P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

結局のところファストフードやチェーン店がマシと思ってしまうのだった

      2023/09/14




部屋の中も大方片付いて来たので、いよいよエージェントを呼んで部屋を見せ賃貸に出す内容を相談。当コンドミニアムの客付けに強い地元業者であり、いかにも慣れている様子だった。

「寝室にもエアコンを設置する条件で8000THBでどう?」

そう。32平米ワンベッドルームの間取りで、リヴィングに一台エアコンはあるが寝室には付いていないのだ。それではマズいからということで設置を求められた。そりゃまあそーだよね。タイ人がエアコンなしで寝られるワケないのだから。
一般的には不便な場所ではあるが、BigC至近で車さえあればそれほどでもない当コンドミニアムの私が住んでいる棟は現在満室であり、すぐに紹介できる客がいるらしい。

内装スケルトンで購入しキッチンやクローゼットなど作り付け家具にはこだわってオーダーし苦労して仕上げた愛着ある部屋。売りに出ている他の部屋の内装と比べても私の部屋のセンスが断然良いことは明白であり、そこには自信がある。ま、タイ人がどう感じるかは知らぬが、家具家電等の配置含めヒジョーに使いやすくなっているのは間違いない(*自画自賛)。本来なら日本人に貸したいところだが現状を考えるとタイ人客しか無理だろう。ただ、住人の皆さんはほぼほぼ車所有でそこそこいい給料をもらっている中流階級に見えるので、部屋の中をそこまで無茶苦茶にされないのでは?と勝手に想像し、今回賃貸に出すことを決断している。

仮に月々8千バーツで貸せるならば単純利回りは6.8%でありそんなに悪くはない。管理費が安いので実質利回りの数字もさほど差はないし、何しろ月々数万円でも収入があるのは今後のことを考えるととてもありがたいのである。

9月の15日には明け渡せることを約束し、エージェントに鍵を預ける。早速明日ひと組見に来るらしいが、決まるといいなあ。

というワケでこの部屋で生活するのも残り約二週間となり、いよいよ冷蔵庫内を始め食材の管理に気を配らなくてはならない。なるべく捨てるモノが少なくて済むようにやりくりをするのが案外難しいのである。ま、少しでも早めに食べ切ってしまうに越したことないが。

現状冷蔵庫内が空に近い状態なので今日は外食することに。何食べようかな?と考えても特に思い浮かばない。

(そー言えばチェンマイでは毎日のようにベジ食堂に行っていたなあ……)。
おかず一種類につき15THBという価格で内容はよりどりみどり。春巻きも15THBでおかず三種+春巻き(*ご飯は食べない)でも60THBと激安のあのベジタリアン食堂が懐かしい。

あんな店がパタヤにもあればいいな、と常々思っていたが結局未だ見付かっていない。Googleマップで検索し今日も一件覗きに行ってみたものの、おかずの種類たった3品しかも見るからに美味しそうではなくダメダメな内容だった。

仕方なく近所で代替えを探した結果、タッパラヤロード沿いにあるイタリアンに行ってみた。YouTubeなどでよく紹介されているチープイタリアン食堂であり、見るからに安かろう悪かろう風なイメージだったが、ま、自分の目で見てみないことには判断がつかないので、ものは試しにということだ。

結論を先に言えばまったくもって想像通りの内容だった。
映像で紹介されていたイメージそのままの分かりやすい見た目と味。<値段が安いからこんなもの>を絵に描いたようなタイにはありがちな予定調和の飲食店。(コレはコレでまあアリなのかもなあ…)としか言えない。実際問題コロナ渦を乗り切って潰れることなく今もしっかりと営業しているだけでスゴイことなのは間違いないからだ。詳しくはレヴューで書くからそちらを参考にして下さい。

最近では、外食する度に<費用対効果>ということについてよく考える。いわゆる<コスパ>というヤツだね。

個人的にはそもそもレストランや食堂を基本的にはまったく信用していない。自分で飲食店をやっていたから分かるが、食材の管理というのはヒジョーに難しく、ついついおろそかになりがちなことがよくあるのだ。
例えば、その日に売るモノをその日の営業前に仕込んで(ある程度調理して)売れなければ当日中に処分。これを徹底していればまだ良いが、場合によっては二日目まで跨ぐこともある。もしくはそれ以上。食材や調理法によっては許されるケースもあるけれど、これがまず怖い。あとは揚げ物の油とか、調味料系統も店によって様々なルールが設けられていることだろう。

そー考えると、ファストフード店は基本冷凍食材が多く、処分期間などもマニュアルで決まっているだろうからまだ少し安心できる。問題は個人店であり、タイの場合であえば基本タイ人シェフなりスタッフなりが食材管理をしているはず。コレはもうまったくもって信用できない。卵常温保存は当たり前、<古いものから先に使っていく>という意識すらあるかどうか怪しいものだ。

まず大前提として屋台で食事はしない。冷蔵庫ストッカー(冷凍室)シンクなどの設備が基本的にないことを考えたらとてもぢゃないが衛生面で無理があるから。百歩譲って上記の設備がある食堂的飲食店なら一応オッケーとしている。これはもうタイに移住した当時からずっと守っていて、よほどのことがない限り屋台で何かを食べることはなかった。旅行で訪れて一番最初に屋台でクイッティアオを食べた時に、客が食べ終わって汚れた皿を洗剤入れたバケツにドブ漬け(流さない)して洗っているのを見て(コレは無理だ!)と思ったのである。案の定直後から下痢に苦しんだのを今でも鮮明に覚えている。見た目の情報が体に影響する(プラシーボ効果)という分かりやすい例だ(*以外に繊細)。

