P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

日泰混成アイドルユニットにヒット曲カヴァーを歌ってもらうのはどーだろう

   

「B.T.Sね!」。

確かにその映画が大ヒットしたのは覚えている。ネットで確認したところ2009年公開の作品だ。

当時はタイに移住して2〜3年目くらいで、ようやく言葉も少し話せるようになってローカルエリアにどんどん侵入していた頃。つまりある意味一番楽しかった時代であり、数々の生々しい記憶が蘇ってくるほど充実した生活を送っていた。

映画ドラマが流行すると主題歌やタイアップ曲が街中(まちじゅう)で流れるから自然に覚えてしまう。私の体感だとこの傾向はニッポンよりも顕著で、バーやディスコなどナイトシーンでも頻繁に聞くことになるからクラブ活動をしていていれば体に染み付くくらい全身で浴びまくるワケで。特にあの頃はローカルディスコに通うのが楽しくて仕方なかったし、DJがタイポップを流して皆で大合唱というお約束の時間が結構好きだった。まだタイ語が拙くて歌えないから悔しかったし、気に入った曲はいくつかタイ文字で歌詞をメモって練習もした。

だから、Tちゃんとタイ映画の話になって彼の一番好きなこのタイトルが出た時、(あれ?主題歌なんだっけな??)となる。自分の中では、 #25Hours のヒット曲
#インディーティーマイルーチャック (222232322322) の方を鮮明に覚えているし、映画
#กวนมึนโฮ グワンムンホー (2122222)のストーリーならすぐに分かるのだが。何しろD.V.D持ってるからね。
曲はこちら。


なんと日本語ヴァージョンが!正直歌のレヴェルは???だが、努力は買えるぞ。

で、帰って早速ネフリチェックしてみるも、さすがに古過ぎて出て来ない。仕方なくYouTubeで検索したら主題歌がすぐにヒット。で、聴いてみたらすぐに(ああ。コレか!)となり、なんだかすごく懐かしくて心がすさぶられ、Bメロになってサビになったらなんと涙がドバーッと出て来た。まさに号泣である。(え?どーいうこと??)と自分でもワケが分からない。
映画の正式なタイトルは
#รถไฟฟ้ามาหานะเธอ (ロットファイファーマーハーナター3322233222322)
#BangkokTrafficLoveStory
主題歌&アーティスト名は
#ProtSongKraiMahRukChunTee
#Instinct
こちらです。いい曲なので是非最後まで聴いてみて欲しい。

ニッポンのバンドとコラボしている曲もあったので、一応載せておく。
「Light」/Instinct x WEAVER

いったい何故涙が止まらないのだ!?何か強烈な悲しい出来事と直結しているのだろうか?しかしまったく記憶にないぞ。おそらくはこのBメロからサビに向かうメロディーが私の心に響くのか。確かに素敵な曲ではあると思うが。どーしても気になったので、とりあえず映画のDVDと主題歌のCDを買って来て、早速家でチェック。で、歌えるようになるまで覚えよう、と、ここ数日ずーっと聴いているが聴けば聴くほどによくなり、(日本でもウケるのではないか?)と、少し思った。

ところで、前者についてネットで調べたら昔のブログ記事がヒットして、なんと自ら日本語訳をつけていた。ただ、これについては歌う為のカヴァー訳ではなく、ただ単に歌詞の意味を直訳のニュアンスで少し意訳しただけのもの。

「知り合わないままでいい」 / 25hours

君が誰なのか 僕は知らない
僕が誰なのか 君は知らない
本当の世界 それが
どんなものなのかなんて
僕たちはまだ知らない

一番大切なものが 実は
そんなに大事ぢゃないのかもしれない
だって 同じ日に僕たちは会えるし 話せるし
近くにだって居られるんだ

広い 大きな世界を君に見せてあげよう
同じ日の終わりに
僕たちだけにしか見ることのできない
全ての幸せを掴みに行こう

知り合わないままでいい
これだけはわかる
愛してることで満足なんだ
言葉だけぢゃ伝えられない
愛するのを抑えられるなんてホント?
君が近くに居る そう
それだけで最高なんだ

離れた心をそのままにしてみる
離れた君を自由ににしてあげる
自分で行くんだから
どうしたいかなんて考えなくていい

会うのは間違いだなんて思ってない
もし僕たちが何も考えなけりゃ
どんなことでもしてあげられる
君がいつかしたいと思うことを

△ * 繰り返し

意味的にはこんな感じ。ただ、日本語の歌詞を曲に当てはめようとするとものすごく難しい。
これからこの作業に入るワケだが、やはりメチャメチャ大変だ。ある程度英語を混ぜるしかないが、それにしても歌詞をピッタリ合わせるのには相当苦労しそう。

