ってね♡」などと書いた紙でも入っていたら笑えたが、そんなことはなく中身はちゃんとピザだった。
スパイシーチキン

唐辛子の粉とオレガノをふりかけていただく。
皿

味はごくフツー。生地が分厚くて「しっとり」よりも、やはりイタリア産「デュラムセモリナ粉」を使った「パリパリ」「モチモチ」生地の方がウマいと思う。モッツァレラチーズもできればヨーロッパ産で。などと贅沢は言わないが、まあこれはあくまでも「パンピザ」であり、本場の「ピッツァ」とは別物だ。もちろん好みの問題だが。
ただ、何故かタイガールはこの手のピザが大好きで某「ピザカンパニー」某「ピザハット」は若いコ達に人気がある。結構高いんだけどね。なので、ここへ連れてくれば多少安上がりかもしれない。ま、基本的には宅配が便利だとは思うけれど。

とりあえず今やっているプロモーションは、ある種類が50%オフで「buy1get1free」のモノもあるようだ(*詳しくは電話か店頭で)。

う〜む。やはり再訪はないな。

ピザは好きだし店もうなるほどたくさんあるので、機会があればそのうち
「パタヤピザ選手権」的な企画もやってみたいと思う。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - グルメ, ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

News steaks & grill

「ニュース ステーキ&グリル」☆☆☆☆ 「なんちゃって」とは言え一応は「ビーチリ …

計画性のない私ごときが言う筋合いではないけれど

サウナで声を掛けられたNン嬢の勤務先へ行ってみた。 某「LINE」という名のその …

BON CAFE

「ボンカフェ」☆☆☆☆ ナクルア地区にあるスイス発のカフェ。エスプレッマシン等の …

「お話があります」と従業員から言われる時

「お話があります」と、従業員から言われればそれはもうほぼ「辞めたい」という内容に …

刺激されたり削がれたりする創作意欲

レンタルサーバー会社から更新の通知が来て、あれから一年経ったことを知る。 先回は …

これだけ可愛くないキャラもなかなか珍しい

ニッポンからタイに遊びに来た女子を案内したことは何度もあるが、そのうち四人は一人 …

6種類の声調と11種類の母音の組み合わせが天文学的数字に思える件

「???」 「私はニッポン人です(トイランゴーイニャットゥ)」と、とりあえず挨拶 …

根拠のない自信をアッサリと打ち砕かれた時

特にコレといった根拠はないのだけれどあることに対してスゴく自信がある時と、そうで …

単調な生活を影で支えるのはトンデモナイ話

単調な日々が続く。 ただ、これには理由があって、現在のいわゆる「ハイ・シーズン」 …

北から南へ(パタヤ引っ越し物語)

「水シャワーかよ!」 まだ内装工事が完全に終わっていないのに、前のアパートを追い …