P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

事故った時は1748

   

我が愛車マーチ君がようやく修理から戻って来た。

修理済み

十二万バーツ

紆余曲折はあったものの、結果的には予定より二週間遅れと完全に「想定内」である。修理費用は約十二万バーツとのこと。まあ、エンジンは無傷だったのでそんなところか。もちろん修理代は保険が下りるし、ニッポンのような「免責」もなく1バーツも払う必要はないし、事故と関係ないところもついでにキレイにしてもらったのはナイショだ。

で、損害保険の更新時期だったのでついでにお願いしたのだが、今回は会社を変えるつもりだった。事故当時の対応がダメダメだった為だ。担当者が若かったからかもしれぬが、現場に到着するのがスゴく遅かったし、見ている限り他社との交渉にも頷くだけでまったく頼りなかったのである。
もちろん、費用をどーいう割合で負担するかなどはこちらの知ったことではないが、保険会社の対応や力関係は気になるところ。実際、後ろからぶつけてきた某トヨタハイラックスの持ち主が入っていたのはタイ最大手の会社であり、完全に現場を仕切って堂々としていた(エラそう?)。ニッポンでなら「東京海上」グループ?

その運転者本人(四十絡みのおじさん)もまったく余裕の態度で、フツーならあれだけの大事故を起こしたら多少は「オロオロ」しそうなものだが、車から出てきた私が無傷だと知ると後は保険担当者と終止談笑していた。ひょっとすると顔見知りの保険代理店かもしれぬが、それにしてもあの態度はスゴイ。
http://pattaya-ri.com/post-349/

つまりはこーいうことか。
「保険にさえ加入していれば事故なんてどーってことないもんね。しかもうちは東京海上だからな。ワハハハハ」。

実際問題、これだけ事故の多い国だから保険はもの凄く重要なワケで、今回絡んだ五台の車はちゃんと全部加入していたから良かったがそーではない場合もあるだろう。特にバイクなんかはちゃんとしていなさそうだ。だから、せめて自分はしっかりした会社がいいな、とあらためて感じたのである。

さて、ディーラーで見積もりを取ったらやはり最大手(社名は失念)は値が張り一万七千バーツとのこと。う〜む。ちょっと高いな。
ということで担当者オススメの会社(Nawakit Insurance)の一万三千バーツで手を打った。金額は今までとあまり変わらないが、サーヴィスが良いと言われ安心したのであった。ニッポンのように「等級」や「二十四才未満不担保」などというややこしい話は一切なくそれで「フルカヴァー」らしい(おそらく車両保険も込み)。だとしたら安いものだと思うが。

「事故ったらすぐに1748に電話して下さい。1748ですよ!」。

これで安心して運転できる。そして今度事故った時は私もゼッタイに余裕の態度で担当者と談笑してみせる。

そう固く心に誓ったのであった。

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ヤラレているのはサルモネラ菌よりももっと強い何かなのか

どーにも調子が悪い。 下痢の症状はほぼ回復したけれど、胃が重いというか胸焼けのよ …

客の少ないクラブなんて

どーやらマズい雰囲気だなあ。 昨晩、ここ数年来の女子友達M嬢から連絡があり「新し …

この季節になると必ず思い描くいくつかの風物詩

「寒っ!」 タイでは「デフォ」のエアコン効かせ過ぎ室内は別にして、今シーズン初め …

「プランB」に続く「ウルトラC」とは

「えー八時ぃ〜?それはないわ〜。勘弁してよもぉー」 泣き言を言っても始まらないの …

疲れて腰が痛い中サイト復活のお知らせ

皆様ご無沙汰しております。 クレジットカードの有効期限切れが原因でレンタルサーバ …

時代の変遷を実感する時

「ケーサツ呼ぶわよ」 もしそう言われたら、私ならいったいどーするだろう。場所は自 …

最近どーにも気になるのネジと抹茶のこと

「違うんだよなあ」 そんな風に思うのは自分くらいのもの、と自覚しつつもついついツ …

あまりフォローにはなっていないかもしれないが

なんだかバンコクの悪口ばかり言っているような気がするので、たまにはフォローしてお …

より一層シンプルな生活を目指す

今度引っ越す部屋は狭いので、最近はなるべく不要なモノを処分する態勢に入っている。 …

計画性のない私ごときが言う筋合いではないけれど

サウナで声を掛けられたNン嬢の勤務先へ行ってみた。 某「LINE」という名のその …