P.R.Iパタヤ総合研究所

タイ王国チョンブリ県パタヤ市及びその周辺においてのあくまでも個人的見解による研究、検証を元にした総合情報サイト。

*

「123方式」がもし本当に画期的ならばいつかきっと普及するに違いない

      2015/05/30

辞書

「タイ語をカタカナで記述する場合、アクセント(声調)をどーすれば良いか?」。

何年も前に突き当たった「テーマ」であるが、これについては素晴らしいアイディアを思い付き、勝手に実践していた。その名も「123方式」。完全なオリジナルだ。しかし、特許は取得していないしそのつもりもない。普及することを願うので誰でも好きなように使ってくれればよろしい。

では説明しよう。

音楽の「五線譜」を思い浮かべてもらいたい。それを簡略化し、三つの線を引く。仮に音を低い方から「ド」「ミ」「ソ」とするが、言葉を発する場合出しやすい音の高さは人それぞれなのでそこは重要ではない。大事なのは「三つに分ける」という概念だ。

低い方から順に「1」「2」「3」とする。そして一文字につき数字を一つづつ割り当てる。ただこれだけの話である。

例えば「マー」。伸ばす場合は「マ」と「ア」の二文字に分ける。

「平板」の「マー」は「22」。意味は「来る」。「ハイトーン」の「マー」は「23」。意味は「馬」。「ライジングトーン」(下から上がる)の「マー」は「12」。意味は「犬」。お分かりだろうか。

記述する場合はこの数字を後ろに括弧書きで付け加える。

「マイ(32)」≒「〜ではない(否定の意)」、「マイ(23)」≒「語尾に付く疑問詞」、「マイ(12)」≒「絹(シルク)」。

三文字だとどうか。

「マーイ(223)」≒「木、樹」、「マーイ(112)」≒「意図する」。

「カーオ(332)」≒「ゴハン」、「カーオ(112)」≒「白い」。「キレイ」は「スワイ(112)」であって「スワイ(322)」ではない。

「オッカムランガーイ」は(222222222エクササイズ)となる(*「ッ」も一文字)。

少しでも音楽に携わった人なら割と簡単にご理解いただけると思うが如何かな。

「ルール」を一つだけ付け加える。「発音しない<語尾の音>は括弧内に入れて一文字に数えない」(*「トゥ」「(ン)グ」等)というもので、例えば「ピセー(トゥ322特別)」「サタン(グ222お金)」など。

ちょっと難しいのは「ハイトーン」の場合実際には二文字でもいきなり高音、つまり「3」になり「ロートーン」だといきなり「1」となるケース。分かり易いところでは男子が語尾に付ける丁寧語は正式には「クラップ(2333)」だが、実際は「カッ(プ33)」と聞こえるしこれで問題ない。あとは「キッ(トゥ33考える)」とか「ピッ(トゥ11間違う、閉める)」とか。

では例題を。

Q:「サワディーカップ。サバーイディーマイカップ(こんにちは。お元気ですか)?」

A:「サワディーカッ(プ222233)。サバーイディーマイカッ(プ2222222233)?」(*「マイ」は本来「23」だが、後ろに「カップ」が付くことによって「22」に聞こえる。こーいうのはどっちでも良い)

Q:「ムアクーンニー、ディチャンタットゥボムレーオ。テー、フェーンヤングマイルールアング(私ゆうべ髪を切ったのにカレはまだ気付いてくれない)」

A:「ムアクーンニー(3222223ゆうべ)、ディチャン(223私)タッ(トゥ11切る)ポム(12)レーオ(223)。テー(11でも)、フェーン(222恋人)ヤン(グ22まだ)マイルー(3223知らない)ルアン(グ322事柄、話)」

どう?画期的でしょ??

細かいことはまあ良いのだ。とにかく、このサイトでタイ語を文章に書く時には今後このように記述させてもらうのでヨロシク。

ちなみに、この「123方式」つまり「ヌン(グ11)ソーン(グ112)サーム(112)方式」を通っていたタイ語学校でセンセーに提案したものの一蹴されたことは、
敢えてナイショにしておこう。


タイ(海外生活・情報) ブログランキン

 - ブログ, 特集

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

単調な生活を影で支えるのはトンデモナイ話

単調な日々が続く。 ただ、これには理由があって、現在のいわゆる「ハイ・シーズン」 …

待つのがそれほどイヤだという件に今更気付く

「瞬間湯沸かし器」(知り合いに何人かいる)という程ではないけれどまあ気が短い方で …

イタリアの電化製品が全て火を噴くとは限らないにせよ

「マイチャンペンカー(32222232、必要ないです)」 いやいやいやいや。それ …

クマの縫いぐるみに涙腺を刺激させられて思うこと

タイで暮らすメリットは数えきれない程たくさんあるが、例えば今日なんかは特に痛切に …

世界では日々いろんなことが起こっているけれど

クリ〇〇ス頃から、パタヤのビーチロードには延々と屋台が建ち並びお祭り状態となる。 …

ニッポンとの「二重生活」は果たして本当に不可能なのだろうか(其の参)

それにしても、いったいどーして今頃になってニッポンへの郷愁が募ってきたのだろうか …

爆発なんてよくあることだとしても

「しまったな」 「エラワン爆破事件」は朝刊の紙面で知った。 遠く離れたニッポンで …

大都市ハノイにおけるヴェトナムガールのレヴェルの高さはポジティヴ要因となり得るか

霧雨の季節がやって来た。 湿度は高く洗濯物が乾かない。道路のフチには水溜りができ …

どんな質問にもキッチリとお答えしようではないか

「ヂンロ〜(2212、マヂで〜)?」 「アメリカから来た」と胸を張って答える男子 …

さよならハノイ〜失うべくして失ったモノ達〜

というワケで結局パタヤに戻って来た。 まだ完全に雨季が明けきっていないようで毎日 …