P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

いやいやまだ全てが枯れたワケではないぞ!と信じるしかない

   

「お宅ブログやってるでしょ」。

その語尾は上がることなくフラット、もしくは下がっていた。つまり「?」ではなく「。」に聞こえたからもう特定されているのだろう。おそらくは。だから平静を装い「はい」。と答えながらも、実はかなり動揺していた。

ある昼下がり、某所でのこと。相手はパタヤの先輩で、面識もあったから別に怖さはなかったけれど、(一体どーして分かったのだろう)と、頭の中は「???」状態だった。何故ならば過去そんな話題には全く触れなかったし、会うのは唯一その場所だけだから。確かに私はその店をブログで紹介していたが、顔出しも身体的特徴の記載もないのにどーして……。

まあ良い。この完全に名前負けしている毒にも薬にもならない個人的自虐ブログがバレたからといって、何ということはなかろう。それがもし自慢的内容であったりタイガールとの馴れ初めであれば恨みをかったりするケースもあるかもだが、私に限ってそれはない。多分。きっと。え?ないよね??うそうそ。マヂで?いやいやいや。過去を遡ってみたけど大丈夫大丈夫(と、自分に言い聞かせる)。

さて、あっという間に時は経つからいい加減このダラダラとした生活にキリを付けなければ!と思い立ち、タンスの奥にしまってあった某ONITSUKA TIGERのメッセンジャーバッグを引っ張り出し、パソコンを背負って近所のカフェに来てみた。某「Cafe Amazon」の新店である。

現実問題こぢんまりした我がコンドーの部屋もわりと快適で、ともすれば外出せずにずーっとパソコンとにらめっこという日本に居るのとあまり代わり映えしない生活になる。苦労して大枚叩いてせっかくパタヤに戻って来たのにコレではアカン。アカンぞ!、と気づいたのが今朝になってようやくだった。WIFIエアコントイレ等、幸いアマゾンの居心地はGOOD。よし。これからは毎日ここで外を眺めつつブログ記事アップ、いや、NETFLIX三昧だ(何故かタイでも観られる)!

ところで、若い頃と違いもうすっかりモジョのなくなってしまった私はバービアにお気に入りの子が既に二人も見つかったのに未だ持って帰らず。同じ店だからという鬱陶しさもあるけれど実際「ヤりたい」という気持ちがまったく起こらず、(まあいつでもできるから……)となってしまう。二年ぶりのパタヤにも関わらず。

実は、濃厚接触ゼロではない。知人アテンドの二日目の夜クラブ某「insomnia」にて、仲間に置いてきぼりを喰らって寂しそうにしていた32才美容師とうっかり目が合ってしまい、その瞬間から十数分後には彼女がバイクの後ろに乗っていた。可愛いかどうかは微妙でまあいけなくもないタイプだったが、どちらかと言えば持って帰られた感(ボランティア的要素)が強い。エッチの内容も私の方が頑張った(つもり。*個人の感想です)。料金は1500THB。最初「1600THB」と言われたが、二千渡したらお釣りに500THB札が帰って来て「残りは今度でいいよ」と。次回がある自信がどこから来るのか分からぬが、100THB欲しさに「7-11」に連れて行かない彼女の気概を買って一応LINE交換はしてある。翌朝早く眠そうな彼女を叩き起こしセントラルパタヤのアパートに無事送り届けた。

その後すでに二週間が経つ。にも関わらず面倒で結局タイガールとの濃厚接触一切なし(*一人エッチ一回)。私の性欲は一体どこへ?(パタヤに行ったらあんなことやこんなことも)と妄想しまくっていたのにまったく困ったものだ。

但し、女子に対しての興味がゼロというワケではない。

実際、先日コンビニ某「7-11」でどう見ても十代のタイガールからお会計時に「ガパオナーラック(212323お財布可愛いね)」と言われ、(可愛いから買ったんや。当たり前やんけ!)と思いつつ内心ではちょっと嬉しかったりもするしそーいった感情がまだ少しでもある以上は完全に枯れてはいないのだ!で、早速出会い系アプリ某「Tinder」で29才M嬢と接触。子供〇〇才(相手は日本人)で昼間の仕事をしていて車も所有の彼女とパタヤ内某所で本日初デート(*探さないで下さい)。

どちらかと言えば性の対象ではなく友達が欲しい。残り滞在日数40日余りの私とどこまで仲良くなってくれるかは謎だが、おそらく子供には会わされるだろう。できればセックスなしがベターだが、果たしてどこまで耐えられるか(彼女の方が)。

では、今から某NETFLIXで「テラスハウス」(ハワイヴァージョン)を観賞して、男女の駆け引きの妙(タイガールに通用するかどうかは別として)を思い出しつつ今夜のデートに備えようと思う。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

*どこかの雑貨店で購入したがまぐちの小銭入れは確か200THBだった。

 - ブログ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

「タイポップベストヒット30/2015」を聴いてみて

さて、文句や悪口ばかり言っていても仕方がないので話題を変えよう。 連投である。 …

さて、これからどうしようか。という話

何から伝えればいいのか 分からないまま時は流れて 浮かんでは消えて行く ありふれ …

ユルい国からユルくない国へ

う〜む。ユルくないわ〜ハノイ。 タイで長い間暮らして来たが、南国独特のユルさが気 …

海から海へ

「ピーマイパイナイ(22112212)?」 年末になると皆そんな挨拶を交わす。 …

そもそも高級リゾートに相応しい人間かどうかが問題なのだ

バンコクに四年程住んで移転を考えた時、いくつかの都市が候補に挙がった。とにかくタ …

日本とタイの二重生活は可能か?を再々再々検討

「は?パタヤビーチ??」 最近話題の「少年サッカーチーム洞窟遭難事件」が日本のニ …

「アンチエイジング」について真剣に力説するの巻

いろいろ考えた結果、やはりどーしても現在持っている「EDヴィザ」を失うワケにはい …

より一層シンプルな生活を目指す

今度引っ越す部屋は狭いので、最近はなるべく不要なモノを処分する態勢に入っている。 …

新規オープンの事実を知ってしまった以上は

紹介するのがすっかり遅くなってしまったが、二週間程前新しくオープンしたのには気付 …

ビジネスヴィザという夢の様なお札を得られるまでには

「ケーサツ呼びますよ」 いやいや別に大声出してないし差別的な言葉も使ってないんだ …