P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

より一層シンプルな生活を目指す

      2015/04/13

今度引っ越す部屋は狭いので、最近はなるべく不要なモノを処分する態勢に入っている。

着ることのないであろう洋服、必要のない雑貨、二度と観ないだろうDVDなどなど。気付いた順に「サクサク」処分していくのだが、自分ではシンプルに暮らしているつもりでも実際身の廻りは大量なモノで溢れているワケで、いったい何故?と不思議なほどである。ともあれ「モノを捨てる」という行為は案外気分が良く、徐々にではあるが部屋の中も「スッキリ」してきた。

一方、家具のないコンドミニアム(家具付きだとプラス三十万バーツ)なので最低でもベッド、冷蔵庫、洗濯機は新たに購入せねばならぬ。中でも最重要項目のベッドについては、もう随分前から探しているにも関わらずなかなか「コレ」といった商品が見付からない。
タイの家具はあまりにも「ダサダサ」過ぎて本当に困ってしまう(趣味の問題?)。フツーこの手の作業は楽しいはずなのに、もう十軒以上の家具店を廻っている状況で精神的には既に苦痛だった。別にそんなに贅沢を言っているのではなくごくシンプルなモノ(色は黒かグレイ)が良いのに、とにかくゴチャゴチャといろんな装飾がついたりしてまったく好みに合わない。ちなみに某「IKEA」も何度かチェックしているがたいしたモノはないしパタヤまでの送料がやたらと高いのである。

そんな中、「これならまあ何とか」と思えるベッドを先日遂に発見した。意外なことにコンドーからすぐ近くにあるインテリアショップであり、建築状況を見に行ったついでに「ダメ元」で寄ってみただけなのに。灯台下暗しだ。
「CHIC REPUBLIC」という一見いかにも高級なショップだが、9,600THB(セミダブル、ベースのみ)と案外安くて良かった。
ベッド

グレイ

ご覧の通り何の変哲もないデザインだが、この手が本当にビックリする程ない。あまりにもヒドいので一時期「シンプルなベッドのみ」を扱うショップを自分で出そうかと真剣に考えたくらい。但しタイ人には需要がないのかもしれないなあ。

というワケで、一万バーツちょっとのマットレス(スイス製)を組み合わせて速攻で予約してきた。ようやく一安心だ。
あとは冷蔵庫と洗濯機だが、これはもうニッポン製であればまず問題なかろう。おそらく五月頭頃になるだろうコンドーの完成に向け、今住むアパートの退去予告もしたし、次第に準備が整ってきた。

今までのアパートと違いキッチンがあるので、もちろん冷凍庫付きのちゃんとした冷蔵庫を買って今後は自炊をする。元々燃費はいいから(さほど食べなくても問題ない)、おそらく月々の食費は相当安く抑えられるだろう。自分で飲食店をやっていたし、怪しい食堂や屋台で食べるよりも食材の管理は自らやった方が間違いなく安心できる。この国は卵を始めとんでもないモノまで常温管理しているからコワくて仕方がないのである。

そんな風にして生活がどんどんシンプルになっていき、やがて死を迎えるのだろう。

さほど遠くない未来のような気がして、

少しだけ寂しく感じるのだった。

PS.今日からニッポンに一時帰国するので、しばらくは更新できません(多分)。悪しからず。

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

いろいろあった一週間を振り返ってみる(前編)

「せめて首振りにしてくれ」 そんなことを言ったところで聞き入れられるはずもなく、 …

パタヤの洋食レストランを紹介しよう2022年③

一体何故洋食ばかりなのか? もちろん好きだからである。 その昔、今から30年以上 …

それは紫外線量及びスキンケアの差なのだろうか

「アンタ50才ってホント?ねえねえ!この人50だってさ」 声を掛けられた職員達は …

(正真正銘!)パタヤで起こったいくつかの出来事

「<パタヤ総研>とは名ばかりで最近はちっともパタヤの情報がないではないか!?どな …

いっそ現地案内所でもやる?くらい人気の国に戻って来た

パタヤに戻った途端、台風の影響による大雨と洪水に遭遇。 ニッポン滞在中ずっとサボ …

想い出を語るようになってはもうオシマイと分かってはいても

そんな時代もあったね、と、中島みゆき嬢が歌ったのが1975年。もう42年前なのか …

【帰国困難注意喚起】PCR検査では死滅したウィルスにも反応することがある

できれば思い出したくないし触れたくもない。 しかし、タイ、そしてパタヤに向かう旅 …

出来上がったその日が完成日なのです

「まったくドイツもコイツも!」 もうすっかり慣れたはずなのについつい「イラッ」と …

うまく描けない未来予想図と苦労と葡萄の相関関係

怖い。ものすごくコワイのである。 「明日は明日の風が吹く」「人生コレすなわち行き …

まつエク?なになに?それっておいしいの??

「う〜ん。タイ人には向いてないかもなあ・・・」 日本の知人に紹介された方のご依頼 …