P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

興味のベクトルが人それぞれな件は充分承知の上で

   

「大袈裟な名前だなあ」

そもそも寺神社仏閣の類いにまったく興味がなく、しかも古いモノが好きぢゃない為「遺跡」の良さも「サッパリ」理解不能。だから、家の近所にあると知りつつも今まで訪れることのなかった「The Sanctuary Of Truth」。

「巨大な木造建築物で、数十年経っても未だ完成せずタイの<サグラダファミリア>と呼ばれる」と噂には聞いていたが、直訳すれば「真実の聖域」であり、名を聞いただけでその大袈裟加減に興冷めしてしまう「あまのぢゃく」な私。しかし、「このサイトの為」と思えばこそようやくその重い腰を上げたのだった。

夜の繁華街目当ての旅行者諸氏にとっては「昼間にやることがない」ともっぱらの噂のパタヤ。ならばこのサイトでも昼間の「アクティビティー」を紹介していこう、という趣旨でありまずは近場からということで、早速取材に行って来た。

そう。取材でなければ決して訪れてはいないし、興味がないからこそ冷静な目で見られるという件もまた真なり。

ナクルアロードsoi12を左折。そのまままっすぐ看板を頼りに進んで行けばソイの入り口からバイクにて五分程。右手に大きな白い大きな門が現れるのでそれをくぐれば到着である。「足」がない場合ナクルア通りからバイタクで行くかソンテウをチャーターすれば良いだろう。門の中にチケット売り場がある。
チケット売り場

看板

「入場料500THB」とあり、「高いなあ!」と文句を言うとおばちゃんが「建物の中に入らないなら50THBで外から見学できるよ」と言う。「おお。それそれ。それがいい!」と飛びつく私。何しろ「寺」自体には1ナノも興味がないのだ。
The Sanctuary Of Truth

まずは石(?)でできた模型がお出迎え。木造建築物の模型(縮小版)をわざわざ石で作ることの意義がまず理解できない。
shooting garally

数分歩くと何やらアトラクション的な看板が。しかし、時間が遅くてやっていなかった。
IMG_8868

三分で到着。まずはレストラン「Naklua Kitchen」があり、そのテラス席(?)から海と共にその建物が見える。
IMG_8864

レストラン

テラス席

というワケで、その全貌である。
建物全貌

よく見れば屋根などに仏像の類いがたくさん引っ付いている。建物自体も含めおそらく「彫刻的な価値」がスゴイのだろうな、と想像される。それ以上でも以下でもない。どうやら三十分に一度のスパンで中に入ってじっくり見学する「ツアー」があるようだ。がしかし、500THBも払って参加する気などやはり1ナノも起きなかった。
入り口

如何であろうか。
寺神社仏閣木造建築物等に少しでも興味があれば行ってみる価値はあるだろう。ただ、若い女のコと映画にしか興味のない私のような人間にとっては、ものの十分で終了する「超極薄アクティビティー」でしかない。取材でなければ写真すら撮らない代物だった。

もちろん再訪はない。

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

新規オープンの事実を知ってしまった以上は

紹介するのがすっかり遅くなってしまったが、二週間程前新しくオープンしたのには気付 …

桁違いのお金持ちはやはりやっていることがスゴかった

現状のヴェトナムにおいてお金持ちとは基本的に元々の大地主、というか地権者が多いと …

「夜型」の「怠け者」にはピッタリの街

十二月に入っていよいよ街も賑やかになってきた。常夏の国に居ると気付かないが世界的 …

ステーキハウスにてステーキを食べないことの是非

この国で独り暮らしをしているとどーしても外食が多くなるし、タイ料理は油っぽくて野 …

蚊も蟻もまったく大した問題ではないのだけれど

お腹が直った(多分)のでいつものゴハンに戻ったワケだが、最近のパターンだと家で食 …

大都会バンコクにて夢見心地のまま現実を知る

「う〜ん。やっぱり大都会はスゴいなあ〜」 そんな当たり前のことを、バンコクを訪れ …

大都市ハノイにおけるヴェトナムガールのレヴェルの高さはポジティヴ要因となり得るか

霧雨の季節がやって来た。 湿度は高く洗濯物が乾かない。道路のフチには水溜りができ …

家電製品激戦国にて悩む日々

十一月になり、暦の上ではハイシーズン突入。しかし、ここへ来て毎日雨が降り、まるで …

予想はしていたにせよ、あまりに悲しい出来事

「五年間!?うわ〜。マヂかよ〜!!」 たった今、ネットのニュースを見て大変なショ …

果たしてヴェトナム人にとってもカルチャーショックなのだろうか

一生懸命タイで仕事を探し、一時期は半ば本気で日系企業へ現地採用枠で就職しようか? …