P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

ピアスからマスクへ

   

ピアスを外した。

偉い人達と会う為であり、「第一印象が大切」とボスから言われた。もちろんである。

最初の頃は、穴が塞がらないように付けたり外したりしていたけれど、それもやめた。
ある種の覚悟の象徴的事柄と思える。

代わりにマスクが手放せない。事務所のあるビルから一歩外に出れば即装着のクセがついてしまった。

ノーヴィザの滞在期限である15日はとうに過ぎ、あっという間にもう19日が経つ。
流れに身を任せていると、まるで洗濯機の中に居てぐるぐる目が廻るように思える。

ぐるぐるぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる。
でも、何故か心地良い。

ただ、これまでネガティヴ要因がほとんどなかった中、遂にとてつもなく大きな事象が発生。
喉の痛みと共にやってきたアレルギイ鼻炎である。タイに居た頃、まったくと言っていいほどなかった持病が遂に復活。日本と似た気候故、抗体もやはり似ているに違いない。

そして、常に舞う土ぼこりと大量のバイクや車がまき散らす排気ガス由来であろうPM2.5による気管支へのダメージ。プラス高湿度。聞くところによるとこの街は、世界有数の過酷な気候の地なのだそうだ。タイで安く購入した鼻炎の薬で何とか保っているが、医療や医薬品関連はまだまだ発展途上のヴェトナムなのであった。

ところで、ただ単に日本人というだけでセンセーと呼ばれ誰も彼もが教えを乞うてくる。

例えばついさっきも、カフェでコーヒーを飲んでいたら隣りのテーブルの女子学生が「にほんじんですか?」と声を掛けて来た。そー言えばその昔はタイでも、バスを待ってていると女子大生から同じように声を掛けられたものだ。
「私はすぐそこの会社に勤務しています」と名刺を渡したら、一時間後にはひらがなでSMSが送られて来た。
「もしもし。あなたは〇〇さんですか?」。いやいや。「もしもし」ではないから。笑

事務所に居れば、次々と訪れる日本語勉強中の若者達から質問を浴びせられる。
「おなまえはなんですか?」「はのいにはいつきましたか?」「にほんのどこからきましたか?」「かぞくはなんにんですか?」
「はじめまして。わたしは〇〇といいます」「にほんにいってしごとをしたいです」「せんもんはこんぴゅーたーです」

練習練習。練習練習。
勉強しておぼえた日本語を、とにかくもう使いたくて仕方がないのである。

しかし、彼らはまだヒアリングが苦手で、簡単な言葉のみを使って話してもすぐに「???」となる。

そこで私はピンと来た。
なるほど。なるほどね。

この街に居るといろんなアイディアが湧く。私達日本人から見るとまだまだこれからいくらでも需要がある完全な売り手市場に見える。確かに気候は過酷だけれど、咳や鼻炎を我慢する価値があるような気がするのだ。

まあしかしそれもただの妄想かもしれない。

さて、明日もマスクを嵌めて

過酷な街へと出掛けますかね。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

*一日一麺は果てしなく続くが、結局一番ウマいのはミェン(春雨)と悟る。
ミエン

ブン

ブン

ブン

フォー

写真 2016-03-12 7 44 52

写真 2016-03-07 10 45 50

写真 2016-03-14 21 23 15

写真 2016-03-11 1 08 08

写真 2016-03-11 1 10 44

写真 2016-03-10 21 17 00

写真 2016-03-10 21 21 44

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

今年最大のピンチから救ってくれたのは、一枚の魔法の紙だった

(これはヒジョーにマズいぞ)。 心の中でそう思ったのは銀行のカウンターでのこと。 …

眼鏡にまつわる話をしよう

眼鏡にまつわる面白い話をしよう。 と言っても、ファニイのオモロイぢゃなく興味深い …

良いニュースと悪いニュースはやはりセットなのだろうか

キターーーーーーーーーーーーーー!! なるほど。散々遅れた理由はコレだったのか。 …

お金が惜しければ直接アタックするのみなのだ

「はぁ?25000THBだと!?ナメんぢゃねえぞこの腐れ〇△〇△が!」 「イラッ …

予想はしていたにせよ、あまりに悲しい出来事

「五年間!?うわ〜。マヂかよ〜!!」 たった今、ネットのニュースを見て大変なショ …

先輩の古い女友達が頭を悩ませる状況とは

それにしてもまあ、訪れたことのない異国の地において自分のやっているビジネスができ …

キッカケはいつもほんのちょっとしたこと

「なんて騒々しい街だ」 オープンエアのバーから流れる音のうねり。某「ウォーキング …

カレシ持ちタイガールの耳許で下ネタを囁くことのコワさ

「え?十八才なの??」 「Nットゥが今日誕生日だから一緒に飲もうよ」というM嬢か …

工業団地も分からないの?(フンッ)と、鼻で笑われて

(しまった!)と思った時にはもう遅い。 迂闊だった。明らかに自分のミスである。 …

6種類の声調と11種類の母音の組み合わせが天文学的数字に思える件

「???」 「私はニッポン人です(トイランゴーイニャットゥ)」と、とりあえず挨拶 …