P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

そもそも高級リゾートに相応しい人間かどうかが問題なのだ(後編)

      2015/01/17

ところで、プーケットは暑かった。

今、パタヤの夜はかなり涼しくて寝る時は(薄っぺらい)布団が必要なほど。しかし、湿度が高く半袖で街を歩いていてもすぐに汗ばむ。やはり南に位置するのだから暑いのは当たり前か。そして、雨も降る。三日間の滞在のうち二日はスコールに襲われたのだった。まあ、パトンビーチが山に囲まれているせいかもしれぬが。
スコール

10891863_1557601571119083_8157646599947012477_n

10157194_1557601581119082_508594895109830439_n

というわけで、後半は食事その他について。

名産品は何か知らぬが、南部だからおそらくドリアンその他フルーツに違いない。では、何を食べるのが良いか?と問われればそれはもうシーフードとしか答えようがない。
街を歩けばそこら中にあるのがクラッシュアイスの上に魚介類を乗せて展示する屋台のシーフード店であり、初日の夜はそんな店で食べた。とりあえずエビがデカい。「トムヤムタレー(3222222)」で250THBだから、まあそんなものかな。
海鮮屋台

トムヤムタレー

10398663_1557319351147305_190894827431248137_n

チャーハンのエビデカい

合流した友人の目的は完全なる休養&リフレッシュ。日頃忙しく働く人達であり「ゆったり」「のんびり」がいい。だから、「離島観光」だ「マリンスポーツ」だというワケではなく「プールでまったり」&「食事と散歩」の繰り返しである。ビーチにもあまり行かず、実際問題海のキレイさなどはあまり関係がない。対してこちらの目的は彼らが持って来てくれた大量の「DVD」。コピイ天国中国ならではのお土産だ。どちらにせよ「海」自体にさほど興味などない。夜中に初めてビーチに行ってみたが、ロマンティックを求めてか結構たくさんの人が居た。そして、砂が「サラサラ」でスゴくキレイだった。
10924706_1557352597810647_6995065406625988854_n

夜のビーチ

砂がサラッサラ

二日目の昼もやはりシーフード。近くにある市場の二階にフードコートがあり、食材を買って持ち込むと好みのやり方で調理してくれるのだ。1kgにつき150THB取られるが、結局、プーケットではこの方法が一番お値打ちだと思う。エビとイカと魚を500gづつ買って、それぞれ「チリソース炒め」「カレー粉炒め」「塩焼き」にしてもらい野菜炒めを加える。食材が600THB、調理台が390THB(ごはん込み)で約1000THB。ただ、レストランで同じモノを食べればもっと高くつくだろう(ビールはコンビニで一本53THB)。同じシステムがパタヤにもあればいいのだが生憎知らない。
イカのカレー炒め

魚塩焼き

海老チリ

そして、夜はイタリアン。タイは意外にイタリアレストランのレヴェルが高くてお値打ちであり、プーケットにも有名な店がある。某「Marco」でピザとパスタを。蟹のトマトクリイムリングイネがめちゃウマだった。赤ワインのデキャンタ(1L)も入れて一人760THBなら安いのではないか。
イタリアン

ピザ職人

ワインデキャンタ

トマトとモッツァレラ

マルゲリータ

蟹クリイムパスタ

で、最終日のお昼。店の前を歩く度に人が一杯で夜になると行列ができるというタイでは珍しいレストランに行ってみた。名前は某「No.6レストラン」。おそらく観光雑誌にも載っているのだろうが、何故そんなに人気なのか不思議でしょーがなかった。やっとの思いで席に座ってメニュウを見て理由が分かる。一般的タイ料理がほとんど100THBであり、他のレストランよりも安いのだ。そして、出てきた皿を見ると量も多い。あくまでも味はフツーだが、それだけのことで行列までできるのだから、結局そこに来る人は皆「コスパ」を重視しているということ。「高級リゾート」に相応しい人間は何も私だけではなかったという話である。ドリンクも合わせて総額480THBと今回最安値だった。
行列

No.6レストラン

1505248_1557960037749903_7431045483825334636_n

10891617_1557960144416559_7730890306108267868_n

10888489_1557960004416573_891219204386153584_n

10923479_1557960187749888_950595114549124621_n

てなワケで、楽しい旅行も「アッ」という間に終了。帰りの飛行機が深夜便だった為余裕をカマしていたら、帰りのロットゥー(3332)、つまりワゴン車が予約で一杯になってしまい、タクシーに独りで乗って空港まで行くハメに。180THBで済むはずが700THBも払うことになり、高い授業料である。よーするに帰りの車の手配は前日までに済ませておくのが「常識」なのだった。ま、各ホテルまで迎えに行くロットゥーが空港まで二時掛かるのに対しタクシーなら一時間だし、「高級リゾート」なのだからそれくらいの出費は致し方ない(涙目)。

空港に着いたのが午後九時で、搭乗まで三時間半。飛行機に乗っているのは一時間半くらいで、ドンムアン着は深夜三時。それからスワンナプーム行きロットゥーの始発の 朝五時まで待ち、スワンナプーム空港でパタヤ行きのバスのチケットを買うカウンターの大行列に並ぶ。結果的に八時出発までたっぷり二時間待つ。つまり、待ち時間の合計が何と七時間半であり、家に着いたのは朝の十時だった。パトンビーチを出発してから、実質十四時間も掛かったことになる。

ということで、今回の旅行で出た結論を言おう。

そこまでしてわざわざ「海から海へ」と行く必要があるのか。

答えはもちろん「否」である。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

拝啓、イミグレーション係官様

「やっぱりか……」 「ひょっとしてダメかも」と、ある程度 …

楽園の幻と共に消えるハーレム願望

楽園なのだろうか。果たしてそーなのか。 「私には楽園に見えます」。 この地を訪れ …

「トムとジェリー」の世界へようこそ

「八月ね」 新しく担当になったオカマちゃん(と言ってもキレイ系ではなく重量級)は …

ユルい国のユルい学校でユルいセンセイからユル〜く受ける授業

「えっ?そーだったの!?」 一瞬驚きはしたものの、まあタイにおいてはよくあること …

このスピードについて行くしかないのだろうか

実際に来ハノイしたのが2月29日。てことはまだ三ヶ月にもならないんだよなあ。 も …

撤収するなら今のうち

タイにやって来て気付いたことがいくつかある。 街に巨大モニターが増えたとか、プリ …

最近どーにも気になるのネジと抹茶のこと

「違うんだよなあ」 そんな風に思うのは自分くらいのもの、と自覚しつつもついついツ …

これだけ可愛くないキャラもなかなか珍しい

ニッポンからタイに遊びに来た女子を案内したことは何度もあるが、そのうち四人は一人 …

歯科助手の強引な手の動きに萌える

奥歯に被せてある金属が取れた。 「コレはマズい」と思ったが、冷たい水を飲んでも沁 …

海から海へ

「ピーマイパイナイ(22112212)?」 年末になると皆そんな挨拶を交わす。 …