で、衛生面、食材管理がまだマシであろうと思われるファストフードやチェーン店「KFC」「MK」「Sizzler」「BurgerKing」「Shabushi」等のチェーン店以外を自ら進んで使うことはまずなかった。誰か連れがいれば付き合うけれど、それでももちろん信用などしていないし、なるべくよく売れているモノをチョイスするように心掛ける。例えば中華料理店の餃子などは(回転しているからよほど大丈夫だろう)といった具合に。危ないのは卵だ。半熟などもってのほかである。
それでももちろんお腹を壊し続けて来たし、ソムタムであたって丸々二日間トイレから動けない経験も一度や二度ではない。それがタイに住むリスクであって、郷に従うしかない範疇のことだと理解もしている。

最近では随分寛容になったものの、それでも自分で作るのが一番安心という考えに変わりはないし、外食時にはある程度覚悟も必要だ。
タイの場合は特に安い店が多いから<自炊よりも外食の方がお得>なんてことも分からなくはない。だけど、<安いモノは内容もそれなり>という紛れもない事実に直面するワケで、結局はある程度お金を出しておいしいモノを食べた方が良い。ということになる。

費用対効果を考えた場合、ごくごくたまにではあるが<とんでもなく安い>つまり<コスパ最高!>という飲食店がある。内容の割に価格が安過ぎるということであり、そんなのは滅多にないし、仮にあったとしてもすぐに改定される(適正価格になってしまう)パターンがほとんど。
そーやって考えてみると、日本のファストフードや全国チェーンのレストランは素晴らしいと思う。某「サイゼリア」なんてマヂでスゴイ!ミラノ風ドリア380円(95THB)とかグラスワイン100円(25THB)とか考えられない。あと、個人的には某「餃子の王将」のコスパなんて恐ろしいくらい抜群だと思っている。焼き餃子一人前6個で264円(66THB)だよ!タイのちゃんとした食堂で食べられる66THBのモノと比べてみて欲しい。どれだけコスパが良いかお分かりいただけるのではないだろうか?

少し話が長くなってしまったが、ここまで思考を伸ばすとあらためて某「AE & EK Stake」のコスパの良さに驚く。http://pattaya-ri.com/ae-ek-stake/たとえ皿の縁が欠けていようと茹で置き麺がフニャッフニャであろうともスパゲティーカルボナーラ104THB(420円)は店構えや雰囲気から考えて相当お値打ちに感じる。だから週に二回以上通ってしまう羽目になるのだ。ただ、最近ではいろんなメニュウを試した上で(やはりここはサーロインステーキ一択だな♪)と思ったりもするが。

比べると、某「BUONDI ITALIAN RESTAURANT」などはやはり中途半端なのだ。今日食べたスパゲティーアマトリチャーナは180THB(720円)。まあ確かに安い。ただお味の方はAE&EKほどフニャ麺ではないにせよ、アルデンテとは程遠くファミレスレヴェルのクオリティー。皿は欠けていないが、ホールスタッフは用事がなければ椅子に座ったままで、店員かオーナーの娘が辺りをウロチョロ。過去に訪れたイタリア料理店の中で圧倒的に断トツでダサい店内のインテリア。よくまあここまで酷い内装にできたものだなと呆れるレヴェルである(*個人の感想です)。
(こんな店でまずくもないがウマいとも言えない180THBのスパゲティーを食べるくらいなら、も少し雰囲気の良いレストランで300THBのパスタを食べた方がマシ)と、正直思うのだった。

文句言うなら行かねば良い。もちろんそーだし、再訪はないな。

考えてみれば、パタヤにおいて(ここはいい店だなあ)と心から思えるレストラン、食堂は少ない。内装食器メニュウ内容サーヴィス価格などバランスの取れた優良店って一体どこ??もちろん好みの問題もあるが、(うーむ)と唸ってしまうほど思い当たらない。ま、最近紹介した中で言うと某「ラープウボン」http://pattaya-ri.com/larb-ubon/とか某「L’Auberge」http://pattaya-ri.com/lauberge/くらい?
で、結局のところ「KFC」「MK」「Sizzler」ってことになってしまう。

なんだかちょっと寂しいような気もするけれど、
これが私の正直な

感想なのであった。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ









 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ついに切れてしまった糸は、果たして再び繋がるのだろうか

「今の気分にピッタリだな!」 スクムヴィットロードをバイクで走行中、前を走ってい …

桁違いのお金持ちはやはりやっていることがスゴかった

現状のヴェトナムにおいてお金持ちとは基本的に元々の大地主、というか地権者が多いと …

事故った時は1748

我が愛車マーチ君がようやく修理から戻って来た。 紆余曲折はあったものの、結果的に …

結局旅の想い出はハプニングではなかろうか、とも思う

海外に知人が住んでいると、その国に旅行する際にはとても頼もしい存在となる。 十四 …

残りわずかな研修期間で何を学べるのだろうか

「テーブルにお皿を置く時に心がこもっていませんね〜」 そう言われて「ドキッ」とす …

B.T.Sに乗りたくない症候群

「結局長袖シャツがベストなんだよなあ」 そう結論づけたのは、タイ移住三年目くらい …

人的ミニマリストを卒業する日は近い?

ルーティンになかなか戻れない。というか、リズムが取り戻せないのである。 タイ在住 …

疲れて腰が痛い中サイト復活のお知らせ

皆様ご無沙汰しております。 クレジットカードの有効期限切れが原因でレンタルサーバ …

チェンマイ最後の夜は何度も何度も悲しみの雨が降るのだった

「いったいぜんたい何故ビーフステーキなのだ!?」。 チェンマイ滞在最後の晩ごはん …

大して驚くような事件でもないが

涼しくなったなあ。 先週辺りから基本毎日雨で、タイのようにスコールではなく小雨が …