P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

大都会バンコクにて夢見心地のまま現実を知る

      2017/12/13

「う〜ん。やっぱり大都会はスゴいなあ〜」

そんな当たり前のことを、バンコクを訪れる度に思う。

特にサイアム辺りをフラフラしていると、その煌めくばかりの目映さに心を奪われドキドキしてしまうのであった。

こんな真っ白な喫茶店、オシャレ過ぎてとても入れやしない。

私がヴェトナムに移る前の段階ではまだ改装中だった「SIAM DISCOVERY」がスタイルを一新し、とても素敵な感じになっていた。

某「スタバ」の内装もかなり洒落ている。

一度は撤退した私の大好きな英国のインテリアショップ某「habitat」も再び進出しており、2フロアを使った圧巻の広さで勝負に出て来たようだ。以前バンコクに住んでいた時に使っていたスタンド照明タオルケットティッシュボックスなどは今も持っているが、15,000THBもしたテーブルは大き過ぎて部屋に向かず、人にあげてしまった。今考えてみればよくまああんな高価なテーブルを買う気になったものだ。

ウィンドウショッピングをしているだけでテンション上がりっ放しである。
この素敵なカウンターセットを見て(ああ。うちの部屋にピッタリのサイズではないか!)とドキドキしながら値札を見たら先日購入した商品の10倍以上でちょっとビックリ。いやでもカワイイなあ、コレ。

まあ良い。身分相応という意味では私には某「IKEA」が合っているのだからしょーがないではないか。

で、束の間の夢見心地を味わった後は日本からのゲストをアテンド。自動車業界のお方であり、話の流れから今バンコクで丁度開催されている「モーター・エキスポ」へ行くことに。

車は好きだしプリティー(いわゆるモデルやキャンギャルのこと)ちゃん達にも興味津々だったタイ移住当初は毎年訪れていたが、パタヤに引っ越してからはまったくチェックしていなかったので久しぶりだ。
タイのモーターショーは日本やその他の国々とは違って、新しいコンセプトを発表する場というよりは実際の購入希望者に対する商談会の意味合いが強い。なので、会場は物欲と金銭欲の入り交じったある種異様な熱気に包まれており、私も当てられてついつい車が欲しくなってしまうのだった。


*参考
http://www.newsclip.be/article/2017/12/12/34934.html

実際問題車がないとどーしようもない件も事実であり、パタヤに住んでいる限りゴルフに行ったり知人をアテンドしたりタイガールとドライヴに行ったり?と、必要性を感じる場面がしばしばある。まあ、バンコクに住めればそれほどでもないかもしれぬが、車を持っていれば就職活動の範囲が広がることも間違いない。

しかし、「鶏か卵」で言えば車よりも仕事が先なのは明らかであり、やはり働いてお金を貯めてから購入するべきモノであるのは間違いあるまい。

夢見心地ついでに言えば、狙っているのは主に二車種。某スズキの「SWIFT」もしくは某「MAZDA2(日本名デミオ)」のセダンかな。

日本にはおそらくこのタイプはないのではないか。基本的に車は小さい方がいいのだけれど、スタイルとしては何故かハッチバックよりもセダンが好きなのだ。予算があれば流行のSUVもいいと思うけどね。

低価格モデルは「SWIFT」で480,000THB「MAZDA2」で590,000THB。但し、某ディーラーの日本人の方曰く「SWIFT」は一世代前のモデルで9年目だそうだから、買うならマツダの方がいいかもね。620,000THBのタイプならアルミホイールレザーシート付きで内装もよろしい。色はガンメタがいいけれど、マツダレッドもなかなか捨て難いなあ。

などと、見ているうちにだんだん本気で買う気になって来るから欲望というのはコワイものだ。

ただ、そーいう刺激を受けるとやはり多少なりともやる気が湧いて来る。仕事見付けてワークパミットもらえばローンも組めるぞ!となるから、無気力症候群の私にとってはいいのかもしれない。

仕事かあ……。

ここ何日かずーっと考え続けているけれど、いったい何をどーやればいいものか混乱しっ放しだ。

人脈を使えば農産物関係家具関係自動車関係などいろいろな業界で働く可能性がある一方、一般的に募集しているのは製造業の管理や各種営業職マネージャーなどこれといって自分に向いていそうな内容は見付からない。タイ語を活かしたいとは思うけれど、ビジネススキルまではいかない中途半端なものだし。

いっそのことしがらみもなくいつでも辞められるコールセンターにしようか、と、バンコクでは現地採用の底辺とまで言われている仕事まで視野に入れるが、今のところまだそこまでの覚悟はない。よーするに、誰でもできることではなく少しでも経験を活かせる職種が良いという夢を見ているのだった。

高級家具を買うのも新車を手に入れるのも理想の仕事をするのも全て夢のようなモノか。

世の中そんなに

甘くはないよな。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Comment

  1. バンコク より:

    起業の可能性は?

    • izumix65 より:

      お世話になります。
      起業の可能性はゼロではないですが、タイ人妻(候補含め)もおらず貯蓄もなくこれといったスポンサーもない私にとってはヒジョーに難しいと思われます。

      よって、どこかに就職するより他手はないのかな、と、考えている現状です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ヴェトナムの食生活は本当にニッポン人の口に合うのか

タイ王国に何かがあった時のことを考えて、近隣諸国を訪れる場合基本的にはその地に住 …

場合によっては「長いもの」にも巻かれてみせよう

どんな状況であっても、「ヴィザ」の申請が受理されると「ホッ」と一安心する。ヴィエ …

毎日毎日なんと平和に過ぎて行くことか

「いったいどーしちゃったの?」というくらい雨が降らないパタヤ。 雨季の到来は「予 …

ホコリとPM2.5と泥と闘い続けた三週間

ハノイに来て三週間が経った。 少しづつではあるがこの街に慣れて来たし、なんとな〜 …

撤収するなら今のうち

タイにやって来て気付いたことがいくつかある。 街に巨大モニターが増えたとか、プリ …

新人55嬢の弱みに付け込みつつ為替相場の現状を嘆く

「世も末だな」 思わずそうつぶやいたのはこの国の夜の社会の現状についてか、それと …

そもそも高級リゾートに相応しい人間かどうかが問題なのだ(後編)

ところで、プーケットは暑かった。 今、パタヤの夜はかなり涼しくて寝る時は(薄っぺ …

より一層シンプルな生活を目指す

今度引っ越す部屋は狭いので、最近はなるべく不要なモノを処分する態勢に入っている。 …

クマの縫いぐるみに涙腺を刺激させられて思うこと

タイで暮らすメリットは数えきれない程たくさんあるが、例えば今日なんかは特に痛切に …

今年最大のピンチから救ってくれたのは、一枚の魔法の紙だった

(これはヒジョーにマズいぞ)。 心の中でそう思ったのは銀行のカウンターでのこと。 …