P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

不倫について他人がそこまでとやかく言う筋合いなどないのでは?

   

「北かよ!」

と、思わずツッコんでしまったのは、ひょっとして私だけではないのでは?
そう。今年の漢字というヤツね。例の。

北朝鮮がミサイル飛ばし過ぎっていう理由がメインなのだろうけど、あまりに短絡的に過ぎないか。正直投票でその字が選ばれたことには驚きだった。

では何か?と問われれば私は「倫」だと思う。
今年はやたらと芸能人の不倫報道が目立った気がするし、世間一般でも倫理についてSNSなどで議論が白熱する場面が多かったのではないか。あとは「BPO」を恐れる放送業界とか。投票では9位に入っていたけどね。

個人的には「迷」だな。そこはもう迷うことなく。

今年は自分でも呆れてしまう程完全に迷走した。悩みに悩み悩んだ挙げ句タイ王国に戻って来てようやくちょっとだけ落ち着いたけれど、一年を通してこれだけその後の人生について考えあぐねたことはかつてなかったし、結果的に周りにも迷惑を掛けてしまった。

このニュースが流れると(ああ。今年も終わりかあ)と実感するワケだが、最終的には大きな事故や病気怪我もなく無事過ごせたことに感謝せねばなるまい。

さて、タイは数日前から一気に涼しくなった。というか、少し寒いくらい。

この時期になると凍えて死ぬ人が出てくるのも毎年恒例。まさか!と思う人も多いかもしれない。でも、暖房器具や防寒具のないシチュエーションで感じる寒さについては、私も日本海の島で経験してその恐ろしさを知ったからなんとな〜く分かる。寒さに慣れていない人間は寒さをナメてはいけない。少し前に日本の雪山でタイ人が遭難していたが、よく行こうと思ったものだ。

いずれにせよパタヤではさすがに死ぬ程寒くはならず、晴れた日の昼間でも摂氏30度以下夜になると10度台というのは最高の状況と思われる。夜バイクを運転していると空気の冷たさを感じられる誠に贅沢な季節。今頃日本に居たらどーなっていただろう。「寒い寒い」と、毎日のようにどーしようもないことに文句を言っているのは間違いあるまい。

細かい件はさておき、住環境については抜群に良いと思われるこの街。気候はもちろん、渋滞はさほどでもないし何でも手に入って便利だし物価もさほど高くないし洪水や停電のリスクも少ない。
狭いながらも自分の部屋があって好きなように使えるのもありがたい。誰にも気を遣わず日々過ごせることの素晴らしさも日本で共同生活をしてみてあらためてよ〜く分かったし。

できることならばこの地でずっと暮らしたいのだけれど。田舎者の私は、バンコクのような都会だと精神的に疲れてしまうのだ。

来年はどんな年になるのか。

楽しく過ごせるように願う。

*買い物中に停電したセントラルフェスティヴァル内の某「H&M」。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ビジネスヴィザという夢の様なお札を得られるまでには

「ケーサツ呼びますよ」 いやいや別に大声出してないし差別的な言葉も使ってないんだ …

日本とタイの二重生活は可能か?を再々再々検討

「は?パタヤビーチ??」 最近話題の「少年サッカーチーム洞窟遭難事件」が日本のニ …

それは決してエロい意味ではなく、夢にまで見た様々なピンク達

頭の中がピンクで一杯なのだ。 と言っても決してエロい意味ではなく、純粋に色のピン …

海から海へ

「ピーマイパイナイ(22112212)?」 年末になると皆そんな挨拶を交わす。 …

さすがにもう色恋に踊らされることはないだろうな、と思う

カラオケ嬢はやはりカラオケ嬢でしかない、ということなのだろうか。 ハノイに来てか …

雨季の始まりの予感は切なさと共に(某化学調味料に捧げるオマージュ)ー前編ー

「やっぱり入れるんだよね〜。そんなにも」 もちろん予想はしていたけれど、まさか下 …

カレシ持ちタイガールの耳許で下ネタを囁くことのコワさ

「え?十八才なの??」 「Nットゥが今日誕生日だから一緒に飲もうよ」というM嬢か …

一服の清涼剤が謹慎を解かせることとなる

「今日はレディースデイよ。いつものコはどーしたの?」 確かにそーだった。ここには …

新規オープンの事実を知ってしまった以上は

紹介するのがすっかり遅くなってしまったが、二週間程前新しくオープンしたのには気付 …

ユルい国からユルくない国へ

う〜む。ユルくないわ〜ハノイ。 タイで長い間暮らして来たが、南国独特のユルさが気 …