P.R.Iパタヤ総合研究所

タイのリゾートパタヤの総合情報サイト。ブログ記事がメインです。

*

いやいやまだ全てが枯れたワケではないぞ!と信じるしかない

   

「お宅ブログやってるでしょ」。

その語尾は上がることなくフラット、もしくは下がっていた。つまり「?」ではなく「。」に聞こえたからもう特定されているのだろう。おそらくは。だから平静を装い「はい」。と答えながらも、実はかなり動揺していた。

ある昼下がり、某所でのこと。相手はパタヤの先輩で、面識もあったから別に怖さはなかったけれど、(一体どーして分かったのだろう)と、頭の中は「???」状態だった。何故ならば過去そんな話題には全く触れなかったし、会うのは唯一その場所だけだから。確かに私はその店をブログで紹介していたが、顔出しも身体的特徴の記載もないのにどーして……。

まあ良い。この完全に名前負けしている毒にも薬にもならない個人的自虐ブログがバレたからといって、何ということはなかろう。それがもし自慢的内容であったりタイガールとの馴れ初めであれば恨みをかったりするケースもあるかもだが、私に限ってそれはない。多分。きっと。え?ないよね??うそうそ。マヂで?いやいやいや。過去を遡ってみたけど大丈夫大丈夫(と、自分に言い聞かせる)。

さて、あっという間に時は経つからいい加減このダラダラとした生活にキリを付けなければ!と思い立ち、タンスの奥にしまってあった某ONITSUKA TIGERのメッセンジャーバッグを引っ張り出し、パソコンを背負って近所のカフェに来てみた。某「Cafe Amazon」の新店である。

現実問題こぢんまりした我がコンドーの部屋もわりと快適で、ともすれば外出せずにずーっとパソコンとにらめっこという日本に居るのとあまり代わり映えしない生活になる。苦労して大枚叩いてせっかくパタヤに戻って来たのにコレではアカン。アカンぞ!、と気づいたのが今朝になってようやくだった。WIFIエアコントイレ等、幸いアマゾンの居心地はGOOD。よし。これからは毎日ここで外を眺めつつブログ記事アップ、いや、NETFLIX三昧だ(何故かタイでも観られる)!

ところで、若い頃と違いもうすっかりモジョのなくなってしまった私はバービアにお気に入りの子が既に二人も見つかったのに未だ持って帰らず。同じ店だからという鬱陶しさもあるけれど実際「ヤりたい」という気持ちがまったく起こらず、(まあいつでもできるから……)となってしまう。二年ぶりのパタヤにも関わらず。

実は、濃厚接触ゼロではない。知人アテンドの二日目の夜クラブ某「insomnia」にて、仲間に置いてきぼりを喰らって寂しそうにしていた32才美容師とうっかり目が合ってしまい、その瞬間から十数分後には彼女がバイクの後ろに乗っていた。可愛いかどうかは微妙でまあいけなくもないタイプだったが、どちらかと言えば持って帰られた感(ボランティア的要素)が強い。エッチの内容も私の方が頑張った(つもり。*個人の感想です)。料金は1500THB。最初「1600THB」と言われたが、二千渡したらお釣りに500THB札が帰って来て「残りは今度でいいよ」と。次回がある自信がどこから来るのか分からぬが、100THB欲しさに「7-11」に連れて行かない彼女の気概を買って一応LINE交換はしてある。翌朝早く眠そうな彼女を叩き起こしセントラルパタヤのアパートに無事送り届けた。

その後すでに二週間が経つ。にも関わらず面倒で結局タイガールとの濃厚接触一切なし(*一人エッチ一回)。私の性欲は一体どこへ?(パタヤに行ったらあんなことやこんなことも)と妄想しまくっていたのにまったく困ったものだ。

但し、女子に対しての興味がゼロというワケではない。

実際、先日コンビニ某「7-11」でどう見ても十代のタイガールからお会計時に「ガパオナーラック(212323お財布可愛いね)」と言われ、(可愛いから買ったんや。当たり前やんけ!)と思いつつ内心ではちょっと嬉しかったりもするしそーいった感情がまだ少しでもある以上は完全に枯れてはいないのだ!で、早速出会い系アプリ某「Tinder」で29才M嬢と接触。子供〇〇才(相手は日本人)で昼間の仕事をしていて車も所有の彼女とパタヤ内某所で本日初デート(*探さないで下さい)。

どちらかと言えば性の対象ではなく友達が欲しい。残り滞在日数40日余りの私とどこまで仲良くなってくれるかは謎だが、おそらく子供には会わされるだろう。できればセックスなしがベターだが、果たしてどこまで耐えられるか(彼女の方が)。

では、今から某NETFLIXで「テラスハウス」(ハワイヴァージョン)を観賞して、男女の駆け引きの妙(タイガールに通用するかどうかは別として)を思い出しつつ今夜のデートに備えようと思う。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

*どこかの雑貨店で購入したがまぐちの小銭入れは確か200THBだった。

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

もう電話になんて出ない!なんて……

それは一本の電話から始まった。 現在無職で友達のいない私はケータイに電話が掛かっ …

「ない物ねだり」だと分かってはいるのだけれど

「なんかドキドキしないなあ」 某「Hollywood」の前で彼女を待ちながら思う …

食べ物がウマい、くらいしか思い付かないポジティヴ要因

寒い寒い寒い寒い寒い。 ケータイで気温をチェックすると15℃とかだし下がっても1 …

いろいろあった一週間を振り返ってみる(後編)

「顔認識能力」、つまり人の顔を記憶して判断する力はまあ比較的高い方だと自分では思 …

ヴェトナムの食生活は本当にニッポン人の口に合うのか

タイ王国に何かがあった時のことを考えて、近隣諸国を訪れる場合基本的にはその地に住 …

後回しにすることしないこと

面倒臭がりだなあ、と、自分でもつくづく思う。 普段これだけやることがないにも関わ …

某家電ショップにて起きた出来事をきっかけに

体重計を買いに行った。 以前から使っていたモノは液晶部分が故障して見えなくなって …

歯科助手の強引な手の動きに萌える

奥歯に被せてある金属が取れた。 「コレはマズい」と思ったが、冷たい水を飲んでも沁 …

お金がなくなったなら日本に帰ろう

ココはひとつ空港で一夜を明かしてみようかな、と思うのである。 今回日本に帰るのは …

パタヤに住んでからメッキリ低くなった「ストレス耐性」

「参ったなあ」 一頃は虚勢を張って生きていたものの、元々「蚤の心臓」なのである。 …