P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

隣りで誰かが寝ていると思っただけで

   

「イテテテテテテテテテテ」

ゲストハウスのベッドの上でゴロゴロとのたうち回ったのが先週の木曜の夜のこと。

友達と焼き肉のブュッフェを食べた数時間後であり、薬を買いに行こうにもお腹を押さえずにはマトモに立てない程の痛みでしばらくウンウンと唸っていた。

しばらくしてようやく落ち着いたのでコンビニまで歩いて薬を買いに行って部屋に戻って飲んだらすぐに吐き気が襲い全部嘔吐してしまう。
今までの経験上「カニ入りソムタム」で倒れた時程ヒドくはないが、卵にアタった時よりもツラい感じ。いずれにせよ何らかのウィルスにヤラレたのだろう。

友達にメッセージを送るも、どうやらそーでもない様子。おそらく私の体調が悪かったのか。

確かに前日、バンコクで初めて宿泊したホステル、いわゆるドミトリースタイルのベッドの隣りが気になってほとんど眠れなかった上、ハノイと日本でお世話になった社長のアテンドで精神的にも疲れていたのかもしれない。そして、ここ最近は今後の人生について悩む毎日であり溜め息の数が尋常ではないのである。

それにしても神経が細いというか気が小さいというか蚤の心臓というか。

日本でドミトリータイプのゲストハウスに泊まった時は、1ブースに8つのベッドがあって埋まったのは3つでしかも距離が開いていた。一般的に考えて予約を埋めて行くのに「フチから順番に」ということはせず「間隔を空けて」という当然の配慮の結果だ。
しかし、今回も1ブースに8つのベッドと密集率はほぼ同じであるにも関わらず、下の段の一番左に一人、その横が私という謎の配置。こーいうところの気遣いのなさがいかにもタイっぽいし、もう達観しているので文句も言わない。

最近クアラルンプールからバンコクに転勤になった共通の知人を含め三人で酒を酌み交わし、ゲストをsoi31のホテルに送ってからホステルに着いたのは深夜2時近く。隣りはカーテンが引かれ明らかに寝ている中、なるべく音をたてぬようそっと準備をするも当然のごとく起きてしまった様子。ちなみに、ベッドは奥が枕で縦に長いタイプである。

「ゴソゴソ」と隣りから音が聞こえる度(悪いことをしたなあ)という思いが募る。いつものように某安定剤を服用したもののしばらくの間はまったく眠れなかった。翌日の起床は6:30。結局アッと言う間に朝が来てしまったのは言うまでもない。

寝不足の上偉い人と初対面の連続で緊張が続き胃酸は出っ放し(?)。午後一番にはドンムアン空港に無事送り届けたものの、夕食時には私の胃腸もすっかり参っていたのだろうか。

ちなみに某「TOKAI YAKINIKU」というローカル経営か日本出資かよく分からぬ店の豚肉鶏肉ブュッフェで、味はまあまあだった。味噌ダレにつけてある薄い肉がウマかったなあ。
但し、その間に友達と話している内容は今後の仕事のこと。正直食欲はなく、箸はあまりすすまなかった。

その夜、吐いたら少しラクになったけれど、しばらく痛みは続いた。
朝方には一旦復活したので、「モーター・エキスポ」にもちゃんと行けたのだけれど、夜の時点では病院に行こうと思っていたくらいだ。
ただ、当日帰る予定が一日延長になったのはラッキーだったかもしれない。何故なら、ゴハンを食べてそのまま帰っていたら、パタヤ行きのバスの中で「ゲロゲロ」になっていたはずだから。そして、ホステルはもういいや、とフツーのゲストハウスに泊まったのも幸いだった。運はまだあるのだ。

結局、金曜夜パタヤに戻ってからも今ひとつ調子が戻らず、症状は土曜日まで続くことに。
日曜日には完全復活したが、ほとんど食べられなかったので体重は2kg程減り、丁度良いダイエットになったからまあいっか。

それにしても、この程度のことでいちいち菌にヤラレていたらタイでは生きて行けないぞ。

就職したら胃酸はガンガン出るし髪の毛もどんどん抜けるに違いない。

蚤の心臓をもっともっと

鍛えなくてはならないな。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

人的ミニマリストを卒業する日は近い?

ルーティンになかなか戻れない。というか、リズムが取り戻せないのである。 タイ在住 …

蚊も蟻もまったく大した問題ではないのだけれど

お腹が直った(多分)のでいつものゴハンに戻ったワケだが、最近のパターンだと家で食 …

東欧人がタイレストランを作ったらこのようになりましたが、何か?

ほぼ毎日通う某「bon cafe」の向かい側に、数ヶ月前ちょっと洒落たレストラン …

カレシ持ちタイガールの耳許で下ネタを囁くことのコワさ

「え?十八才なの??」 「Nットゥが今日誕生日だから一緒に飲もうよ」というM嬢か …

それは決してエロい意味ではなく、夢にまで見た様々なピンク達

頭の中がピンクで一杯なのだ。 と言っても決してエロい意味ではなく、純粋に色のピン …

ヴェトナムの食生活は本当にニッポン人の口に合うのか

タイ王国に何かがあった時のことを考えて、近隣諸国を訪れる場合基本的にはその地に住 …

拝啓 タイ王国入国管理局の皆々様方

「マヂかよ!?」 ルールがコロコロ変わるのも、その告知が突然であり直前なのもタイ …

「123方式」がもし本当に画期的ならばいつかきっと普及するに違いない

「タイ語をカタカナで記述する場合、アクセント(声調)をどーすれば良いか?」。 何 …

お金がなくなったなら日本に帰ろう

ココはひとつ空港で一夜を明かしてみようかな、と思うのである。 今回日本に帰るのは …

ヴィザ取りツアーが相当にヘヴィーであるという現実を思い知る

「ハノイかよ!」 一度ネガティヴな印象を受けると、なかなか拭い去れるものではない …