P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

「アンチエイジング」について真剣に力説するの巻

   

いろいろ考えた結果、やはりどーしても現在持っている「EDヴィザ」を失うワケにはいかず、相変わらず学校に通う。

ただ、最近は事務員女子をなんとか懐柔しつつあって、出席表にサインだけ書いて授業をサボっても「マイリアン(32222勉強しない)」とは書かれなくなった。しかし、「イミグレ」の担当官は相変わらずしばしば学校を訪れるようで、「チェックされているから」と念を押されるとビビってしまう気の小さい私なのであった。

さて、三十二才になる彼女、私の実年齢がどーしても信じられない様子で毎日のようにその件をツッコまれるのだが、「ニッポン人は誰でも若く見えるのさ」とか「若作りしているだけだよ」とか「アジノモトを食べないからね」などとテキトーに誤摩化すもののあまりにもしつこいので、今日はいよいよちょっと真剣に答えてあげた。

「実を言うとね、三十才になる頃から毎晩寝る前のクレンジングとローションを欠かさないんだ。ちなみに<Shu Uemura>の商品で一本2000THB以上するけどね」。

本当の話だが、「海洋深層水」のローション(化粧水)があまりにも高いので四十才になってやめてしまった。未だに「クレンジングオイル」を使って毛穴の汚れを意識しつつ洗顔しているが、最近は「あまり顔を洗わない方が良い」という説(*乾燥し過ぎるので顔の油分をある程度残す)もあるのでよく分からない。とにかく
「男のオレでもそうやって気を遣っているのだから、毎日メイクする女子は相当お肌を大事にしなくちゃダメだよ。化粧を落とさずに寝るなんてもってのほか!」と力説してやったら彼女は大きく頷いてようやく納得したようだった。
それだけ気を遣ったところでホクロはたくさんあるし別に肌なんてちっともキレイぢゃないが、確かにシワはそれほどないかもしれない。ネタをバラすと、モデルクラブ時代にメイクのセンセイが「Shu Uemura」の回し者(信者?)で「基礎洗顔セット」を無理矢理買わされていたのだ。

現実問題、白髪は増えたしおしっこのキレは悪いし、自分では日に日に「老い」を感じている。ただ、精神年齢はいつまでも若くありたいのでかなり「若作り」をしているし、年齢を聞かれると無理を承知で恥ずかし気もなく「ひと回り」サバを読んでいる。学校みたいに提出書類があると実年齢がバレるから面倒なことになるが、普段は「〇〇才だよ」と言っておけば「ふ〜ん」となり、特にツッコまれもしない。しかし、紫外線の強いタイに来てからは肌も衰えているし老けたのは明らかであり、「劣化」の早いタイガールと比べれば多少マシだろうという程度だ。

ところで、学校に通うようになっていいことと言えばやはり「規則的な生活」だろうか。朝早起きするようなってちょっと健康的になったかもしれない。サッカーを見る為たまに夜更かしするけれど最近はほとんど夜遊びしないので寝る時間も早くなったのだ。体調もすこぶる良く、お腹も空くので食べる量も増えてやや太り気味だ。
こーなると運動不足が気になるが、どこに行くにもバイクだし歩くことすらない。ゴルフにもまったく行っていないし、たまには散歩でもしないと足が退化してしまいそうだ。「若作り」するならばファッションだけでなく、体も鍛えなくては。

「コンドー」に引っ越せばプールがあるので毎日でも泳げるし、キッチンがあるので自炊もできる。本当にその気になればかなり健康に暮らせるはずだ。

ま、「怠け者」の私のことなのでそんな生活も長く続くとは

とても思えないけれど。

*家の近所でソンテウに激突する観光バス。
バスとソンテウが激突

事故

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

工業団地も分からないの?(フンッ)と、鼻で笑われて

(しまった!)と思った時にはもう遅い。 迂闊だった。明らかに自分のミスである。 …

最近の流行は自分だけが満足する逃げ道なのか

最近自分の中で流行っていることと言えば、まずは数週間に一度自分で髪の毛をカットし …

最近のバンコクの状況について憂う

「残念」を通り越して「怒り」もさらに通り越して何だか悲しい。 このままで本当にい …

桁違いのお金持ちはやはりやっていることがスゴかった

現状のヴェトナムにおいてお金持ちとは基本的に元々の大地主、というか地権者が多いと …

ユルい国からユルくない国へ

う〜む。ユルくないわ〜ハノイ。 タイで長い間暮らして来たが、南国独特のユルさが気 …

さよならハノイ〜失うべくして失ったモノ達〜

というワケで結局パタヤに戻って来た。 まだ完全に雨季が明けきっていないようで毎日 …

ホコリとPM2.5と泥と闘い続けた三週間

ハノイに来て三週間が経った。 少しづつではあるがこの街に慣れて来たし、なんとな〜 …

ニッポンが世界に誇れるものは何かと考えてみる

亡き父に連れられて幼い頃から行っていた影響もあって無類のサウナ好きとなり、今でも …

今となっては憧れの大都会バンコク

「バンコクスゴイな!」 パタヤに移住してからは用事がない限り来ないから、たまにバ …

いつまでも楽園であり続けてくれればと思う

「無事楽園に着いたかなあ?」 友達からのそんなメッセージを見て思い出した。そーか …