P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

ローシーズンのプロモーションは終了です

      2015/05/29

1662183_1519663971579510_3366528744005992877_n

どこへ行くにも車やバイクで移動する為どーしても運動不足になりがち。なので、たまにプールで泳いだりゴルフをしたりを意識的にしている。

ニッポンでは通常あまり考えられないけれどゴルフもやはり「おひとり様」が多く、タイの場合格式高い(?)コースでない限り何ら問題はないし、自然の中、キャディーと二人きりで10km近い道のりを歩くのもなかなか悪くない。ただ、メインタイムだと混雑して「ジョイン」(仲間に入れてもらう)せねばならず気を遣うので、どーしても朝一番のスタート(六時頃)が必須となるのだった。まだ誰も居ないコースを夜明けと共に廻るのはヒジョーに気持ちが良いけれど、普段「夜型」なので朝五時起きはけっこう辛いのも事実ではあった。

家から最も近いゴルフ場は某「パタヤカントリークラブ」。ドアトゥードアで三十分なので気軽に行けるしコースもまあ悪くはない。そこで、雨季に限り「特別プロモーション」で午後三時以降360THB(グリーンフィー)という格安な時間帯を発見!キャディーフィー(350THB)を足しても710THBでありチップ込み込みで約1000THBだ。

「これはいいぞ!」と試しに三時に行ってみたら、他の客は少ないし陽射しもピークを過ぎてユルいし快適にプレイできた。但し18ホール廻るのに最低三時間程度掛かるので終わる頃には陽が暮れてボールが見にくい。それでも何ら問題ないので気に入って通っていた。何しろ早起きする必要がないし平日なら何曜日でもオッケーなのだ。

しかし、十一月に入りプロモーションは終了。先日行ったらグリーンフィー1400THBキャディーフィー350THB合計1750THBの通常価格に戻っていた。チップも合わせたら倍の金額だ。残念ながらしばらくは行けないなあ……。

というわけで、普段から「ケチケチ生活」を続けている私としては新たな「格安コース」を探さねばならない。ゴルフ場によっては「スポーツデイ」(曜日によって割引)もあるのでいろいろと調べてみて、またご報告することにしよう。

ところで、いよいよハイシーズンに相応しくここ最近心地良い風が吹くようになって来た。相変わらず陽射しは強いものの、空気は乾燥して日陰は涼しく過ごしやすい。それと共にパタヤには観光客が増えてきて、特に中国人団体客を乗せた観光バスが大量に押し寄せそこかしこで渋滞の原因を作っている。うんざりするのも事実だが、彼らがたくさんのお金を落としていってくれてこの街が潤うのならば、まあ仕方なかろう。所構わず大声を張り上げるのも我慢しようではないか。

「おひとりさま」よりも「団体様」の方が偉いのは間違いないのだから。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ゴルフ, ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

Honda LPGA Thailand 2015

「ホンダLPGAタイランド 2015」☆☆☆☆ 毎年パタヤで行われる米女子プロゴ …

もしもタイムトラベルが可能ならば行きたいあの時代

き〜みをだいて〜い〜いの〜 すきに〜なってもいいの〜 き〜みをだいて〜い〜いの〜 …

押すのなら一番コワいのはポリスと承知の上で

「おお。これか〜!」 「WS」に入ってすぐの左側ところに「Police Help …

より一層シンプルな生活を目指す

今度引っ越す部屋は狭いので、最近はなるべく不要なモノを処分する態勢に入っている。 …

「郷に入りては郷に従え」を曲解してはいけないのだ

「あれ?いつの間にあんなモノが……」 「ドルフィンロータ …

PATTANA GOLF CLUB&RESORT

「パタナ ゴルフクラブ&リゾート」☆☆☆☆ お世話になっている地元の知人が来タイ …

あまりフォローにはなっていないかもしれないが

なんだかバンコクの悪口ばかり言っているような気がするので、たまにはフォローしてお …

PATTAYA COUNTRY CLUB

「パタヤカントリークラブ」☆☆☆ パタヤ市街から三十分と立地は抜群。ただ、コース …

いろいろあった一週間を振り返ってみる(後編)

「顔認識能力」、つまり人の顔を記憶して判断する力はまあ比較的高い方だと自分では思 …

それは紫外線量及びスキンケアの差なのだろうか

「アンタ50才ってホント?ねえねえ!この人50だってさ」 声を掛けられた職員達は …