P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

それにしても発掘されるのはしょっぱい想い出ばかりなり

   

「ヤクニキちゃんだ!」

バンコク在住の友達から久しぶりに電話があり、何事か?と思ったら実にまあなんとも貴重な情報を授けてくれた。以前私がほんのちょっとだけ親しくしていたタイガールが、実家の〇〇からバンコクに戻って来ていて某店で働いているというのだ。

タイガールに関してはもうとっくの昔に達観し切っている我々にとって、そーいったいわゆる「浮いた話」はヒジョーにレアであり、しかもそのコは私が珍しく「フツーにお付き合いしてもいいかも?」と思って一応告白までした相手。ただ、現実的にはその後すぐに田舎へ帰ってしまい、アッと言う間に自然消滅となる。残ったのは彼女の住むアパートの家賃最後の一ヶ月分の借金(5,000THB)のみ、という相当にしょっぱい話なのだった。

パタヤに移住する少し前のことだから随分前の話だ。名前すら憶えていないが、日本式の焼き肉が大好きで「何が食べたい?」と聞くとすぐに「ヤクニキヤクニキ〜!」となかなか可愛らしく間違えるので、私の中ではヤクニキちゃんなのである。「ヤキニクだってば!」と何度教えてもヤクニキ!と言って聞かないので終いには私もヤクニキの方が言い易くなってしまった。まあ、実際に某「牛角」に行ったその日のみだけど。

それにしても、一瞬だったとは言え元コイビトの名前が思い出せないとは情けない。歴代カノジョを遡っていってフルネームはともかくさすがに呼び名くらい全員言えなくてはオトコが廃るというものだ。

(もうひとつの)ブログにその辺りの話を書いたはず、と、頭文字を調べる為に一旦は遡ってみたものの、よくよく考えたら既に消した後だった。まだタイがものすごく楽しかったりものすごく辛かったり一喜一憂していた時代には恐ろしく長文の日記をダラダラ書いていたもので、最近になって読み返した時にあまりにも恥ずかしくなって逆上し大量に削除したのだ。

ちなみに、イニシャルとか写真は結構マズい、などということにまだまだ疎い初心な頃の話である。つい先日もこのブログに登場していたある人のことがバレてしまって結構焦った。オフィシャルな場に知り合いを登場させるときは相当気を付けなくてはならない。

というワケで、ヤクニキちゃんのことも詳しくは書けない。いわゆるプロではなかったし、割とフツーの真面目なコだったと思う。数回デートしただけで結局寝てもいない。◯スすらさせてもらえなかったのではなかったか。売春未経験の一般的な若いコ達は本当にシャイで、お付き合いしたからといってすぐに寝ることなど許されないケースが多いのではなかろうか。昭和中期頃の日本的感覚に近い気がする。

しかし、ひょっとしたらこの「ヤクニキ」というキーワード一発で分かる人には分かってしまうのかもしれない。未だに勘違いし続けている可能性大だからね。
まあ、それならそれでも良いではないか。別に顔を晒しているワケでもないし特にディスってもいないのだから。少しばかりのお金を渡したのも、(好きなコが困っているのだから仕方がない)と判断しただけで、もちろん貸したとも思っていないし。

そして、ネットで調べてみたら彼女の写真が出て来た。ちょっと老けたなあ。当たり前である。あれからもう6年は経っているのだ。

話を聞いた段階では(訪ねて行ってみようかな?)と思っていたが、写真を見て気持ちが萎えてしまった。元気そうだからまあいっか。
もし仮に私が顔を出したところで90%気付くまい。こっちこそすっかり老けたし、もう当時の覇気はない。あの頃はまだタイガールに対して夢や希望を抱いていた。なんだったら子供を作ってやろうか?とさえ思っていたのだ。

振り返るだけで胸がイタい、

ホロ苦い想い出なのだった。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

*しょっぱい話の後だから甘いモノ、ということでもないけれど新発売?の某「オレオDOUBLE STUF」がウマい。これでもか!というくらいクリイムが入っていて、ダブルという表現も大袈裟ではない。食べ方はもちろん、片側を剥がしてまずクッキーだけ食べた後残りのクリイム部分を舌に直乗せである。

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

どんな質問にもキッチリとお答えしようではないか

「ヂンロ〜(2212、マヂで〜)?」 「アメリカから来た」と胸を張って答える男子 …

日本語字幕付き洋画DVDが今後の人生にどれだけの影響を与えるのかということ

「マヂかよ!」 あまりのショックにしばらく呆然としてしまった。 これはひょっとし …

偶然を装った似非自由恋愛志向女子の巣窟

「狭い街」であるパタヤでは訪れる場所も限られてくるので、知り合いと偶然よく顔を合 …

某家電ショップにて起きた出来事をきっかけに

体重計を買いに行った。 以前から使っていたモノは液晶部分が故障して見えなくなって …

この季節になると必ず思い描くいくつかの風物詩

「寒っ!」 タイでは「デフォ」のエアコン効かせ過ぎ室内は別にして、今シーズン初め …

ユルい国のユルい学校でユルいセンセイからユル〜く受ける授業

「えっ?そーだったの!?」 一瞬驚きはしたものの、まあタイにおいてはよくあること …

タイにおける新たな時代の「クラブ活動」が有する意義とは何か(その一)

バブル時代、不動産業界でその「崩壊」までのプロセスを現場の最前線で眺めつつ、所属 …

事故った時は1748

我が愛車マーチ君がようやく修理から戻って来た。 紆余曲折はあったものの、結果的に …

おばさんパーマのかかったキャラが立つ「TOFUSAN」

豆乳は毎日飲む。甘い飲み物は一切飲まない主義なので、もちろん無糖である。 普段肉 …

ヴェトナムの食生活は本当にニッポン人の口に合うのか

タイ王国に何かがあった時のことを考えて、近隣諸国を訪れる場合基本的にはその地に住 …