P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

「サウナ」についての条件にはことのほかウルサイのだった

      2015/05/30

プール

「お。これは25mあるかも」

歩測したワケでも、もちろん正確に測ったワケでもないけれど感覚でなんとなくは分かるのだ。というのも私がいつも利用するような小規模な施設のプールは大体20mであり、それらよりは明らかに距離が長い。だからその点では悪くないのだ。但し、他の面があまりにも……。

「帯に短しタスキに長し」である。
パタヤには「スパ」的施設や「マッサージ」店がたくさんあり、中には「サウナ」を備えている店も数多く、いちいち中に入ってチェックしていては「キリ」がないのでどーしても行く店が決まってくる。但しどの施設も完璧に条件が整うことはまずあり得ないので、「サウナ大好き♪」で週に一度は通う私としては、ある部分を妥協するしかない。

「プライオリティー」順に説明すると、
①「サウナルームの温度及び混み具合」
②「冷水の温度(低い方が良い)」
③「プールの泳ぎ易さ」
④「利用価格(200THB程度)」
⑤「その他のサーヴィス」となるが、このうち三つが揃えばまあ合格であろうか。

そんな感じで今まで四軒をローテーションしてきたが、うち一軒は無くなり(ホテル専用サーヴィスとなる)、現在のチョイスは三軒しかない。だからあと一軒くらいは増やしても良いし、今日たまたま新しい店を教えてもらったので少し期待していたのだけれど、結果はやや残念なものとなる。

場所は近いのだ。ナクルアsoi20(22側にも入り口有り)にあるからバイクで五分程度。そしてプールも25mありそうで、よーするに500m(十往復)とか1000m(二十往復)が数え易い。ただ、良いのはその二点のみであとがマズい。
まず「サウナルーム」が狭い。三人入れば一杯で某「シーザー」(ボディーマッサージ店)の「V.I.P」ルームの方がまだ広い。そして、冷水の浴槽がない。つまりシャワーのみなのだが、これは決定的にいただけない。さらに利用料金は二百バーツで水もフルーツもサーヴィスは一切なし。おまけに古くてロッカーがボロい。しかも営業時間が午後六時半までと、まるでいい所がないのである。
サウナ

サウナルーム

ロッカー

だから、発想の転換でこれを「サウナ」でなく「プール」と捉える。つまり、泳ぐこと及び日光浴などを「メイン」の目的にするのだ。そー考えれば、比較的場所が便利でおまけに「サウナ」がついているのならば良いではないか。自分で利用する気はなくとも、せっかく紹介するのならば「メリット」を伝えねばなるまい。
自分がパタヤに遊びに来ていた時がそーだったが、よーするにホテルもしくはゲストハウスに「プール」がない場合の「リラックススペース」ならば悪くない。ビーチに行ったって海は汚くて泳ぐ気にはなれないし「サマーベッド」利用料を100THB取られる。それならば200THB払ってここに行けば良いのだ。ナクルアまでソンテオで来られるし、ソイの入り口から歩けなくはない距離だ(*ちなみに写真はsoi22の入り口から見たナクルアロードとビーチ)。そして、営業時間も問題ない。
ナクルア側

ビーチ側

客層は基本的に年配の西洋人ばかりだが、中には単独で来ているタイガールも居る。
寝顔

なので、「サウナ」ではなく「プール」と思っていただきたい。そーすれば自ずと利用価値も見えてくるというもの。

というワケで「再訪」はないな。

誠に残念である。

*プールにありがちな象の「像」まで可愛くないのだった。
象の像


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ, リラクゼーション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ちょっとした出来事をキッカケに気持ちが前向きになる時もある

2月7日(金) 運命の日だ。 (本当はやりたくないけど)今後十数年間は頑張って仕 …

イライラを解消しようと思ったのに更に深みにハマるの巻

この仕事に向いているかそれとも向いていないかを考えた場合結局は後者なのだ。と、少 …

いろいろあった一週間を振り返ってみる(前編)

「せめて首振りにしてくれ」 そんなことを言ったところで聞き入れられるはずもなく、 …

バックトゥーザフーチャー前後二日間は全員おとなしくしていること!

ウィサーカブーチャだかバックトゥーザフューチャーだか知らぬが、まったくもう勘弁し …

せめて乾期の間だけでも……

数日前にタイの気象局が「乾季入り」を発表したそうだが、確かに最近は晴れ渡る青空が …

二泊三日のバンコクは雨だった

知人が仕事で来タイし、バンコクに二泊三日して来たので「番外編」ということでレポー …

せっかくならばタイを思い切り楽しんでいただきたい

最近お世話になっている某氏に教えていただいたツアー会社利用でヴィザランは無事終了 …

いろいろあった一週間を振り返ってみる(後編)

「顔認識能力」、つまり人の顔を記憶して判断する力はまあ比較的高い方だと自分では思 …

堕ちる一方ではさすがに心が保たないのではなかろうか

「やはり英語か……」 海外で仕事をする場合当然のごとく必 …

クマの縫いぐるみに涙腺を刺激させられて思うこと

タイで暮らすメリットは数えきれない程たくさんあるが、例えば今日なんかは特に痛切に …