P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

ロマンティックをお金で買えるのならば

      2015/05/30

大晦日の夕方、駐在員の知人(現地法人社長)から連絡があって「海沿いの雰囲気の良いオススメのレストランはどこか?」と聞かれた。
工場と家はラヨーン、週末のみバンコクで家族と共に暮らすO氏が年末年始をパタヤで過ごすとのこと。タイ在住歴は私よりも長いがパタヤについてはさほど詳しくないらしい。

確か息子さんが二人居て上の子は高校生だったはず。賑やかで「目に毒」な「WS」よりは静かなナクルア地域の方がいいだろう、と思い付いたのは三軒。但しそのうち二軒は場所のみを知っていて実際に利用したことはなかった。で、ロケーションが最も良いという理由でオススメしたのが「リムタレー」だった。

ナクルアビーチ沿いにあるそのレストランの前を何度も通りかかってはいたけれど、「おひとり様」で入るような店ではなくしかも入り口に置いてあるメニュウの値段を見たらかなり高かった記憶がある。ただ、ビーチにも直接テーブルが置かれており、夕暮れ時は特に雰囲気が良い件だけは知っていた。

紹介した手前もあるし一度くらいは行ってみよう、というワケで今回取材して来たのである。

場所はナクルア通りsoi18を入って海に向かいひたすらまっすぐ進めばやがてビーチに辿り着くのですぐ分かる。下り坂だけど歩くと十分近く掛かるかも。
さらに下る

Rim Talay

かなり広い店で、魚の生け簀だけでなく「エビ釣り」の釣り堀(?)まである。
エビ釣り

海側から見た建物の外観はこんな感じ。
建物外観

テラスのソファー席も良いが、テーブルが低くて若干料理を食べにくいかも。
テラスのソファー席

パタヤに海沿いの店はよくある中、砂浜に直接テーブルが置いてあるところは案外少ないのかもしれない。ビーチは静かだし、波音を聴きながらの食事はさぞロマンティックなひと時に違いない。
砂浜テーブル

そう。ひょっとしてもうお気付きかもしれないが、結果的に席に座ることはなかった。
時間が早いせいかまだ客が誰も居なかったし、夕陽も沈んでかなりいい雰囲気。そんな状況で独り食事をするのがどーにもいたたまれなくて、「取材だから」と写真のみ「バシバシ」撮って速攻で帰って来てしまったのだった。

なんともお恥ずかしい限りである。

ただ、正直この手の店の料理の味はどこも大差ないし、要は「雰囲気」にお金を払えるかどーかというところに尽きるので、何卒ご勘弁いただきたい。

「トムヤムクン(221132)」の小が249THBはまだ良いとして、「パッブンファイデーン(223222222、空心菜炒め)」が179THBはいかにも高いけれど、そんなことを言っているよーではロマンティックなど到底

買えはしないのだ。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 - グルメ, ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

新規オープンの事実を知ってしまった以上は

紹介するのがすっかり遅くなってしまったが、二週間程前新しくオープンしたのには気付 …

お詫び

パタヤの情報をお届けする、という本来の主旨からはほど遠い内容の投稿が続いており、 …

大都会バンコクにて夢見心地のまま現実を知る

「う〜ん。やっぱり大都会はスゴいなあ〜」 そんな当たり前のことを、バンコクを訪れ …

ヴェトナムの食生活は本当にニッポン人の口に合うのか

タイ王国に何かがあった時のことを考えて、近隣諸国を訪れる場合基本的にはその地に住 …

「プランB」に続く「ウルトラC」とは

「えー八時ぃ〜?それはないわ〜。勘弁してよもぉー」 泣き言を言っても始まらないの …

まるでシュールストレミングのような過去の日記

夢が現実世界の何かを暗示することがひょっとするとあるかもしれない、というのが主な …

「Wongamat」エリアのコンドーについてのリポート

パタヤビーチの北側に位置するナクルアビーチ。 規模は小さいが静かでいい感じであり …

zirapar

「ヂラパー」☆☆☆ たまにはタイ料理の店を紹介せねば。恥ずかしながらタイ文字は未 …

(正真正銘!)パタヤで起こったいくつかの出来事

「<パタヤ総研>とは名ばかりで最近はちっともパタヤの情報がないではないか!?どな …

ヴェトナム人の意味不明な主張にキレる

そろそろ限界かな。 元々気が短い方であり、確かに経年と共に小さなことではあまりイ …