P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

ステーキハウスにてステーキを食べないことの是非

      2014/12/10

サラダバー

この国で独り暮らしをしているとどーしても外食が多くなるし、タイ料理は油っぽくて野菜不足になりがちなので健康には気を遣う。そんな中、ヒジョーに重宝しているのはニッポンにもあるアメリカ発のステーキハウス某「Sizzler」。

実は同店でステーキを食べたことは一度もない。お目当ては「サラダバー」なのである。

「お替わり自由」のブュッフェスタイルでスープパスタフルーツデザートまで食べ放題となり店もウリにしているのだが、肉が好きではなく食が細い私の場合これだけで充分だからいつも「サラダバーのみ」と注文する。ニッポンならば店員に苦笑いされつつ「お客様お客様。申し訳ございませんが当店はステーキハウスですので何か一品メインディッシュをご注文いただかないと……」などと言われるところだけれど、タイではそんなことまったくない。なんとも素敵な国だ。

内容がまた素晴らしい。野菜は新鮮で種類が豊富だし創作サラダも色々。スープも三種類あってメニュウが時折変わり最近は「ミネストローネ」が復活!「トマト好き」の私にはタマラナイのだった。価格は189THB。25THBのミネラルウォーターも足して総額214THBと「コスパ」は抜群によろしい。実際、他に何か頼もうと思っても単品は結構お高いので困ってしまうのだ。

さて、「これっていったいどーなの?」という話である。

一応気を遣って混雑する時間帯はなるべく避けるし、いつも混む「セントラルフェスティヴァル(通称センタン)店」には基本的に行かない。「マナー」が悪いという件も重々承知しているから隅っこ(案内された席)でおとなしく「モソモソ」と食べている。それでも週に一度は行くので店員達に「あ〜また来たよサラダバー野郎」と噂されてるかも。

そう。「倫理的に許されない」とまでは言わなくとも、やっぱりちょっとよくないかなあと最近は思うのだ。タイで暮らしているとあまりにも何もかもが自由過ぎて(ニッポンでいうところの)通常の感覚が段々分からなくなってくる。帰国するつもりはないからまだ良いけれど、この国に住むニッポン人としてあまり恥ずかしいこともできないではないか。

ただ、今更やめるわけにもいかないし、これからも通い続ける。だからせめてもの店への償いとしてここで宣伝させてもらおうと考えたのである。

タイ在住の方には「今更」と思われるかもだが、知らなかった方々には是非一度訪れることをオススメしよう。そしてステーキと共に「サラダバー」を堪能していただきたい(*大体セットで付いてくる)。

もちろん「サラダバーのみ」でもまったく問題ないと思う。

個人的にはね。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

日本語字幕付き洋画DVDが今後の人生にどれだけの影響を与えるのかということ

「マヂかよ!」 あまりのショックにしばらく呆然としてしまった。 これはひょっとし …

昔のパーティー仲間と共に週末はパーティー?

現在の私の同居人33才のT嬢とは十年来の付き合いであり元々は山仲間、つまりレイヴ …

「ライバルが多過ぎるんだってば!」と、叫びたくなる気持ち

タイに行って来た。 もちろんパタヤにも寄ったので、このサイトの主旨からすればその …

名門ゴルフコースを前ににビビる

ゴルフ歴は相当古いが、「バブル崩壊」と共に熱は冷めしばらくの間封印していた。しか …

さすがにもう色恋に踊らされることはないだろうな、と思う

カラオケ嬢はやはりカラオケ嬢でしかない、ということなのだろうか。 ハノイに来てか …

ごく僅かな数字の変化で知る季節の移り変わり

毎日欠かさずチェックする数字がいくつかある。 驚く程単調な日常生活とは言え、やは …

女子大生からのキツい指導に萌えるM心

「やることないなら洗い物やって下さい!」 言葉遣いはあくまでも丁寧だがやや強いト …

パタヤに住んでからメッキリ低くなった「ストレス耐性」

「参ったなあ」 一頃は虚勢を張って生きていたものの、元々「蚤の心臓」なのである。 …

残りわずかな研修期間で何を学べるのだろうか

「テーブルにお皿を置く時に心がこもっていませんね〜」 そう言われて「ドキッ」とす …

結局旅の想い出はハプニングではなかろうか、とも思う

海外に知人が住んでいると、その国に旅行する際にはとても頼もしい存在となる。 十四 …