P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

いつまでも楽園であり続けてくれればと思う

      2017/02/12

「無事楽園に着いたかなあ?」

友達からのそんなメッセージを見て思い出した。そーか。パタヤは楽園だったのか、と。

ニッポンに帰る度、そして再びタイに戻ってくる度に毎回感じるそれぞれの良さと悪さ。もう十回近く繰り返しながらも少しづつ変化する心情を的確に説明はできないが、日々変わりゆく状況においてハッキリとした結論など出るはずもないのである。

(主にプロの)タイガールのあまりの情緒のなさにとことん嫌気がさし、コンドミニアム受け渡しに関する一連の流れでタイという国の一面(主にルーズさ)がつくづくイヤになった末、ある種の期待を持って一時帰国した今回。それは簡単に言えばニッポンを頻繁に訪れた場合の「環境の良さ」であり、すなわち相手をしてくれる女子友達だったり居場所だったりするワケで。場合によっては今後滞在期間をグッと増やすつもりだった。例えば春と秋にそれぞれ二ヶ月位づつとか。

しかし、期待は見事に裏切られ、傷心の帰国となる。ニッポン女子とニッポンの冬の厳しさに身も心もすっかり凍えきってしまったのだった。

すっかり落ち込んだ私は、逆恨みのごとく再びニッポンをイヤになり「もう知るものか!」と見切りをつけてしまうところだったが、ギリギリで踏みとどまったのは可愛い姪っ子R嬢の切ない表情と切れずに留まった仕事が理由だ。もしそれらがなければ再び誰とも係らず完全に引き蘢る生活を選んでいたかもしれない。

そしてもうひとつ僅かな救いがあるとすれば急に舞い込んだヴェトナムの話。ハノイで和食店を開きたいという現地の知人の依頼である。

まだどーなるかまったく分からないが、タイでビジネスチャンスがなかなか期待できなくなった現状ヴェトナムインドネシアミャンマーは要注目であり、タイにもニッポンにも魅力を感じられなくなった今となっては間違いなくある種の可能性を秘めている。

ま、あまり期待してもいけないが、ちょっぴり楽しみではあるのだ。

というワケで明日から九日間ヴェトナムツアーに出掛ける。
視察半分遊び半分で前半はハノイ、途中ニャチャンのビーチに寄ってからホーチミンに行って戻って来る。本当はそのままカンボジアのプノンペンに抜けても良かったのだけれど、生憎ヴィザの期限が迫っているのでそうもいかぬ。

いったいどんなことが待っているのか楽しみだ。

さて、パタヤに戻って暖かさにホッとし、とりあえずサウナに行ってプールで泳ぎ楽園の有り難さを実感している。馴染みのタイガールにおみやげを渡し多少なりとも癒してもらったし、安いモノを選んで買い物して自炊すれば経費を節約して暮らせるという目処もついた。

トイレの紙が流れないとかアイスクリームの種類が少ないとかワインが高いとかドイツもコイツもいい加減なヤツばかりとか渋滞がスゴいとか交通ルール無視の輩ばかりとか中国人観光客が鬱陶しいとかいろいろあるけれど、やはりタイは素晴らしい国だと思うし、中でもパタヤは最高だ。

かと言ってニッポンのことも見限ったワケではなく、結果的には

何だか上手い具合に収まったような気がしないでもないのだった。

アイス


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

注文していないコーラが来て相当なショックを受ける

「おいおい。今日は全然違うやんけ!」 某insomniaで独りつぶやく。 ヒトリ …

為替相場に一喜一憂するのはもうやめよう

最近の為替相場は比較的安定していて、1円≒0.29THB前後を推移している。 1 …

不倫について他人がそこまでとやかく言う筋合いなどないのでは?

「北かよ!」 と、思わずツッコんでしまったのは、ひょっとして私だけではないのでは …

ステーキハウスにてステーキを食べないことの是非

この国で独り暮らしをしているとどーしても外食が多くなるし、タイ料理は油っぽくて野 …

眼鏡にまつわる話をしよう

眼鏡にまつわる面白い話をしよう。 と言っても、ファニイのオモロイぢゃなく興味深い …

移り行く季節と、薄れ行く季節感

バンコクでのミニ出張から戻って来て一服。夜になって、ほぼ空になった冷蔵庫の中身を …

藁をも掴む就職活動

たまには更新しないと一部の方々に生存を疑われそうだが、なかなかそんな気分にならな …

妄想の世界だからこそできることもある

「GW」も終わりかなり静かになったパタヤ。 寒い国から避難してきていた方々は本国 …

ビジネスヴィザという夢の様なお札を得られるまでには

「ケーサツ呼びますよ」 いやいや別に大声出してないし差別的な言葉も使ってないんだ …

その魅力的なハスキーヴォイスで名古屋弁を見事に操るオシャレ番長

この喜びをどう表現したら良いのだろうか。 昨日まであれほど強く感じていた不安が「 …