P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

ステーキハウスにてステーキを食べないことの是非

      2014/12/10

サラダバー

この国で独り暮らしをしているとどーしても外食が多くなるし、タイ料理は油っぽくて野菜不足になりがちなので健康には気を遣う。そんな中、ヒジョーに重宝しているのはニッポンにもあるアメリカ発のステーキハウス某「Sizzler」。

実は同店でステーキを食べたことは一度もない。お目当ては「サラダバー」なのである。

「お替わり自由」のブュッフェスタイルでスープパスタフルーツデザートまで食べ放題となり店もウリにしているのだが、肉が好きではなく食が細い私の場合これだけで充分だからいつも「サラダバーのみ」と注文する。ニッポンならば店員に苦笑いされつつ「お客様お客様。申し訳ございませんが当店はステーキハウスですので何か一品メインディッシュをご注文いただかないと……」などと言われるところだけれど、タイではそんなことまったくない。なんとも素敵な国だ。

内容がまた素晴らしい。野菜は新鮮で種類が豊富だし創作サラダも色々。スープも三種類あってメニュウが時折変わり最近は「ミネストローネ」が復活!「トマト好き」の私にはタマラナイのだった。価格は189THB。25THBのミネラルウォーターも足して総額214THBと「コスパ」は抜群によろしい。実際、他に何か頼もうと思っても単品は結構お高いので困ってしまうのだ。

さて、「これっていったいどーなの?」という話である。

一応気を遣って混雑する時間帯はなるべく避けるし、いつも混む「セントラルフェスティヴァル(通称センタン)店」には基本的に行かない。「マナー」が悪いという件も重々承知しているから隅っこ(案内された席)でおとなしく「モソモソ」と食べている。それでも週に一度は行くので店員達に「あ〜また来たよサラダバー野郎」と噂されてるかも。

そう。「倫理的に許されない」とまでは言わなくとも、やっぱりちょっとよくないかなあと最近は思うのだ。タイで暮らしているとあまりにも何もかもが自由過ぎて(ニッポンでいうところの)通常の感覚が段々分からなくなってくる。帰国するつもりはないからまだ良いけれど、この国に住むニッポン人としてあまり恥ずかしいこともできないではないか。

ただ、今更やめるわけにもいかないし、これからも通い続ける。だからせめてもの店への償いとしてここで宣伝させてもらおうと考えたのである。

タイ在住の方には「今更」と思われるかもだが、知らなかった方々には是非一度訪れることをオススメしよう。そしてステーキと共に「サラダバー」を堪能していただきたい(*大体セットで付いてくる)。

もちろん「サラダバーのみ」でもまったく問題ないと思う。

個人的にはね。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

待つのがそれほどイヤだという件に今更気付く

「瞬間湯沸かし器」(知り合いに何人かいる)という程ではないけれどまあ気が短い方で …

バックトゥーザフーチャー前後二日間は全員おとなしくしていること!

ウィサーカブーチャだかバックトゥーザフューチャーだか知らぬが、まったくもう勘弁し …

世界では日々いろんなことが起こっているけれど

クリ〇〇ス頃から、パタヤのビーチロードには延々と屋台が建ち並びお祭り状態となる。 …

「ポリープ」と「ダイエット」と私

「うわ〜。いよいよマズいなコレは」。 体重計に乗って思わずビビる。近年にない数字 …

「ほお」とか「へえ」とか「ふむふむ」などと言う日々

タイ出張のエアチケットとホテルの予約が完了した。 あまり詳しいことは言えぬが、新 …

タイムマシンと二、三億円の現金があったらやりたいこと

軟らかい話ばかりでもナンなので、たまにはおカタい話題も。 来年三月完成予定の我が …

人的ミニマリストを卒業する日は近い?

ルーティンになかなか戻れない。というか、リズムが取り戻せないのである。 タイ在住 …

久しぶりのタイにも関わらずこれっぽっちもアがらないテンション

「みかんにしては小さいよなあ」 新年を迎えるにあたっての風物詩なのか、近頃よくバ …

6種類の声調と11種類の母音の組み合わせが天文学的数字に思える件

「???」 「私はニッポン人です(トイランゴーイニャットゥ)」と、とりあえず挨拶 …

計画性のない私ごときが言う筋合いではないけれど

サウナで声を掛けられたNン嬢の勤務先へ行ってみた。 某「LINE」という名のその …