さて、何故こんなことをやっているかというと、実はビジネスに繋がる話なのだ。
少し前から私が考えている企画、
「ナゴヤで地元を盛り上げる為にアイドルユニット(ラップ&ダンス)を結成しイヴェント、メディアで活躍してもらう」から派生し、
「日本とタイにマーケットを持つ某企業のキャラクターとして日泰混成アイドルユニットに<親善大使>を務めてもらう」という案に発展。ニッポンとタイ双方で行われる「フェア」等のイヴェントに参加しつつ、オリジナル楽曲でYouTube再生回数1000万を目指す。というもの。

但し、オリジナル曲の数がまとまるまではステージでカヴァー曲を披露する必要があり、日泰双方でそれぞれの国の名曲をそれぞれの歌詞付きでカヴァーする。つまり、タイポップには日本語歌詞、Jポップにはタイ語歌詞を加える必要があるのだ。
これらが実際に可能かどうか。いやもちろん不可能ではないにせよ、ハードルがなかなか高いことは十分認識している。そんな中、私がタイで歩んで来た十数年間の記憶を辿りつつ、できる限り自分でやってみようと思ったのである。

実際、タイポップ、ロックについては移住した当時から(あー、昭和の香りがしてなんとも親しみやすいメロディーだな)と、ずーっと感じて来た。だから、タイの楽曲をニッポンに介する、というのは悪くないなあと、実際某イーパラ(*日進市で共同経営していたベーカリーカフェ)でB.G.Mとして流したりしたこともある。個人的には、(ああ。ニッポンのカフェで流しても全然違和感ないわ。いやむしろ合う)とまで思ったくらい。お客さんは当然そんなこと知らないから、(これらがタイの曲って聞いたら驚くかな?)と想像してほくそ笑んでいたのだった。

でも、これってひょっとすると、古き良き時代を知っている我々世代だから感じることなのかもしれない。つまり、今の若者にウケるかどうかで考えるとちょっと難しいのかも。そう思った理由は、昨晩部屋にやって来たS嬢にたまたま観ていた映画「BangkokTrafficLoveStory」の話をして、バービアに同伴してYouTubeをバックに歌詞カード見つつ熱唱してみたが、彼女の反応がスーパー薄かったから。ほぼ興味なし、といった感じ。ま、私の歌が下手だったからかもね。

(うーむ。若者にウケるのはもっと最近の曲なのかもな)と考えを改めたものの、まずは自分が知っている範囲で試してみるしかない。

逆に、例えば某スピッツの曲にタイ語歌詞をつける方が早いかもね。とりあえず「楓」あたりからやってみるか?

などと、サウナルームで気持ちよ〜く汗をかきつつ妄想の旅に出る。

どーしても仕事のことから頭が離れないので困ってしまうのだった。







タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ










 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

待つのがそれほどイヤだという件に今更気付く

「瞬間湯沸かし器」(知り合いに何人かいる)という程ではないけれどまあ気が短い方で …

何故か突然衝動買いしてしまう服とスニーカー

あ〜あ。また買ってしまった。 すっかり物欲がなくなってから久しいしファッションに …

家電製品激戦国にて悩む日々

十一月になり、暦の上ではハイシーズン突入。しかし、ここへ来て毎日雨が降り、まるで …

右でも左でもなくてちょっと「ホッ」とする

体調不良が続く昨今。 先週金曜日には屋台の鶏レバー串を食べてお腹を壊し、土曜日に …

ライヴとブラと妄想で興奮する夜

サイトにて事前に紹介しなかったのはそれを知ったのが前日だったから。 某「BON …

ヴィザ取りツアーが相当にヘヴィーであるという現実を思い知る

「ハノイかよ!」 一度ネガティヴな印象を受けると、なかなか拭い去れるものではない …

動かざる者喰うべからずの法則2

「マズいな・・・」 見た目がどーこーではなく物理的問題発生である。 パンツという …

うまく描けない未来予想図と苦労と葡萄の相関関係

怖い。ものすごくコワイのである。 「明日は明日の風が吹く」「人生コレすなわち行き …

チェンマイで糖質制限はヒジョーに難しいこととあらためて知る

チャンピオンが決定したにも関わらず、昨日は某 「カオソーイネットフリックス」と呼 …

大都会バンコクにて夢見心地のまま現実を知る

「う〜ん。やっぱり大都会はスゴいなあ〜」 そんな当たり前のことを、バンコクを訪れ …