P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

より一層シンプルな生活を目指す

      2015/04/13

今度引っ越す部屋は狭いので、最近はなるべく不要なモノを処分する態勢に入っている。

着ることのないであろう洋服、必要のない雑貨、二度と観ないだろうDVDなどなど。気付いた順に「サクサク」処分していくのだが、自分ではシンプルに暮らしているつもりでも実際身の廻りは大量なモノで溢れているワケで、いったい何故?と不思議なほどである。ともあれ「モノを捨てる」という行為は案外気分が良く、徐々にではあるが部屋の中も「スッキリ」してきた。

一方、家具のないコンドミニアム(家具付きだとプラス三十万バーツ)なので最低でもベッド、冷蔵庫、洗濯機は新たに購入せねばならぬ。中でも最重要項目のベッドについては、もう随分前から探しているにも関わらずなかなか「コレ」といった商品が見付からない。
タイの家具はあまりにも「ダサダサ」過ぎて本当に困ってしまう(趣味の問題?)。フツーこの手の作業は楽しいはずなのに、もう十軒以上の家具店を廻っている状況で精神的には既に苦痛だった。別にそんなに贅沢を言っているのではなくごくシンプルなモノ(色は黒かグレイ)が良いのに、とにかくゴチャゴチャといろんな装飾がついたりしてまったく好みに合わない。ちなみに某「IKEA」も何度かチェックしているがたいしたモノはないしパタヤまでの送料がやたらと高いのである。

そんな中、「これならまあ何とか」と思えるベッドを先日遂に発見した。意外なことにコンドーからすぐ近くにあるインテリアショップであり、建築状況を見に行ったついでに「ダメ元」で寄ってみただけなのに。灯台下暗しだ。
「CHIC REPUBLIC」という一見いかにも高級なショップだが、9,600THB(セミダブル、ベースのみ)と案外安くて良かった。
ベッド

グレイ

ご覧の通り何の変哲もないデザインだが、この手が本当にビックリする程ない。あまりにもヒドいので一時期「シンプルなベッドのみ」を扱うショップを自分で出そうかと真剣に考えたくらい。但しタイ人には需要がないのかもしれないなあ。

というワケで、一万バーツちょっとのマットレス(スイス製)を組み合わせて速攻で予約してきた。ようやく一安心だ。
あとは冷蔵庫と洗濯機だが、これはもうニッポン製であればまず問題なかろう。おそらく五月頭頃になるだろうコンドーの完成に向け、今住むアパートの退去予告もしたし、次第に準備が整ってきた。

今までのアパートと違いキッチンがあるので、もちろん冷凍庫付きのちゃんとした冷蔵庫を買って今後は自炊をする。元々燃費はいいから(さほど食べなくても問題ない)、おそらく月々の食費は相当安く抑えられるだろう。自分で飲食店をやっていたし、怪しい食堂や屋台で食べるよりも食材の管理は自らやった方が間違いなく安心できる。この国は卵を始めとんでもないモノまで常温管理しているからコワくて仕方がないのである。

そんな風にして生活がどんどんシンプルになっていき、やがて死を迎えるのだろう。

さほど遠くない未来のような気がして、

少しだけ寂しく感じるのだった。

PS.今日からニッポンに一時帰国するので、しばらくは更新できません(多分)。悪しからず。

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

妄想の世界だからこそできることもある

「GW」も終わりかなり静かになったパタヤ。 寒い国から避難してきていた方々は本国 …

蚊も蟻もまったく大した問題ではないのだけれど

お腹が直った(多分)のでいつものゴハンに戻ったワケだが、最近のパターンだと家で食 …

新規オープンの事実を知ってしまった以上は

紹介するのがすっかり遅くなってしまったが、二週間程前新しくオープンしたのには気付 …

「タイポップベストヒット30/2014」を聴いてみて

一方、トンデモナイ事件が日々起こりニュースで報道されるタイ。 その辺りに触れ出す …

パタヤに住んでからメッキリ低くなった「ストレス耐性」

「参ったなあ」 一頃は虚勢を張って生きていたものの、元々「蚤の心臓」なのである。 …

何故にそこまで捕らぬ狸の皮算用ができるのだろうか

あまりにもペースが早過ぎてついていくのが精一杯。 通常の会社出勤つまり九時五時の …

世界では日々いろんなことが起こっているけれど

クリ〇〇ス頃から、パタヤのビーチロードには延々と屋台が建ち並びお祭り状態となる。 …

ニッポンへ行く前にやっておくこと

ニッポンへの一時帰国を前にして(何かやっておくことはないか)と考えるものの、特に …

雨季の始まりの予感は切なさと共に(某化学調味料に捧げるオマージュ)ー後編ー

そして火曜日の夜。 たまにはクラブ某「insomnia」にでも行こうかな、と思い …

「プランB」に続く「ウルトラC」とは

「えー八時ぃ〜?それはないわ〜。勘弁してよもぉー」 泣き言を言っても始まらないの …