P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

日本語字幕付き洋画DVDが今後の人生にどれだけの影響を与えるのかということ

   

「マヂかよ!」

あまりのショックにしばらく呆然としてしまった。
これはひょっとしたら今後の人生を左右するとてつもなく大きな出来事なのかもしれない。

何とバンコクにあるDVDショップ某「G-STORE」が映像関連のサーヴィスをやめてしまったのである。

「映画大好き」の私は、今までにいったいどれだけのDVDを同店でレンタルもしくは買い取りして来たことか。
まあ実際問題、映画やTV番組の著作権を考えればイリーガルな件は充分承知の上利用しいたし、いくらユル〜いタイとはいえいつかこんな日が来るのだろうとは薄々勘ぐってはいた。しかし、それが現実となった時の心理状況までは想像もつかなかったしもちろん予測もしていなかったのだ。

正直相当に痛い。日本語字幕付きの洋画DVDなど海外では易々と手に入るモノではないのだ。
例えばアメリカのTVドラマならば中国では稀に存在するのだろうけれど、タイやヴェトナムにそれらがあるとは到底思えない。

マズいなあ。ヒジョーにマズいぞこの状況は。

来週タイに一時帰国するので大量に仕入れて来ようとずっと楽しみにしていたのに、今日サイトを開いてみたらお知らせ画面になった。日付を見るともう半年も前のことだったようだ。
http://www.d-store.tv

てことは今後新作の洋画を観るとすればチョイスの幅は絞られるワケで。

①映画館で現地字幕もしくは吹き替え版の作品を観る。
②DVDを手に入れて現地字幕もしくは吹き替え版を観る。
③日本帰国時に映画館で観る。
④日本帰国時にレンタルDVDを観る。

あーもー今正直かなりしんどいし、ちょっと日本に帰りたくなってしまうではないか。

ただ、帰って何をするかという話だ。

この年で仕事なんてないし。給料安いに決まってるし。

ま、TVというかヴィデオさえ観られればいいから、住むのはどこでもいいのだが。あとは食材を仕入れられるスーパーとサウナもしくはスーパー銭湯が近くにあればよい。どこか田舎の家賃が安い部屋に住んでつつましく暮らしていけるくらいの収入ならひょっとしたら稼げるかも、とか。

(それはそれで楽しいのかもなあ)などと思ってしまう自分がコワイ。日本のことをあれほど嫌っていたにも関わらずである。

元々そこまで気紛れなタイプではないと自分では思っているけれど、人の気持ちなんてコロコロ変わるモノだし、先のことなんてどーなるか分からない。

日本語字幕付き洋画DVDがそんなに大事か?

ハノイに来てからも家で時間があれば手持ちの映画を観てばかりいる私としては、実際

とてもとてもとーっても大事なんだよなあ。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

人物を登場させることの難しさで気付くある種の恐怖

もちろんいつもいつも「おひとり様」ってワケぢゃなく、昨日はバンコクから遊びに来た …

「運命」とか「心中」とか使うのはロマンティックな相手だけぢゃない

それはあまりにも美しい語ゴルフ場なのだった。 朝六時。日の出と共に目の前に見えて …

ゴーストタウンとはいったいどんな感じなのだろうか

「趣味は何か?」と問われれば、今なら迷わずこう答えるだろう。 「ネットでLCCの …

公園の池の廻りを何周するのが潮時なのだろうか

「え?30才なの?マヂで!?」 最初に会った時は学生の体操服のようなジャージ姿だ …

疲れて腰が痛い中サイト復活のお知らせ

皆様ご無沙汰しております。 クレジットカードの有効期限切れが原因でレンタルサーバ …

個人的興味対象のゲーム&それらに絡む女子達について

今日のテーマはゲームについて。 人生広く浅く生きて来た私は、子どもの頃から今に至 …

「Pratumnak hill」エリアのコンドーについて

「WS」があるサウスパタヤ辺りには昼間ほぼ用事がないのだが、今日は買い物に寄った …

ナンバーのない車には道を譲りましょう

大変ご無沙汰しております。ちゃんと生きてますよ。 国を移動したからなのかアクセス …

530THBは決して高くない、と無理矢理自分を納得させるの巻

パタヤでの生活の中で普段使っていた店を紹介してきたが、いよいよ、というか早くも「 …

「夜型」の「怠け者」にはピッタリの街

十二月に入っていよいよ街も賑やかになってきた。常夏の国に居ると気付かないが世界的 …