P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

「玉突き」の「球」になってみて思うこと

   

10599621_1544255009120406_3048513443518525952_n

「ああ。もーダメだ」

急ブレーキを踏みながらルームミラーを見た瞬間、黒いピックアップトラックがもの凄い勢いで迫って来ているのが分かり絶望感に襲われる。

朝八時前、シーラチャに向かうスクムヴィット通り。レムチャバン辺りの橋のような高架を登って下った先が渋滞で完全に詰まっており、ブラインドで見えなかった為慌てて減速するも後ろから突っ込まれる、という事故だ。信号も何もない場所で普段なら「スイスイ」行く場所だから時速100kmくらいは出していたし、後ろを走っていた車もそうだろう。渋滞の原因もやはり事故であり、車を降りて確認したらかなり前方に救急車の回転灯が見えた。運悪く、起こるべくして起こったケースなのかもしれない。

「玉突き」の「球」になったことがあるだろうか。

これはもう最悪の気分だ。追突された時はまだ前の車(某トヨタヤリス)までかなり余裕があったのだが、我が愛車1200ccの軽量車マーチ君は某トヨタハイラックスヴィーゴに突っ込まれてまさに吹っ飛んだ。正面からはヤバいと思ったので少し右に避けた結果ヤリスの右後部に激突。ヤリスは更にその前のロットゥー(バンのタクシー)に当たる。ヴィーゴの後ろにも一台突っ込んで計五台の玉突きの真ん中。あまりのショックにしばらくは動けなかった。

「シートベルトは逆に危ない」と考える私は運転する時「ベルトしない派」であり、体を丸めて受け身をとったものの左足をしたたか打った。ただ、それだけで済んだのは不幸中の幸いと言えるのかもしれない。念の為病院でレントゲンを撮った結果首に異常もなかったし。もしも正面に突っ込んだらフロント部分が潰れて挟まれたかもしれないと思うとちょっと「ゾッ」とする。更に驚いたのは車を出て後ろを見たら某トヨタヴィーゴが10メートル以上後方に停まっていたこと。一瞬だったから分からなかったがまさかそんなにも飛ばされたとは思わなかったのだ。そして、後ろのガラスが割れ「グシャグシャ」に潰れたマーチ君に対しヴィーゴの野郎のフロント部はビクともしていなかったのだった。

それにしてもあの「和気あいあい」としたしたムードは一体何なのだ!

一番被害の大きい私が無傷だったから皆「ホッ」としたのか、保険会社の連中が到着してからは「ニコニコ」と談笑しているし、ケーサツ署に移動してからも終止穏やかで殺伐とした雰囲気など一切ない。「どーせ保険が下りるから」と余裕なのかもしれぬがこっちはいい迷惑であり、一歩間違えたら死んでいたかもしれないのだ。笑ってなどいられるものか。まったくもーどいつもこいつも。

さて、こーいうことが起こった場合「何かの暗示」だと考えるようにしているが、まず思い当たるのは車の運転について。

この国で運転していると、インフラはヒドいしルールは「メチャメチャ」だしケーサツは賄賂で何とでもなるしとにかく危険極まりない。それを覚悟の上で「何でもアリ」ルールに慣れてくると段々運転が荒くなる。「やった者勝ち」という感覚に、ついなってしまうのだ。そーでなく「あくまでも安全運転」という意志の強い方もおられるだろうが、意志の弱い私は流されるまま「いつでも来い」と思っていたし、最近は「さすがにちょっとマズいかな」と危惧してもいたのだ。だから「案の定」であるし、今後はもっと気を付けなければ。

ちなみにタイではニッポンのように「ぶつけられたら代車を借りられて当たり前」という感覚がないようで、保険会社に要求しても「フニャフニャ」していてどーも当てにならない。修理にかかる三ヶ月の間費用を先払いしても全額戻ってこなかったら困るので、とりあえず借りた代車は二日で返すことにした。だからしばらくはゴルフにも行けないしバンコクにもバスで行くしかない。バイクがあるから日常生活には問題ないが、かなり身動きが取れなくなるワケだ。

「しばらくおとなしくしていろ」ってことか。

フツーに考えればそーなるし、円安が進行し過ぎてどーにもならない現状、それはある種の選択でもある。ここ半年くらいかなりアクティヴに動いてお金もかなり使ったけれど、まだまだ先行投資の段階であり収入に結びつくのはかなり先の話。おまけに車がない。これはもう「何もするな」ってことでしょ。

「引き蘢る」のは得意技でもある。

ここはひとつ素直に従うとしよう。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

それにしても発掘されるのはしょっぱい想い出ばかりなり

「ヤクニキちゃんだ!」 バンコク在住の友達から久しぶりに電話があり、何事か?と思 …

お金がなくなったなら日本に帰ろう

ココはひとつ空港で一夜を明かしてみようかな、と思うのである。 今回日本に帰るのは …

6種類の声調と11種類の母音の組み合わせが天文学的数字に思える件

「???」 「私はニッポン人です(トイランゴーイニャットゥ)」と、とりあえず挨拶 …

最近どーにも気になるのネジと抹茶のこと

「違うんだよなあ」 そんな風に思うのは自分くらいのもの、と自覚しつつもついついツ …

どんな質問にもキッチリとお答えしようではないか

「ヂンロ〜(2212、マヂで〜)?」 「アメリカから来た」と胸を張って答える男子 …

必要以上にビビり過ぎなのかもしれないが

コワイなあ。ホントにコワイわ。この国。 ハノイに移って来てから今までいろんなこと …

「プランB」に続く「ウルトラC」とは

「えー八時ぃ〜?それはないわ〜。勘弁してよもぉー」 泣き言を言っても始まらないの …

完遂することがどれほど大切かとあらためて知る

「ニッポン人のヴィザなし滞在って三十日間だったわよね?」 イミグレのおばちゃん、 …

輩達との闘いは果てしなく続く

「十倍かよ!」 遂に捕まった。 まあ、ハイシーズンのパタヤと遜色ないほどケーサツ …

イヤならやめておいてのひとことで終了なのだった

暑い暑い暑い暑い暑い! ハノイの夏がこんなに暑いとは思ってもみなかった。 陽射し …

PREV
cafe pitini
NEXT
OSAKA