P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

ウルトラCで一気に解決してしまったレヴェルの低い悩み

   

あの悪夢のような着信から丸々四日間、悩みに悩み続けたものの結論は出ず終い。A案B案、プラスC案は先方に委ねた大逆転の「ウルトラ」案件であり、まさかそんな話が通るなんて正直思ってはいなかった。まあ、仮にあってもほんの数パーセントの確率だろうと……。

そう。結論を言えばそのウルトラC案が採用されてしまったのである。

つい先程LINEのメッセージが入り、滞在期間延長が可能との返事。つまり、今後の人生を左右する大事な要件の前に一度国外に出てすぐまた戻って来る必要がなくなったワケで、とりあえず一時の大ピンチからはひとまず脱したことになる。もちろん結局数週間後に出国するのに変わりはないけれど、今後の身の振り方を先に決められるのだからこんなにありがたい話はない。

詳しく書くと問題がある為内容をボカすしかなく伝わりにくいとは思うが、この国にはよくある「お金で解決」という手段であって、在タイ歴の長い私にとってもはや罪悪感はさほどない。日本で暮らしている皆様にはおそらく分かってもらえないだろうし、在タイの方々の中にも「そんなお金払う必要ない」というご意見はあるはずだ。感覚が麻痺してしまっている件は自覚しつつ、悪魔の囁きに逆らえぬ心の弱さも併せ持つ私なのであった。

自分でも情けないほどハートが弱く、自己主張もなく常に受け身であり、流させるままに今まで生きてきた。周りから「もっと積極的に!」というアドヴァイスもいただくけれど私にはどーしてもできない。つい遠慮してしまうのだ。損しているのかもしれないなあ、と思う一方で、それならそれでいいとも感じている。

とにかくだ。一旦悩みが解決したのは間違いない。少し先延ばししただけで間もなくもっと深く悩まなくてはならないことなどもちろん分かっている。しかし、悩みの内容には天と地ほど差があって、「タイに再入国できなかったらどーしよう」「国境の町で置いてきぼりにされて途方に暮れるなんてゴメンだ」などというレヴェルの低い恐怖からひとまず解放されるだけでもそれだけのバーツを払う価値はあると思っている。例えそれが過去に支払った最高額だとしても。

タイのことは好きだし、ここでずっと暮らしたいと思っている。色々あって嫌いになった時期もあったけど、今は概ね理解できる。しかし、この国が私を拒否するのならばそれはそれで仕方がない。世知辛い日本に戻る覚悟だってできている。

いずれにせよ約二週間後には今後の道筋が決まる。きっとまた悩むだろうけど、それは前向きなものなのだ。

ひとまずゆっくり眠れることに

感謝しなくてはならないだろう。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

これからどんな闘いがあるにせよ、まずはドンを稼ぐしかないということ

「コイツらヒドいなマヂで!」 という書き出しで公安についていろいろ書いてみたもの …

果たしてヴェトナム人にとってもカルチャーショックなのだろうか

一生懸命タイで仕事を探し、一時期は半ば本気で日系企業へ現地採用枠で就職しようか? …

拝啓、イミグレーション係官様

「やっぱりか……」 「ひょっとしてダメかも」と、ある程度 …

歯科助手の強引な手の動きに萌える

奥歯に被せてある金属が取れた。 「コレはマズい」と思ったが、冷たい水を飲んでも沁 …

かのイタリアでどーも。歌うカッコいい国歌。歌うモードでありたいのか?(ネタバレ有り)

「やっぱりカッコいいなあ!」 イタリアの国歌を久しぶりに聴いて思うのだった。 正 …

待つのがそれほどイヤだという件に今更気付く

「瞬間湯沸かし器」(知り合いに何人かいる)という程ではないけれどまあ気が短い方で …

「123方式」がもし本当に画期的ならばいつかきっと普及するに違いない

「タイ語をカタカナで記述する場合、アクセント(声調)をどーすれば良いか?」。 何 …

最近の流行は自分だけが満足する逃げ道なのか

最近自分の中で流行っていることと言えば、まずは数週間に一度自分で髪の毛をカットし …

客の少ないクラブなんて

どーやらマズい雰囲気だなあ。 昨晩、ここ数年来の女子友達M嬢から連絡があり「新し …

B.T.Sに乗りたくない症候群

「結局長袖シャツがベストなんだよなあ」 そう結論づけたのは、タイ移住三年目くらい …