P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

誰にだって苦手なモノがあるはずなのだから

   

「寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い!」

と、声に出したところで暖かくなるワケでもないのに、何故かついつい言ってしまうのだった。

誰にだって苦手なモノがきっとあるはずだ。
もちろん私にもあって、ムカデや幽霊よりももっと苦手なのは寒さなのである。

日本海に浮かぶ島なのだから冬は風が強く相当寒いに違いない、という予想通りなのだけれど、実際10月半ばで既にこの寒さなのだから本格的な冬になったらトンデモナイことになるぞ〜!と思ったのが一週間程前。
元々視察のつもりで小さなスーツケース一つでやって来ており着る服もないので、仕方なく寝間着用のジャージパンツと毛布をネット通販で購入。生まれて初めて某amazonを利用してみたが、この手軽さはクセになりそうでコワいな。

で、これ以上の寒さには耐えられないぞ、というのがキッカケだった。所詮はその程度の軟弱なヤツなのだ。がしかし言い訳をさせてもらえば、南国に渡ってほぼ十年間日本の冬をかわしてきた超スーパー寒がりの私にとって、やはりそこはかなり切実な問題なのである。何しろ、寒くなった途端体の動きも思考も急激にダウンしてしまうのだ。まるで電源が切れた家電製品のように。

そーなると今更ながら実感するのはやはりタイの気候の良さである。

日本に住んでいた頃はずーっと鼻炎や乾燥肌や末端冷え性に悩まされていた。私はどちらかと言えばやせ型で体質のせいなのか寒さには滅法弱く、そのような女性的悩みを常に抱えていたのであった。平熱もしくは基礎体温が特に低いワケでもないのだが、冬になると手足はいつも冷たくて凍えていたものだ。こうしてパソコンを打つ手が今も冷たくて時折膝と膝の間に挟んでいないとかじかんでしまう。
しかしそれらの悩みがタイに移住して一気に解決。長らく住んでいるうちにいつの間にか当たり前のように思っていたけれど、こーして日本の寒さに直面してみて、あらためてありがたさを痛感したのである。

逆に暑いのは何故か平気なのだ。だから、私にとって気候の良さとは主に南国のそれを指す。

思えばヴェトナムのハノイでも1月2月頃は寒かった。気温が10℃以下に下がることはまずないのだけれど、湿度が高いのでジワーッと身にしみるのだ。暖房器具が一切なかったから、寝る時によく凍えていたのを今も思い出す。

タイでは一番寒い時期でもペラペラの掛け布団のみでオッケーだった。たまに女のコの部屋に泊まって水シャワーしかない時はさすがに寒かったけれど、それ以外で寒さに震えるような経験はほぼなかったはず。

ああ。今、猛烈にタイが恋しい。

だから結局戻ることにしたのだ。
あの国へ。

もちろん理由は他にもたくさんあるが、細かいことは今となってはもうどーでもよい。とにかく頼まれると断れないタイプが故多少なりとも期待されている雰囲気の中ではそう簡単に辞意を表明できなかったのに、寒さには勝てなかった、というのがいかにも根性なしの私らしいと言えよう。
ただ、正直ここまでよく頑張ったと思う。甘いと思われるだろうが、自分を褒めてやりたいくらいだ。

あらためてタイで仕事を探す、もしくは就職活動をすることになる。
おそらくとても大変なことだろう。

でも寒さに比べれば何てことない。

それだけは間違いないのであった。

*夏用のペラペラ布団にフリースの毛布一枚ではもう既に寒い。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Comment

  1. 残念です より:

    結局島から出るんですね。

    • izumix65 より:

      はい。いろいろ考えたのですが、やはりタイに戻ることにしました。
      残り少ない人生を賭けてもう一度海外でチャレンジしてみようと思います。
      島の方々には本当にお世話になりました。ありがとうございます。

      • 残念です より:

        ベトナムの物価はタイよりも安いですよね?
        もうベトナムへの興味はないのですか?

        • izumix65 より:

          そうですね。トータル的には若干ヴェトナムの方が安いと思われます。
          ただ、ハノイでは随分ヤラレたので、いつか取り返しに行かなくてはならないと思っています。
          しかし、商売をする以上現地の言葉が話せることは必須であり、ヴェトナム語をなかなか憶えられなかった件が
          ハノイから撤収するもっとも大きな理由です。
          そういった意味で、ある程度現地語が話せるタイでならばまだ商売になる余地があるのかな、と考えました。
          もちろん簡単ではないですが、頑張ってみたいです。

  2. 残念です より:

    この冬さえ我慢すれば、島の外のことは忘れます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

まったくもって地雷の心配はありませんのでご安心下さい

そろそろ覚悟しなくてはなるまい。 「日経平均」は上がる一方でこの調子なら今年中に …

ホコリとPM2.5と泥と闘い続けた三週間

ハノイに来て三週間が経った。 少しづつではあるがこの街に慣れて来たし、なんとな〜 …

世界共通のお金の流れの一端を垣間見る

  「何がそんなに可笑しいのよ!」 突き刺すような視線と共に彼女の鋭い …

ユルい国からユルくない国へ

う〜む。ユルくないわ〜ハノイ。 タイで長い間暮らして来たが、南国独特のユルさが気 …

イタリアの電化製品が全て火を噴くとは限らないにせよ

「マイチャンペンカー(32222232、必要ないです)」 いやいやいやいや。それ …

タイでは男女問わず普段から皆裸でウロウロしてるんだよ

とにもかくにもまずは謝罪せねばなるまい。 こちらの目的が何であれ、こうして世の中 …

蚊も蟻もまったく大した問題ではないのだけれど

お腹が直った(多分)のでいつものゴハンに戻ったワケだが、最近のパターンだと家で食 …

イミグレで二時間以上待たされて凹むの巻(extension 30days)

無気力症候群はやや大袈裟かもしれないけれど、「何もやる気がしな」くなるのはここ十 …

人間関係についていろいろと考えさせられる

  昨日の続き。 翌日、つまり昨日は夕方ゲスト達がバンコクへと戻ってか …

これからどんな闘いがあるにせよ、まずはドンを稼ぐしかないということ

「コイツらヒドいなマヂで!」 という書き出しで公安についていろいろ書いてみたもの …