P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

久しぶりのタイにも関わらずこれっぽっちもアがらないテンション

      2017/02/06

「みかんにしては小さいよなあ」

新年を迎えるにあたっての風物詩なのか、近頃よくバイクの後ろにオレンジ色の実がなった木を載せて運ぶ風景を見掛けるのだが、どうやらあれは金柑らしい。あとピンクの花をつけた木は桃で、おそらくどちらも正月に家で眺めて過ごす為なのだろう。

ヴェトナムの旧正月を初めて迎えるのでよく分からないけれど、雰囲気的には年末年始をスゴく大事にしているみたいで、洗車場で修理やコーティングの依頼が一気に増えたのもやはり車をキレイにして新しい年に臨むのが風習のひとつとのこと。

皆一斉に田舎に帰るのでハノイの街はゴーストタウンになるというし、店もほぼ閉まるっぽい。タイの正月ソンクラーンは祭りのようなものだから雰囲気が随分違うみたいだなあ。観光地だし、暑くてやっていられないからバカ騒ぎするのも意味は分かるが、厳かに新年を迎えようという気持ちの人からするとヴェトナムの方がよろしいのかもしれない。

ま、慣例風習的なモノには昔から一切興味がないので正直どーでも良い。ただ、知識としてある程度知っておけば充分である。

さて、1月1日に一日だけ休みをいただいてからの怒濤の二十二連勤もようやく終わり、明日からテト休みでパタヤに戻る。

「何をしようか?」と考える。必死に考えるのだけれどコレといって思い浮かばない。

実際問題八年近く住んだタイにはもうすっかり飽きたし、今更感がハンパぢゃないのは確か。しかし一時期はあれだけ愛した場所であり、遊びに行くには決して悪くないところのはずなのに「アレもしたいコレもしたい」とならないことがヒジョーに寂しくてならないのだ。

「何もせずボーっとする」という手もあるにはあるが、せっかくのひさしぶりの休みなのだから具体的なプランが欲しいではないか。

とりあえず思い浮かぶのはサウナ。マッサージ。

終了だ。

ゴルフクラブを持って行くのは面倒だし一人ではそんなに楽しくないし。夜の方のクラブには当然行くとして、まあ予定調和なのは分かりきっている。

それにしても、食べたいモノすらまったく思い浮かばないぞ。某「Sizler」のサラダバーくらい?そんなのタイっぽくもなんともないし。ソムタムもガイヤーンも別にって感じだし、某「MK」も悪くないが鍋ならむしろハノイだ。

う〜む。それならどこか行ったことのない国や街へ旅行でもすれば良かったな。いや、今からでも遅くないか。
ではいったいどこに?ミヤンマーヤンゴンカンボジアプノンペン?いっそヨーロッパとか?

ちとメンドクサイしなあ。

しょーがない。やっぱり

ビーチでのんびりするか。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ニッポン女子との甘い会話にどれだけ飢えていたことか

やっと主犯タイホしたか。 しかし、タイケーサツのことなので実際どーなのかはよく分 …

ビジネスヴィザという夢の様なお札を得られるまでには

「ケーサツ呼びますよ」 いやいや別に大声出してないし差別的な言葉も使ってないんだ …

東欧人がタイレストランを作ったらこのようになりましたが、何か?

ほぼ毎日通う某「bon cafe」の向かい側に、数ヶ月前ちょっと洒落たレストラン …

最近の流行は自分だけが満足する逃げ道なのか

最近自分の中で流行っていることと言えば、まずは数週間に一度自分で髪の毛をカットし …

「デリカシイ」のない人間は心のどこかが欠けているのか

数日前には各地で最高気温40℃超えを記録し、いよいよ夏本番といった昨今だが、まだ …

タイにおける新たな時代の「クラブ活動」が有する意義とは何か(その一)

バブル時代、不動産業界でその「崩壊」までのプロセスを現場の最前線で眺めつつ、所属 …

計画性のない私ごときが言う筋合いではないけれど

サウナで声を掛けられたNン嬢の勤務先へ行ってみた。 某「LINE」という名のその …

歯科助手の強引な手の動きに萌える

奥歯に被せてある金属が取れた。 「コレはマズい」と思ったが、冷たい水を飲んでも沁 …

個人的興味対象のゲーム&それらに絡む女子達について

今日のテーマはゲームについて。 人生広く浅く生きて来た私は、子どもの頃から今に至 …

バックトゥーザフーチャー前後二日間は全員おとなしくしていること!

ウィサーカブーチャだかバックトゥーザフューチャーだか知らぬが、まったくもう勘弁し …