P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

「タイポップベストヒット30/2015」を聴いてみて

   

さて、文句や悪口ばかり言っていても仕方がないので話題を変えよう。
連投である。

すっかり遅くなってしまったが、昨年の「タイポップ総合ベスト30」(ラヂオ局発表)をご紹介しておこう。
意味がよく分からない人の為に一昨年の「タイポップ総合ベスト30」を紹介した記事も貼付けておく。
http://pattaya-ri.com/post-1066/

で、これが今年も友人がメールで送ってくれた2015年版だ。

如何でしょうか?

ご想像の通り近頃メッキリこの国に興味がなくクラブにもあまり遊びに行っていない私としてはほぼ知らない曲ばかりだ。正直もうどーでも良い。
その友達が別途紹介してくれた35位のこの曲は、私もかろうじて聴いたことがあった。

しかし、コレで終了ではさすがに申し訳ないので、個人的に最近もっとも気に入っているYouTube映像をご紹介しよう。
興味のない人は見なくて結構だが、メチャメチャカッコいいのでよろしければチェックしてみて欲しい。但しちょっとばかり長いよ。何しろ「東洋のテクノゴッド」と呼ばれるKen Ishii氏のDJ set映像なのだ。2014年に行われたドイツベルリンの「Boiler room」でのライヴである。

実は私も昔趣味でDJをやっていた時期があって、イヴェントの主催や主宰も数多くしてきた。いわゆるオーガナイザーというヤツだ。基本、自分ではラテンハウスを軸にしていたけれど、地元の尊敬するテクノDJを世に送り出す為に「スカンク!」というタイトルのテクノイヴェントを数年間定期的に開催したこともあり、好きなジャンルでもある。がしかし、あまりにも有名過ぎて逆にKen Ishii氏のプレイをずーっと見逃し続けてきたのだった。

持っていたレコードをほぼ全部売り払った後タイに移住。それ以来DJは一度もやっていない。この国で「ビルボードヒットチャート系超ミーハーハウスお約束プレイ」をやってみようかと、何度も思ったことはあるが結局実現しないまま今に至る。
移住した当初は、例えばRCAの某「flix」(今はもうない?)辺りにニッポンのDJ(例えばEMMA氏など)をゲストで招致してイヴェントでもやるつもり満々だったが、すぐに需要がないことに気付き(*入場料1000THBが取れない)、諦めた経緯もある。

そんな中、何年も前にKen Ishii氏がごくたまにタイバンコク遠征をしている件を知った。しかし、時既に遅くそのイヴェントを開催していたクラブは閉鎖してしまっていたのである。

年を重ねると懐メロを聴きたくなる。

部屋にwifiが繋がってから、YouTubeで昔のいろいろな音楽ヴィデオをチェックするうち、ふと思って「東洋のテクノゴッド」を辿ってみたらこのVに行き当たった。昔懐かしいのを観ようと思ったら、すぐについ最近の映像が出てくる。

おいおい。なんぢゃこりゃ!メチャメチャカッコいいやんけ!!

何がカッコいいか。もちろん選曲がいいのは言うまでもないが、とにかく「繫ぎ」がスゴい。
「ミックス」といって文字通り曲と曲を混ぜて同時に流しつつ次から次へと繋いでいくのがテクノのプレイの基本であり、氏の場合その作業自体がカッコ良過ぎるのである。つまみを捻る姿が美しい。何をやっているのかサッパリ分からないように見えて、実は音を細かく変化させたり加えたり消したりいろいろなことをとにかく素早くやるのだ。

意味分かるかなあ。最後のアンコールの部分を見ると分かり易いかも。途中で片方のCDJの音を一瞬カットしてまた戻す動きが素敵だ(もちろん音も)。

ちなみに、ご自身のFacebookでセットリストを公表してもいるので、興味があればどうぞ(*コメント欄にも出ているが)。

あと、インパクトがあって憶えている去年のタイヒットソングはコレくらいかなあ。

ちょっと古いけど、ABCはとにかく流行った。

まあ、今年はこんなところでご勘弁願います。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

新年のブッキング終了でホッと一息吐く

(どーしてこんなモノを買ってしまったのだろうか?) おそらくはコンドミニアムに引 …

写真と本文は何の関係もございません

我慢できなくなってきた。 と言ってもそーいう意味ぢゃなくて、例えば「下ネタ」とは …

「ない物ねだり」だと分かってはいるのだけれど

「なんかドキドキしないなあ」 某「Hollywood」の前で彼女を待ちながら思う …

さて、これからどうしようか。という話

何から伝えればいいのか 分からないまま時は流れて 浮かんでは消えて行く ありふれ …

これからどんな闘いがあるにせよ、まずはドンを稼ぐしかないということ

「コイツらヒドいなマヂで!」 という書き出しで公安についていろいろ書いてみたもの …

右でも左でもなくてちょっと「ホッ」とする

体調不良が続く昨今。 先週金曜日には屋台の鶏レバー串を食べてお腹を壊し、土曜日に …

事件も事故も甘んじて受け入れるしかない件は承知の上で

まったくトンデモナイ事件が起こり過ぎだろこの国。 移住当初から日々顎がハズれるレ …

「Pratumnak hill」エリアのコンドーについて

「WS」があるサウスパタヤ辺りには昼間ほぼ用事がないのだが、今日は買い物に寄った …

後回しにすることしないこと

面倒臭がりだなあ、と、自分でもつくづく思う。 普段これだけやることがないにも関わ …

せっかくならばタイを思い切り楽しんでいただきたい

最近お世話になっている某氏に教えていただいたツアー会社利用でヴィザランは無事終了 …