P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

近頃のニッポンにちょっとだけ沸く興味

   

海外で暮らすようになってから客観的に見られるようになったニッポンという国。

住んでいた当時、特に最後の数年はそのあまりの「閉塞感」に心底嫌気がさし、日々のニュースを見るのが苦痛でしょーがなかった。実際問題タイ移住の準備中はまさに「発狂」寸前であり、あのままだったらどーなっていたかと想像すると今でもちょっとコワイ。
「第二の故郷」と心に決めたこの国でニッポンのニュースを眺めていると、イヤな事件もまるで他人事のように感じられ「ふむふむ」と冷静に捉える。恐ろしいほど開放的な常夏の地で、「窮屈」極まりない祖国の状況をあくまでも冷めた気持ちで憂うのである。「ま、勝手にすれば?」といったところか。

一方、ただただ「アメイジング」なだけだったタイ王国の印象も時を経て慣れてくると共に国の成長や発展もあって徐々に変貌を遂げ、最近では「おやおや?」と疑問に思う場面も少なくない。そして「勝手にすれば?」とは既に思えないし、むしろ深刻なのは現実に暮らすこちらの国の行く末。さほど遠い未来ではなく、少なくとも自分が生きられる数年から十数年の間の話だ。
為替、景況、政情等様々な条件が絡み合いつつ刻々と時間が過ぎていく中、何とか双国の「いいとこ取り」ができないものか。そう考えるのも別段不思議なことではあるまい。「何を今さら」と言われそうだが、一時期は完全にニッポンを「捨て」ていた私にとって実はコレ、かなりの心境の変化なのだ。

興味深いのは、例の「斧殺人事件」の十九才女子大生。有名になった、とある日の彼女の「twitter」が印象的だった。

「死にたい」とは思わないけど「死んでみたい」とは考える。「殺したい」人はいないけど「殺してみたい」人は沢山いる。

尊敬する青山繁晴氏もおっしゃっていたが、これはなかなか深い文章だ。実行に移してしまっただけに「凄み」が加わった「してみたい」の意味。「人間の頭を斧で殴ったらどーなるのだろう」。興味津々だったに違いない。だからこそ「ついにやった」の言葉が出るのだ。

ただ、自分がもし彼女の立場だったら犯罪をほのめかすような内容の文章を世間に発信などしない。それが「理性」というモノであり、近頃の(一部の)若いコ達にやや欠けている感覚なのではあるまいか。例えば冷蔵庫に入ったり芸能人の来店を友達に報告するようなアルバイト諸君の話だ。「イマドキ」のコ達の気持ちが分からな過ぎて逆に興味が湧く。彼らが支えて行くニッポンはいったいどこに向かうのか。なんだかちょっと気になっても来る。

昨今のインターネット上の書き込みの件もそう。ちょっとしたことで激しく「叩かれ」たり「賛否両論」でいちいち盛り上がったり。「荒れる」とか「炎上」というヤツだ。違和感がある反面、そのパワーがスゴいなとも思う。例の女子大生のセリフを「名言」と褒めたら怒られてしまうのだろうか。書く人と書き方によってはやはり「荒れ」るのかもしれない。

しかし、こーして「サイト」を運営していてあまりにもヒット数が少ないままだと、時には自暴自棄になる自分もいる。

「ネットを荒らしたい」とは思わないけど「炎上してみたい」とは考える。

ついそんな気持ちにもなるのだった。

*写真と本文は何の関係もございません。
救急車

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

「ライバルが多過ぎるんだってば!」と、叫びたくなる気持ち

タイに行って来た。 もちろんパタヤにも寄ったので、このサイトの主旨からすればその …

堕ちる一方ではさすがに心が保たないのではなかろうか

「やはり英語か……」 海外で仕事をする場合当然のごとく必 …

素晴らしい神カードさえ手に入れてしまえば……

しまった!ちょっと目を離した隙にもう二ヶ月も経ってしまっていた。 というワケで読 …

眼鏡にまつわる話をしよう

眼鏡にまつわる面白い話をしよう。 と言っても、ファニイのオモロイぢゃなく興味深い …

それは決してエロい意味ではなく、夢にまで見た様々なピンク達

頭の中がピンクで一杯なのだ。 と言っても決してエロい意味ではなく、純粋に色のピン …

カレーライスがまだ早いのだとすれば

う〜ん。まだ早いのかもしれないなあ。 例えば日本食レストランのメニュウでカレーラ …

ユルい国のユルい学校でユルいセンセイからユル〜く受ける授業

「えっ?そーだったの!?」 一瞬驚きはしたものの、まあタイにおいてはよくあること …

果たしてヴェトナム人にとってもカルチャーショックなのだろうか

一生懸命タイで仕事を探し、一時期は半ば本気で日系企業へ現地採用枠で就職しようか? …

不倫について他人がそこまでとやかく言う筋合いなどないのでは?

「北かよ!」 と、思わずツッコんでしまったのは、ひょっとして私だけではないのでは …

人生には何度だって訪れる葛藤の場面

ヴェトナムには貸しがある。 「貸し」という表現が果たして正しいかどうかは微妙だけ …