P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

B.T.Sに乗りたくない症候群

   

「結局長袖シャツがベストなんだよなあ」

そう結論づけたのは、タイ移住三年目くらいのことだっただろうか。

外出時に身に着ける衣服についてであり、そんなごくごく基本的な事柄にそれほど時間が掛かるのにはもちろん様々な理由があったワケで。フツーに考えれば常夏のタイではTシャツに短パンというのがフラフラしている無職男子にとってはもっとも適した格好だと思われるのにいったい何故?

①屋内のエアコンの設定温度が低いケースが多い。
特に暑期には異常なほどに寒い場所が相当あり、半袖一枚では凍えてしまう為羽織るモノ(カーディガン等)を携行せねばならい。しかし、長袖シャツならば普段は捲っておいてイザとなったら伸ばすことによって一枚でも何とか凌げるのだ。

②胸ポケットにお札を入れればバッグを持たず手ブラでオッケー。
移住した当初、タスキ掛けのバッグに財布などを入れてバンコクの繁華街を深夜歩いているとやたらとケーサツ官に止められて職質&持ち物検査をされたので、手ブラで出歩くようになったら一切なくなった。当然持ち物は必要最小限。財布もやめ、カード入れと小銭入れとマネークリップに挟んだお札とケータイのみ。となると、Tシャツで腰にカーディガンを巻きズボンの右ポケットにケータイとお札、というよりはシャツの胸ポケットにお札を入れた方がしっくりくる。

③タイでは一般的に襟付きのシャツの方が「キチッとしている」という印象を持たれるらしく、特に女子ウケが良い。
もちろんタイだけではないと思うけれど、常夏の国だからこそより一層その傾向が強いのではないか。つまりTシャツよりもポロシャツ、ポロシャツよりも布帛のシャツの方がよりフォーマル(大袈裟に言えば)であり対外的に無難とも言える。そして、それはディスコなどに遊びに行く場合絶対的な条件でもあった(*軽く見られないという意味で)。

④Tシャツポロシャツよりも布帛のシャツの方が生地や織り方のバリエーションが豊富。
一般的にポロシャツは鹿の子織りであって生地は結構厚いから、綿のペラペラの生地や麻(混含む)のシャツの方が涼しかったりするし、ネルシャツのように分厚くて寒さを凌げるモノもある。TPOで使い分けられるのだ。

主にそれらの理由でその件を悟ってからは基本的に出掛ける時はほぼ長袖シャツ一枚。
となると、ボトムはショートパンツにサンダルとはならず長ズボンにスニーカーが基本だ。短パンを合わせても良いけれど、長袖シャツを半分捲った場合バランス的になかなか難しいし、そもそも人様にお見せできるような足でもない。ちなみに家に居る時はTシャツ短パン姿であり、近所の某「BigC」へお買い物に行く時などはそのままだけれど。
唯一気遣う部分はズボンの丈くらいで、常夏の国らしくロールアップして足首をチラ見せするのがよろしいのではないかと思う。

それにしてもバンコクは暑い。

基本的な気温や湿度はおそらくパタヤとほとんど変わらないだろうが、いわゆるヒートアイランド現象によってそう感じるのかもしれない。パタヤではどこに行くにもバイクだから涼しいし炎天下を長時間歩くこともないけれど、バンコクではそうもいかないからすぐに汗だくになる。そして、外が暑いだけに室内がやたらと寒いケースも多い。B.T.SやM.R.T、レストランやバーなども長袖シャツ一枚では耐えられない程寒いところもけっこうあるから体の温度調節ができず風邪をひいてしまう。

そこで仕方なくカーディガンもしくはコットンのサマーセーターを持って行くこととなる。
で、それらを羽織る時に長袖シャツの場合捲った袖をいちいち元に戻さねばならず、そーなるとむしろ半袖シャツの方が面倒臭くなくて良い。だから、バンコクに出張(?)する際はいつもと少し違う格好になるのだった。

まず最初の難関はバスである。

パタヤエカマイ間の高速バスの車内が恐ろしく寒いので、ここで必ず一枚羽織ることになる。その後も、レンタカーやタクシーの車内とか某「ソンブーン」某メッサージパーラー某55バーなどなど、あらゆるシーンでセーターを着る。外に出る時に脱ぐ。その繰り返し。面倒臭いったらありゃしない。

パタヤでそこまで寒い場所ってあるかなあ。最近行かないけど55バーもそこまでヒドくはないし某「insomnia」だって長袖シャツ一枚でまったく問題ない。上に一枚羽織るなんて乾期の一番涼しい時くらいのものだ。

やはり、快適さで言えば比べ物にならないほどバンコクはヒドい。

そして、何と言っても恐怖のB.T.S。

先回訪れた際もラッシュ時には一度では乗れないことが何度かあったし、乗れたとしてもあの寿司詰め状態は本当にもう勘弁して欲しい。ゲストが日本に帰って一人になってから、夕方プロンポンの駅のホームまで行ったもののあまりにも人が多かったので乗らずに改札を出てしまった。エカマイのバスターミナルまで歩こうと思ったけれど、あまりにもしんどくて途中バイタクを拾った。

B.T.Sにはマヂで乗りたくないぞ。

バンコクで暮らすのもイヤだよ〜!


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

*そー言えばパタヤにも寒いところがあった。それは映画館。メチャメチャ寒くてトイレが近くなるのがサイアク。

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

2892人目(多分)の町民となって思うこと

ひょっとすると勇み足なのかもしれない。 結局、もう一つの何かコレといった条件が見 …

「ライバルが多過ぎるんだってば!」と、叫びたくなる気持ち

タイに行って来た。 もちろんパタヤにも寄ったので、このサイトの主旨からすればその …

どんな質問にもキッチリとお答えしようではないか

「ヂンロ〜(2212、マヂで〜)?」 「アメリカから来た」と胸を張って答える男子 …

タイでは男女問わず普段から皆裸でウロウロしてるんだよ

とにもかくにもまずは謝罪せねばなるまい。 こちらの目的が何であれ、こうして世の中 …

結局旅の想い出はハプニングではなかろうか、とも思う

海外に知人が住んでいると、その国に旅行する際にはとても頼もしい存在となる。 十四 …

期待すればする程結果にガッカリするのはよ〜く分かっているけれど

ご報告航空券を購入しましたー! というメッセージを見てちょっと驚いた。 まさか本 …

あんなダサいカッパなんて絶対に着てやるものか!

いよいよ雨季がやって来たか。 ハノイの雨はホーチミンやパタヤのような常夏の地とは …

単調な生活を影で支えるのはトンデモナイ話

単調な日々が続く。 ただ、これには理由があって、現在のいわゆる「ハイ・シーズン」 …

変人変態にすらあるニッポン人の「お・も・て・な・し」の心

「コレさえなきゃなあ……」 基本、飲み代だけならばちっと …

人物を登場させることの難しさで気付くある種の恐怖

もちろんいつもいつも「おひとり様」ってワケぢゃなく、昨日はバンコクから遊びに来た …