P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

ただ単に寒がりなだけなのかもしれないにせよ

   

「帯に短し襷に長し」とはちょっと違うのかな。とにかく、条件にピタリとハマるということは、現実問題なかなかないワケで。

そんな中、決断しチョイスする日々が続く。
何の話かと言えば、毎日通う喫茶店の件だ。

ロシア人M氏の失踪(?)以来wifi難民となり、電波を求めてパソコンの入ったバッグを担いで彷徨う私なのであるが、元々通っていた某「BON CAFE」は電波の状態が基本イマイチであり時間帯によってはかなり良くない。

コーヒーはウマいし店内もトイレもキレイで居心地は決して悪くない。エアコンが効き過ぎの傾向にはあるが上に着る服さえあればだいじょーぶだし、従業員同士のおしゃべりがヒドく気になる時もあるにせよ、そもそも55THBのコーヒー一杯で日によっては五時間も滞在しておいてそんな細かい点に文句をつける筋合いなどあるものか。
日頃からもの凄くお世話になっていて、席に着けば何も言わずとも数分後にはホットコーヒーが運ばれて来る、100点満点で少なくとも80点はあげられるスイス発の素晴らしいカフェである。
http://pattaya-ri.com/bon-cafe/

しかし、作業内容によってはその「wifi環境」が許せないこともあり、仕方なく行くのが某「TOMN TOMS COFFEE」なのだ。
http://pattaya-ri.com/tomn-toms-coffee-pattaya/
ガラス

ここがヒドい。コーヒーは味が薄くアメリカンにもほどがあり、従業員の教育も悪い。今日もタイ語でオーダーしたら顔をしかめられ「アライナ(2223、何)?」ときた。まあ、タイにおいてこれはよくあるけれども、せめて「カー(32)」を付けろと。それとも「ナ(3、確認などの意味を持つ接尾語)」の後には丁寧語がつかないものなのか。「ワ(3、<ナ>に毒の意味を含めた接尾語で汚い言葉とされる)」でないだけマシなのだろうか。シアトル系カフェとは言え、テーブルをちっとも片付けないのもどーかと思うし。
コーヒー

それよりも何よりも、とにかく店内があまりにも寒過ぎる!
その昔、夏場にDVDを借りに行った某「GEO」にて「ここは北極か!?」とよく文句を言ったものだが、近いものがある。これは南国にありがちなことだが、「店内が涼しいことこそ最高のサーヴィス」という発想は如何なものか。特に曇っている日などは、空調の設定温度を変えずとも外が涼しい分効きが良くなるのかやたらと寒い。タイのエアコンにはサーモスタット的な機能が付いていないのだろうか。とにかく、「今日は曇りで涼しいから設定温度を上げよう」などという動きは1ナノもなく、リモコンは摂氏22度のまま放ったらかしに決まっている(*個人的な予想)。だから、さっきまでブルブル震えながらキイボードを叩いていた。
天井

エアコン

入り口

がしかし、この店の良い点はwifi速度が抜群に速いところ。動画も何のそのであり、これは実に有り難い。ただ、これはひょっとして私の勘違いなのかもしれないが、電源が使えない時がある。場所によるのか、それともメインスイッチをオフにしているのか、ともかく、結構な確率でコンセントにプラグを差しても電気が来ない。まったく困ったものだ。
プラグ

あまり文句を言いたくはないし、やはりここでも何時間も滞在するのでハナから筋合いはないとしても、あまりの仕打ち。ちなみに、空前のカフェブームが続いているらしき韓国発の店であるが、そこはあまり関係ないかな。

ただ、それだけの話だ。

あくまでも愚痴である。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - グルメ, ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

生きていること自体が幸せと思う時

年末年始に事故や事件が多いのは世界共通だが、タイは特にヒドいのではないか。新年早 …

Miyabi Gril Buffet

「雅 グリルブュッフェ(パタヤ店)」☆☆ ニッポン風焼き肉食べ放題の店が「センタ …

ニッポンへ行く前にやっておくこと

ニッポンへの一時帰国を前にして(何かやっておくことはないか)と考えるものの、特に …

「Wongamat」エリアのコンドーについてのリポート

パタヤビーチの北側に位置するナクルアビーチ。 規模は小さいが静かでいい感じであり …

スタートから三ヶ月目にして早くも限界を感じてしまうとは

随分久し振りに雨が降ったのが土曜日だから一月三十一日か。ただ、スコールではなく「 …

円安時における日常的食料品の価格を検証してみる

2014年も終了しお小遣い帳を集計してみたところ、なんと支出額が六十万バーツに達 …

公園の池の廻りを何周するのが潮時なのだろうか

「え?30才なの?マヂで!?」 最初に会った時は学生の体操服のようなジャージ姿だ …

騒がしくて低い国にまたやって来た

「寒っ!」 新しくできてまだ一年のノイバイ国際空港新ターミナルを出てすぐ肌寒さに …

結局旅の想い出はハプニングではなかろうか、とも思う

海外に知人が住んでいると、その国に旅行する際にはとても頼もしい存在となる。 十四 …

世界共通のお金の流れの一端を垣間見る

  「何がそんなに可笑しいのよ!」 突き刺すような視線と共に彼女の鋭い …