P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

キッカケはいつもほんのちょっとしたこと

      2019/11/05

キティー

「なんて騒々しい街だ」

オープンエアのバーから流れる音のうねり。某「ウォーキングストリート」では特にそれらが混ざり合って、通りを歩いているとただの雑音でしかない。コピイバンドが演奏する音程を下げたホテルカリフォルニア、ベースの効いた電子音、そして人々の喧騒。ただ、世界各地からの大量の観光客で賑わうその雰囲気に圧倒もされた。

初めて訪れた時のパタヤの印象は、暮らし始めてからも何ら変わりはしない。しかし、決してそれだけではないことを今はもう知っている。

バンコクから移り住んだ主な理由は「海がある」から。でも、キッカケはちょっとしたことだった。このウェヴサイトを開いたのだってそうだ。「総合研究所」なんて大袈裟な名前を付けてはみたものの、実際には大層な内容を想定しているワケでもなくあくまでもちょっと「思い立った」だけの話。

だからあまり過大な期待を寄せないでいただきたい。

間違いなく言えるのは、たとえそれが大したことでなくとも誘発される「何か」が確実にあったという件。そもそもこの国に移住したのだって、今思えばたまたま「旅行に出掛けよう」と友達に誘われたのがキッカケ。

「タイはいいところだよ」。

店を閉めてフラフラしていた私に、彼はそう言った。Iちゃんの家で旅行の予習をした時、DVDの映像を観て「ピン」と来たのをよ〜く覚えている。本当のキッカケはあの時にパソコンで観たヴィデオのインパクトだったのかもしれない。そー言えばあの時、Aサも居たんだっけ。そして、旅行先にタイを推した彼は一緒に来なかったのだった。

スワンナプーム空港のドアを出た瞬間の「むわっ」とした空気とその匂いがすごく印象的だった。次の日にはすでに強烈に惹かれていた。それから十ヶ月後には、荷物をまとめてニッポンにさよならだ。

とにもかくにも、人間の行動とはそういったもの。それが人生を変えるような出来事になるとしても最終的に決めるのは必ず自分だし、キッカケはいつもほんのちょっとしたことだったりするのである。

あのままニッポンに居たら私はいったいどーなってしまったのだろう。想像しただけでも恐ろしい。

だからあの時私にタイを薦めてくれたK君に、この場を借りて心からお礼を述べたい。

本当にありがとう。

このサイトがちょっとしたキッカケとなって誰かが楽しい時間を過ごせればいいな、と思っています。

これからどうぞよろしくお願いします。

サイト主

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

お詫び

パタヤの情報をお届けする、という本来の主旨からはほど遠い内容の投稿が続いており、 …

最近のバンコクの状況について憂う

「残念」を通り越して「怒り」もさらに通り越して何だか悲しい。 このままで本当にい …

東欧人がタイレストランを作ったらこのようになりましたが、何か?

ほぼ毎日通う某「bon cafe」の向かい側に、数ヶ月前ちょっと洒落たレストラン …

ごく僅かな数字の変化で知る季節の移り変わり

毎日欠かさずチェックする数字がいくつかある。 驚く程単調な日常生活とは言え、やは …

想い出を語るようになってはもうオシマイと分かってはいても

そんな時代もあったね、と、中島みゆき嬢が歌ったのが1975年。もう42年前なのか …

「ライバルが多過ぎるんだってば!」と、叫びたくなる気持ち

タイに行って来た。 もちろんパタヤにも寄ったので、このサイトの主旨からすればその …

日本語字幕付き洋画DVDが今後の人生にどれだけの影響を与えるのかということ

「マヂかよ!」 あまりのショックにしばらく呆然としてしまった。 これはひょっとし …

隣りで誰かが寝ていると思っただけで

「イテテテテテテテテテテ」 ゲストハウスのベッドの上でゴロゴロとのたうち回ったの …

「サウナ」についての条件にはことのほかウルサイのだった

「お。これは25mあるかも」 歩測したワケでも、もちろん正確に測ったワケでもない …

このスピードについて行くしかないのだろうか

実際に来ハノイしたのが2月29日。てことはまだ三ヶ月にもならないんだよなあ。 も …